≪ 2011 04                                                2011 06 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 「 山菜ご飯 」 と “ 葉わさび ” 採り 

先週は 「 宗八カレイ 」 の爆釣でルンルン気分。

のハズが、その後の処理が結構大変…塩をしてベランダに干したりモロモロの
作業があって超多忙。

それに加えて…このところ20度前後の気温が続いていて、出遅れ感のあった山菜が
一気に出始め…誘惑に勝てず連日のように “ 山菜採り ” にでかけ、またまた多忙。

タケノコなんてあちこちからぴょんぴょん顔を出し、今が採り頃。
採ったばかりの所を振り返るとまた顔を出している !? (あくまでもイメージです)

その日と翌日に食べる分だけ採ってきますが、これまた始末が大変。
それでも夕食に一品二品の山菜料理が並ぶと、ようやく “ 春 ” が来たなあと実感します。
この季節、近くの山が我が家の 「 八百屋さん 」 です。


        ☆       ☆      ☆


山菜ご飯2
    山菜ご飯

山菜ご飯を炊いてみました。

材料は、タケノコ・ワラビ・フキ、油揚げ。とお米。

ポイントは
・シンプルな素材なので、しっかりとダシを取ること。
 ( パックに入って煮出すタイプが便利。)
・味付けは、白ダシと薄口醤油、日本酒、塩であっさりと。
 山菜の色が映えるよう薄い色に仕上げます。
・フキとワラビは出し汁でサッと煮て別に取り分けておきます。
 ( ご飯と一緒に炊き込むと柔らかくなりすぎるので。)

出し汁で油揚げを小さく切ったものとタケノコの薄切りを煮て、ザルで汁と
具を分けます。

お米を洗って規定のメモリまで出し汁を加え、タケノコと油揚げを入れて
炊飯器の 「 炊き込みコース 」 で炊きます。

スイッチが切れたら、温めたフキとワラビを入れザックリかき混ぜてできあがり (*^^*)

横につけたのは、先日伊達( だて )方面で採ってきた “ 葉わさびの醤油漬け ”。
シャキシャキとした食感とツーンと来る辛さがたまりません。


        ☆       ☆      ☆
  
     
ワサビ採り1

ワサビが生えている場所。
山あいを流れる清流に沿って生えています。


ワサビの花

ワサビの花。
純白の花が可愛らしい。


ワサビの花2

このように密生しています。

茎と葉をざく切りにして、塩でもんで(茎の太いところは麺棒で少し叩いて)、
熱湯にくぐらせ、密封容器に保存するとワサビ特有の香りと辛味が出てきます。

これを醤油漬けにしたり、三杯酢で食べたりします。


        ☆       ☆      ☆


厚い日が続いているせいか、『 セミ 』 を見つけました。

たぶん 「 エゾハルゼミ 」 ではないかと思うのですが。


セミ2

これは、定山渓(じょうざんけい)の手前にある 「 札幌湖 」 周辺の山林で発見。

セミ

こちらは、札幌市滝野地区の山林で見つけました。

セミは土中から出てきて数日しか生きられないとき聞きました。

ならばその僅かな間だけ、良い天気が続きますように。


    


ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
スポンサーサイト


はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード