fc2ブログ
≪ 2011 10                                                2011 12 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -

 特別版  『 船長の愛艇メンテナンス奮闘記 』 

初雪2

とうとう “ 初雪 ”です !

今日のブログは、タイトルにあるように、特別版 『 船長の愛艇メンテナンス奮闘記 』 です。
まったく、マニアックな話題で恐縮です (-_-;)。

ここ数週間、ボートの専門誌やネットでの検索を駆使して整備について調べ、
手探り状態でエンジンの整備・劣化部品の交換を行った記録です。

以下、船長が担当します (^。^)y-.。o○

   
   ・*:.。..。.:*・        ・*:.。..。.:*・       ・*:.。..。.:*・


ヤマハF115AETのインペラ・アノード交換整備(5年目900時間)
長時間の使用にも係わらず今まで一度もインペラ等の点検をした事が無く、これからの
冬季の釣りを安全に楽しむために、今回初めての整備を一人で実施した要点の記録


インペラの交換

まずは、インペラの点検・交換用に必要なアイテム「ロワーケース台」を丸一日かけて作成。


アロー台3 ロアーケース2

廃材を利用して自作した、『木製ロワーケース台』
(これがあると、作業効率アップとロワーケースの保護が図れる。)

ボート雑誌「Boat CLUB」等の参考資料を基に苦労☓2して「ロワーケース」を
取り外し自作の台座に固定。(各所の固着が無くとも、すんなりと取り外せない!)

ロワーケースの取り外しには、ケーシング下端の地上高とドライブシャフトの長さを考慮して
船外機本体の傾斜角を予め調整しておくのが一つのポイント。


         ………    ………    ………


インペラの交換
             
分解開始  プロペラ部2

写真右上:分解時に樹脂ケースとハウジングの組み合わせ状態を確認しておく。


プロペラ部3 プロペラ部4

プロペラ部5 プロペラ部8

インペラ取り出しまでの分解は、特に問題等無く順調に作業。


インペラ傷1 インペラ傷2

インペラを取り出し、亀裂・硬化等の確認。
5年目900時間超えにしては、著しい劣化の状態は見られなかったが、
若干の亀裂・摩耗が散見された。


インペラ インペラ2

新しいインペラをハウジングにセット。この後、ハウジングと樹脂ケースの
結合組み合わせにチョット苦労する。


ホース2 ロープ

ロワーケースと本体の結合時に「ドライブシャフト」のかみ合わせにばかり気を遣い
「シフトカム(ギアチェンジロッド)」をおろそかにして結合してしまい、試運転で
ギアが入らない!(シフトカムが結合していない!) 

再度ロワーケースを取り外し、「ドライブシャフト」&「シフトカム」を同時に気遣い
ながら再結合。
ドライブシャフトの微調整は2回程で今度はうまくいく。

注意点として、一人で微調整しながらの結合作業はロワーケースの重量を考慮し、
ロープで「ロワーケースの落下防止を確保」しつつ行うことが安全確実な方法と感じた。
                                       (写真右上)


ホース ホース1

もう一つの結合時の注意点は、分解前に切り離しておいた「シフトカム(ギアチェンジロッド)」
の前にある「ホース」先端(写真一段左上)を、結合時にアッパーケーシング前方下部の
穴から出るように(写真左上)ヒモ等で誘導補助(写真右上)をしていないと、結合後に
穴からホース先端を引き出すことが困難となる。


            ………     ………    ………


タイミングベルトとサーモスタットの点検


エンジン エンジン部1

タイミングベルトの点検。
亀裂等の劣化は視認されなかったが次回1000時間で交換予定。


エンジン部2 エンジン部3

エンジン部4 サーモスタット

サーモスタットの点検。
塩の付着は見られるが、特に問題は無く1000時間経過後の点検・交換で良いと思われる。


            ………     ………    ………


ジンクアノード等の点検・交換

エンジン1 エンジン2

防蝕ジンク1ジンクー塩

ボート使用後は、毎回、冷却水路の水洗いをしっかり行っているつもりであったが、
3ヶ所の「ジンクアノード取り付け口」全てに塩の付着が見られ(写真上)、ジンクの
電蝕を確認。(写真右下)
また、グロメット(ゴムパッキン)も3ヶ所ともボロボロの状態であった。


防蝕ジンク3 防蝕ジンク4

写真右上:上が使用していたジンク、下が新品のジンク。
*ジンクアノードは船外機の製造年式により3種類あり、部品の取り寄せには注意が必要。


ジンク交換2 ジンク交換

写真左上:ブラケット下部用の新品アノード(上)、使用中アノード(下)は電蝕が著明
写真右上:新品トリムタブ(左)、使用中のトリムタブ(右)の電蝕はタブ前部の中央付近のみ。


         ………    ………    ………        
       

グリス1 グリス2

部品交換後、ブラケット各部等のグリスアップをしてようやく整備完了!


            ☆      ☆      ☆      


朝10時過ぎから作業を開始。(それまで、ロワーケース台の作成)
下調べをした資料を穴が開くほど検討したにも関わらず、実際始めてみるとなかなか難しい。

すべての作業を終えたのは夕方17時半過ぎ。とっぷり日も暮れていました。

翌日は、エンジンの試運転を兼ねて釣り場へと計画していたものの、あいにくの
強風波でやむなく断念。(涙)

翌々日、エンジンも快調! 待望の今季初の鮭もゲット!
あらゆる面で、充実感に満ちた時間を過ごしました。
(チョット疲れました!)…ホンネ…です。


    


ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード