FC2ブログ
≪ 2010 11                                                2011 01 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 珍魚? 奇魚? “ 八角(はっかく) ” 登場! 

顔アップ

“八角”という名前の魚です。卵が入っていたのでお嬢さんです。

なんだか、恐ろしげな顔の魚でしょ?
ちょっと見、ワニに見えなくもないし。

“トクビレ”というのが正式な名前のようですが,
もっと詳しく解説すると…
『顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カジカ亜目テングトクビレ科サブロウ属』
…(なんのこっちゃ)。


後姿

バックから撮るとこんな感じ。

ウロコが変化した体表は硬いヨロイで覆われているような感じです。

背中から尾にかけてトゲトゲがあって、素手で調理するのはムリかも。


八角パック

残念ながら、船釣りではお目にかかれないのでスーパーで購入。

以前にどなたかのブログで室蘭(増市:マスイチ)の海で釣ったとありましたが、本来は
深い海中にいるらしいので釣るのは難しいようですね。

大きいモノはオスで40センチ、メスでも35センチくらいあるので、これはかなり小さい
八角です。

そのためお値段も格安、ちょっと遊ぶには良い感じです。


皮むきの準備

頭を落とし、背中の上の方とお腹の皮の下側を削ぐように切り取ると、両脇の皮は手で簡単に
はがせます。

手前にあるのはオレンジ色の卵。

あとは、三枚におろしてお刺身にします。


八角刺身

頭を飾ることは無かったか!? …あまりにも小さくて1匹から少しの身しか取れなかったので
なんとか盛り上げようと思ったんだけど。

身はかなり脂があって、醤油にパッと油滴が広がるほどです。

白身なのにかなり濃厚な美味しさがあります。


味噌焼き

本当は背の部分を開いて舟形にし、そこにみりんを混ぜた味噌をのせて“軍艦焼き”にする
のですが今日は簡単に半分に切った身に味噌をのせて焼きました。

手前にあるのは焼き“卵”、ツブツブ間がしっかりしていました。

身に脂があるので、普通の焼き魚とはちょっと違うリッチな食感です。
う~ん、大きな身を焼いて食べたかった…なぁ。


唐揚げ

またまた、そこまでしなくてもの“唐揚げ”です。

以前にススキノの料理店で“八角”の姿盛りのお刺身を食べた時、食べ終わるやいなやお膳が
下げられ…15分後、頭と中骨が唐揚げになって再度登場。

お店ではレタスやトマト、レモンが添えられ「よそいき」の一品でしたが、室蘭の冷蔵庫には
な~んにも入っていなかったので寂しい画となりました。

骨にも油分があるのかさっくり揚がって、パリパリとかる~いカンジで食べられます。

      ☆      ☆       ☆

今朝の気温、我が家のベランダではマイナス9度。

窓には久々に霜の花が咲いていました。

霜の花というのは北国ならではの現象で、外側の窓一面に外気の水分が霜となって張り付き、
結晶状の模様となって現れる現象のことです。

とてもきれいなので写真にと思ったのですが、光の加減が難しくてうまくいかず…
明日の朝も寒くなりそう、挑戦してみようっと(^_^)v




ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード