fc2ブログ
≪ 2024 02                                                2024 04 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -
 燻製の記事一覧 

 チャチャッと “ 燻製づくり ” 

今日は朝から雨。

積もった雪の上に雨は…道路がツルツルで超危険!?

何とか買い物に行かずに済む方法はないものか…と、しばし考えた。

        ☆      ☆      ☆

アジの開き

ちょっと燻した色が強くなってしまったけれど、“アジの干物の燻製”。

すぐに食べるには香りが強いので、風乾中。
   
               ♪      ♪     ♪

燻製005

フタが出来るフライパンで作ります。
(油煙で汚れるのを防ぐためアルミホイルで覆っています。)

今日は『リンゴのチップ』と『ザラメ』を使いました。


準備008

強火にして、煙が出始めたら中火にして“アジの干物”を乗せます。


準備011

フタをして、5分から7分くらい放置。(火加減はそのまま)

              ♪      ♪     ♪

鮭とホタテ燻製

アジの他に“塩鮭”と“ベビーホタテ”もスモーク。

オリーブオイルを一振り。

燻製サラダ

スモークした鮭(自家製)が塩辛かったので、タマネギのスライスと大根の千切りに混ぜ、
マヨネーズと酢を加えてサラダ風にしてみました。

荒びきコショウを振って青ネギを散らして…どちらかというと『酒の肴』だね(^^;)。

         ☆      ☆      ☆

思い立ってから完成まで20分もかからなかった。

スモークチップ等を常備してあったこともありますが、やってみると結構簡単です。

燻製のレシピには「ソミュール液」とか素材の乾燥とかあって面倒なように思うけど、
『ちょっと香り付け』と思うとチャチャと作れます。

追記:アジは北海道では釣れない(たぶん)ので、市販品を使いました。




ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

 “ 工場萌え ” と “ 燻製萌え ” 

水曜日のUHBの夕方のニュースで、室蘭のナイトクルージングや夜景が紹介されました。

タイトルは“工場萌え”。

モニターのツアーには10倍を超える応募があったとか、ボルタ君の“製作体験”、
カレーラーメンや黒ソイ料理、室蘭焼き鳥などの“食”との連携も考えられている
ようでますます魅力アップですね。

工場萌え

夜景を撮るには技術的に未熟ながら…とりあえずチャレンジあるのみとパチリ。

三脚がなかったのでフェンスに乗っけて「春日和」と“工場萌え”を撮影。

船長が忍者のように写ってしまったのはご愛敬。

           ♪       ♪       ♪

燻製準備

連休中の天候が危うい感じだったので、久々に燻製を作ってみようと札幌から
下準備をした食材を持参。


燻製下処理

先週釣ったサバで“塩サバ”を作ったのですが、若干塩辛い仕上がりに。
原因は、少し水分を抜こうと扇風機に半日当てたため。

塩抜きを兼ねてタマネギとセロリ、白ワインに漬け込んでみました。

“イワシの目刺し”は数週間前から冷蔵庫で乾燥させておいたもの。
そのまま焼いて食べても美味しいのですが、燻製にするとまた「別の世界」に。


さかなくんせい

魚の燻製のできあがり。

イマイチ見ための華やかさに欠けるものの、そこは燻製ですから。

あとはサッと焼いて食べるだけ、サバの燻製はスライスしたタマネギとマリネ
にしても美味しいです。


肉の燻製

今回は、肉類を燻製にするという分野にも進出。
時計回りに、“鶏の砂肝”・“鶏モモ肉”・“豚の肩ロース”。

砂肝と鶏モモ肉は室蘭で調達したもの。
下準備する時間がなかったのでニンニクと塩・胡椒をもみ込んだだけ。

豚の肩ロースは数日前から仕込んでおいた“塩豚”。

これは肉に重量の10パーセント程度をまぶして、ラップにきっちりつつんで
数日間かけて熟成させるというもの。(詳細はネットで検索を)

豚バラ肉を使うとベーコンのようになるらしいのですが、熟成…腐敗の少し前?
脂身が多いものを使うのに抵抗があったので今回は肩ロースで試作。

今回は『温燻』という手法での燻製でしたので、肉類は一度「蒸し器」で加熱。
豚肉はチャーシューづくりの要領で凧糸を巻いて成形。

初めて作ったにしては、かなり上出来。
特に“塩豚”は群を抜いていました。かなりベーコンに近い味わいです。

これなら、豚バラ肉の塩豚を熟成させて作ってみようかな。

         ♪     ♪     ♪

天気予報を見ると、船を出すにはかなり悲観的な状況。

諸先輩のブログなどを拝見すると「入れ食い」「針数に全部」の情報が多数。
どうして週末になると、天気が荒れるんだろう。

「行ってみなくちゃ判らない、出られるかもしれないよ。」と言う船長に騙されて
今週末も“室蘭の岸壁”にたたずむ…はるさん…でしょう。




ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

 おうちで“スモーク” 

スモーク1

おうちで簡単スモーク。
冷凍庫に入ってたホタテ、牡蛎、ムール貝で試作。
軽く、塩・こしょうをしておきました。
   「
   
専門の本を読むと、燻製を作る場合、
ソミュール液(食塩、香辛料、ワイン・ブランディなどで調整した液)に
一晩漬け込んで、その後半日かけて塩抜きをして、さらに乾燥。

そんなの面倒、素材の旨さを生かして塩コショウだけにしてみたの。




スモーク01
   
下準備。
小さなものは串に刺すと取り出しやすいの。


 
 
スモーク04 
 
フライパンをキッチンホイルでくるみ、汚れ防止。
古い中華鍋ならそのままでも。
ホイルの上に、燻煙材(今回はリンゴのチップ)と、
色づけのためのザラメ。
燻煙用のチップがない時は、紅茶や緑茶でも代用できるようです。




スモーク06

材料を金網にのせた鍋を中火にかけ、うっすら煙が出てくるのを確認。
ここで、換気扇を最強に!(他の家が窓を開けていない冬が最適?)
そのままの火加減で、ふた(これもホイルをまいておきます。)をしてそのまま加熱。
素材の大きさにより7分~10分加熱。
あらかじめボイルしてある物や、チーズなどは7分くらいで十分香りがつきます。



=うまうまポイント=
・軽くボイルしてからの方が、色づきもよく扱いが楽なようです。
・ひとつかみのチップの燻煙時間の目安は10分程度です。
 肉や魚に十分火が通らないこともあるので  
チーズやかまぼこなどから始めてはいかがでしょう。

   
   

ホタテ燻油漬け

オリーブオイルにつけ込むとさらにおいしさがアップします!


  
   ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!

   

   にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


    


はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード