FC2ブログ
≪ 2010 11                                                2011 01 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 鮭を丸ごと食べちゃお!? “新巻鮭”(自己流) 

今週も天候が芳しくないようなので自宅でウロウロ。

金曜は白鳥大橋で風速23メートルを越える西風が吹いていたとか、先日あまりの強風に
驚いたのが17.7メートルだったので…もう、想像を超えてますねぇ。

西風の強風は怖いです、きっと怒り狂ったような波が大暴れしているんだろうな。

       ☆       ☆       ☆

今年も自己流ですが “ 新巻鮭 ” を作りました。

手間と時間は若干かかりますが、それに見合う美味しさが生まれます。

切り身に塩をしただけとはかなり違う旨味があるんですよね。

早速できあがった塩鮭を使って “ 塩鮭とワサビの炊きこみご飯 ” を作ってみました。


鮭とワサビの炊き込みご飯

先日テレビを見ていたときに偶然目にしたレシピです。

たしか、残りがちなチューブ入りのワサビを使い切るレシピ…?

鮭の生臭みは全くなくワサビの香りがほんのりとして、美味しくできました。


鮭とワサビの炊き込みご飯準備

ちゃんと見ていなかったので調味料の加減はあいまいなのですが、ポイントは米1合に
ワサビを大さじ1杯入れること、わたしは、白ダシを小さじ半分、日本酒小さじ1を入れ
ました。(昆布はなんとなく)

塩分は使う塩鮭の塩辛さによるので加減してください。

塩鮭は一度軽くボイルして、ウロコと生臭みを取ります。

炊飯前にワサビはよく混ぜておきます。

仕上げに青物(今回はほうれん草のボイル)を混ぜると彩りがきれいです。

        ☆       ☆       ☆

自己流 「 新巻鮭 」 はこんなふうに作りました。

新巻鮭2

まず、鮭に塩をすり込む作業から始めます。

尾から頭の方向に何度も何度もウロコとウロコの間にすり込みます。

薄い腹の方は少なめに、背の方は多めにすり込みます。

この写真は仕上げの時のもの、だいぶ水分が抜けています。


新巻鮭1

クーラーボックスに新聞(朝刊ぶんくらい)を敷き、保冷剤を入れて保存。

水分がたくさん出るので朝と夕に新聞を交換し、様子を見ながら塩が足りなければ再度
尾から頭にすり込みます。

4日目くらいから水分が出なくなるので、あとは朝夕に保冷剤を交換する作業を1週間
から10日間繰り返します。

全体の塩の量は、鮭の重量の10パーセントくらい、それを始めは7パーセント、次は
2パーセント、最後は様子見の1パーセントという感じで使いました。


鮭姿

お歳暮用のパンフレットをまねて記念撮影。

皮が固くてなかなか思うように切れなかったのがちょっと残念です。


鮭切り身

身は熟成されてきれいな赤色になりました。

水分が抜けたせいでしょうか、切り身に光沢があります。

           ☆       ☆       ☆

まったく自己流にもほどがある…かな?

ただ熟成期間が全くわからず、今回は10日目で不安に駆られ切り分け保存することに
しました。

塩分もいささか不安。今回の炊き込みご飯は1合の米に対しこの2切れで十分な塩味
でした。

アラの部分は “ 三平汁 ” にしようと思っていますが、この分だと身の塩分だけで十分
行けそうです。(三平汁とは塩鮭のアラを昆布だし、じゃがいも、大根、ニンジンなどと汁に
したもの)

    

ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード