FC2ブログ
≪ 2010 01                                                2010 03 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - -

 巻いて、巻いて!? “ マスの寿司 ” 

  1. 完成マス寿司
    巻いて、巻いて マスの寿司

  2. マスの寿司といえば、物産展で大人気の、丸~い容器に入った、押し寿司ですよね。
    おいしいけど、結構高いし、なかなか買う機会もないし。

    そこで、何とか自分で作れないかと、試行錯誤。

    丸形のタッパにラップを敷いて、薄切りの酢じめのサクラマスを並べ酢飯をおき、重し…なかなか容器に
    合う形状の物がみつからず、あと一歩までのところで挫折

    サクラマスにご飯を載せて、堅くなるように押すには…

    そうだ、巻きすでギュウッと押せば、それらしくなるかも!? と閃いたのがこの“巻いて作るマスの寿司”
  3.  
  4.     マス寿司材料.480jpg

        = 準備した物ー巻きす2本分=

         酢で締めたサクラマス半身(500~600グラム程度)・すし飯:1合・巻きす2本・ラップ・輪ゴム
         特別ゲスト:太巻き用昆布(たまたま見つけて買っておいた物) 


  1. *今回は、皮付きのまま酢で締めたサクラマスで作りましたが、両面を酢で締めた物で作るともう少しピンク色に                 なります。
    *皮を手で引いたため、内側の白い薄皮が残ってしまい、きれいな仕上がりにならず反省。
      
    マス寿司マス並べ マス寿司ご飯乗せ
    今回は、太巻き用昆布を使った物とノーマルな物の2本作りました。
    巻きすの上にラップを敷いて、一つはラップの上に酢じめのサクラマスを並べ、もう一つはラップの上に
    太巻き用昆布を敷いてから酢じめのサクラマスを並べます。

    並べたマスの上に、おにぎりを作る要領で丸くまとめた酢飯を置いていきます。
    少しずつ、横に押しながら均等な厚さで伸ばしていきます。
  2.  
  3. マス寿司昆布+ご飯 マスの寿司巻き始め

    巻きすの手前を、上の方に持ち上げながら、中心に向かって押します。
  4. 次に、奥側の巻きすを持ち上げ、同様に、中心に向かって押していきます。
     
    この時、酢飯の分量によっては、ラップを巻き込んでしまうことがあるので、押した後、一度、巻きすを開いて              ラップが巻き込まれていないか確認してください。 
     
    マスの寿司巻きす  ラップまきのマス寿司  
                                                               
    巻きすを両方から少しずつ押しながら、写真のようにくるりと巻いて、輪ゴムで2カ所巻いて、留めます。
    半日ほど、涼しい所に置き、酢飯を落ち着かせ、味をなじませます。
    ラップをまいたまま、切り分けると、形が崩れないようです。
     
    =うまうまポイント=
    ・輪ゴムを使ったことが、重しの変わりですが、より、堅く押したい時は、輪ゴムの中に、割り箸を差し込むと                    よいようです。
    ・笹の葉に、酢飯、酢じめのマスの切り身をのせて包み、重しをかけると“笹寿司”ができるのではないかと思います。
     
     
     




ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード