≪ 2010 07                                                2010 09 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 カタクチイワシで “ オイルサーディン ” 

秋空

8月25日、スカーッと晴れた札幌。

雲が高くてすっかり秋の気配。

天気予報では 『 曇り時々雨 』 だったのではなかったかしら?

今週末は久々に室蘭に出かけます。

高速を 『 登別 』 で降り、アヨロ海岸へ “ 鮭釣り ” の様子を見に行くことに。

お昼とあって、鮭が釣れている様子は見られませんでしたが、多くの釣り人が
竿を出していました。

          ♪       ♪       ♪     

夕方に船を降ろして、明日の “ ヒラメ釣り ” のエサとなる “ イワシ ” を釣りに港内へ。

十分な数を釣り上げ、日没までまだ間があったので港口で一流しすることに。

夕陽

ひたすら竿先とにらめっこするも、全くアタリ無し。

シルエットの船はこのあと、食べ頃サイズのヒラメを上げていました。


サーディン完成品
オイルサーディン

まだピチピチしているうちにクーラーに放り込んでおいた “ カタクチイワシ ” を使って
オイルサーディンを作りました。


サーディン1

10パーセント弱の塩水に、頭、内臓、シッポを取ったイワシを香草と共に漬け込みます。

室蘭の家には、香草などは置いていないので、そこら辺にあったタマネギ、パセリで代用。

生臭みが気になるときは、セロリの葉を細かく切ったり、軸をすり下ろして入れるとかなり
軽減されるようです。

自宅で作るときは、粒黒胡椒、花山椒の実、唐辛子、日本酒 ( ホントは白ワインだろうな )、
などなど入れて、それらしく香り付けします。

香草入りの塩水につける時間は、すぐに食べきるなら1時間、少し保たせたいときは1時間半
から2時間くらいです。


サーディン仕込み

漬け汁を切って、こんな感じにイワシを並べ、オリーブオイルとサラダ油を1:1で混ぜ、
イワシが隠れるくらいまで注ぎます。

重い感じが好きな方は、オリーブオイルのみで仕上げると良いようです。


サーディン仕込み3

始めは中火で、沸々とアワが出始めたら、極弱火にして1時間ほど煮ていきます。

途中食べてみて、骨が気になるようなら、もう少し加熱します。

ポイントは火加減。トロトロと極弱火で加熱すること。

高温だと、焦げたり、硬くなったりして、しっとりとした仕上がりになりません。


カナッペ2
カナッペ

ちょっとおしゃれにカナッペにしてみました。

ほどよい塩味で、魚釣りのあとのビールには最適です!

☆ 『 釣り人+厨房男子 』 の皆様へ ☆

オイルサーディンづくりは、意外と簡単です。釣りたてのイワシなら香草はなくても
胡椒くらいで大丈夫。

漬けて置いたり、煮込んだりする時間はかかりますが、釣ってきた大量の魚を処理して
いるあいだにできあがります。

ボーズの時は…竿とリールの手入れを頑張っている間にできあがり、ということで。

          ♪       ♪       ♪

ソイ

今週の釣果は、イワシが大勢と、この “ ソ イ” のみ。

そういえば、久々の “ ソ イ ”君の登場です。

お刺身は歯ごたえがあって、味も抜群ですが、さばくときに、背びれや腹びれ、エラのアタリ
など刺さるとかなり痛いのがツライ!?

邪道ながら、キッチンバサミで全てのヒレを落として(まるで別の魚…)、料理に取りか
かったのでした。

          …………     …………    …………

今回はあまり釣果には恵まれませんでしたが、暑い日には海上で波に揺られているだけでも
気持ちが良かった。

船長が地球岬で、『 鮭のライズを見た! 』 と興奮気味。

暑い暑いと言っていても、秋はやっぱり近づいて来ているみたいです。

    


ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
スポンサーサイト


はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード