FC2ブログ
≪ 2012 12                                                2013 02 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 釣り魚、4種の握り寿司  & 助ダチ 

札幌は久々の降雪。
徐々に減りつつあった積雪も‥また80センチに逆戻り(^_^;)

本日午前は「健康診断」。
コレステロール値も正常値。
こんなに丸っこいのに中性脂肪も全く問題なし。
コレで今年も元気いっぱい過ごせます\(^o^)/

       ☆☆‥‥‥‥☆☆       ☆☆‥‥‥‥☆☆            

寿司
  釣り魚、四種の握り寿司
先日釣った4種のお魚、
せっかくの釣りたて、そのまま味わうのが一番美味しい!
ということで‥握り寿司にしてみました。
(あくまでも自己流なので細かいとこはご勘弁をm(__)m)


ソイ
後ろの列、左にあるのは「ソイ」の湯霜づくりです。
=湯霜づくり=
・三枚におろし、皮の面に熱湯をかけてチュルチュルさせます。
・急いで氷水で冷やし、キッチンペーパーで水気を取ります。
皮と身の間にある脂がコクに変わり、抜群に旨味がアップします。


スケソ
後列の右は「スケソウダラ」の昆布締め。
釣りたてのスケソウダラはお刺身で食べられるんです。
原則として、回遊魚はアニサキスなどの寄生虫対策として、
家庭用の冷凍庫なら48時間以上冷凍します。

釣ってすぐ三枚におろし半身ずつ昆布に挟みラップ。
半日~一晩冷蔵庫で味をなじませ、冷凍します。
真鱈の昆布締めとまではいかないけれど、甘みがあって大好物なんです(^^)


サクラマス
前列左のひときわ華やいでいるのが「サクラマス」。
こちらもスケソウダラと同様、回遊する魚。
柵取りしてラップで包み、48時間冷凍庫へ。
ねっとりした身の甘さは他に比べようがないかなあ‥
特に、脂が乗ったハラスは極上のお味、マグロの中トロにも引けを取りません!


アブラコ
前列右は「アブラコ」。
本州では「アイナメ」の名のほうが通りが良い!?
あの巨大なアブラコ、釣った当日は即、お刺身にしていただきました。
アレだけ大きいとどうかな?って心配だったのですが‥
すっごい弾力で、フグのよう‥とは言いすぎですが絶品でした(^^)
そうそう、「ソイ」「アブラコ」はいわゆる“根魚”と言われる魚。
多分、寄生虫の心配はないと思うけど‥自己責任でいただきました。
握ったのは、サクラマスに合わせて数日熟成したものです。
当初の跳ね返すような弾力はしなやかな肉質に変わり、ほのかな甘味が生まれ‥
清々しい?旨さが味わえました。


寿司2
釣り人ならでは‥ある意味、とっても贅沢なお寿司になりました。
マニアック過ぎる!?
まあ、アレほどの極寒のなか頑張ったんだもの、ご褒美ということで♪
そうそう、一番奥にあるのは「ソイの卵」の煮付け。
ムッチリと密度が高くて不思議な食感でした。


       ☆☆‥‥‥‥☆☆       ☆☆‥‥‥‥☆☆            

助たち
  昆布ダシに漬けた助ダチ
北海道では鱈やスケソの白子を“タチ”とか“ダチ”って呼ぶことが多いです、
真鱈の白子は“真ダチ”、スケソウダラのは“助ダチ”‥(助太刀じゃないよ)
“真ダチ”は『雪子』(ゆきこ)という呼び名もあって‥いいよね。
今回は、大ぶりの“助ダチ”を昆布ダシに漬けてみました。
タチをサッと熱湯にくぐらせ、氷水に取り、昆布ダシと白しょうゆを合わせた
漬け汁にいれ、冷蔵庫で半日ほど味を含ませます。
七味唐辛子をパラリと振っていただきます。
甘くて、トロ~ん。


    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ



はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード