FC2ブログ
≪ 2013 02                                                2013 04 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -

 糠ニシン ☆ アンチョビ & マリネ‥ (追記) 

本日は北海道民のソウルフードとも言える‥“糠ニシン”をご紹介(^^)
テレビのお陰で少しは知名度がアップしたように思うんですけど‥
なにそれ!? と思う人のほうが多いかも。

そのまま焼いたり、三平汁にしていただくことが多いです。
今日は、ちょっと趣向を変えて‥


      ☆☆‥‥‥‥‥☆☆     ☆☆‥‥‥‥‥☆☆     

ニシンの酢漬けアップ
糠ニシンのマリネ
糠ニシンをレモンがほのかに香る甘酢につけてマリネ。
スライスした玉ねぎと一緒にいただきます。

ごめんなさい‥追記します!
大事なことを忘れていましたm(__)m
こんなふうに“酢じめ”でいただくときは、品質の良い物を選んでください。
下のように、真空パック+冷凍で管理されたものをオススメします。
このレシピは、母がよく作ってくれていたものなんです。
‥もし不安な方は、焼いた身を粗くほぐしてスライス玉ねぎと和えて
酢の物や酸味の効いたドレッシングで和えてもも美味しいです。



ぬかニシンパッケージ
   糠ニシンのお姿
昔はこれを焼いて‥ほんの少しの身でご飯が3膳は食べられるほど塩辛かったなあ‥
保存食として作られていたのでガッチリ塩をしてあったわけです。
今は冷凍で保存するのでそれほど塩辛いものは無いような!?

ぬかニシン
パッケージから取り出すとこんな感じ。
塩を混ぜた米糠をまとっています。


ぬかニシン2ぬかニシン3
左は、糠を洗い流す前。
ぎっしりとお腹の中にも糠が詰められています。
右は、3枚におろしたトコロ。
甘口なのであまり硬く締まってはいません。


甘酢漬け2
糠ニシンをスライスして、マリネ液に一晩漬け込みます。
マリネ液
すし酢をベースに、レモンの絞り汁、酢、蜂蜜少々とオリーブオイルほんの少し。
ニシンに脂があるのでオイルはあまり入れなかったの。
辛口タイプは、スライスしたあと3%くらいの塩水につけ塩分を調整してね。


ニシンの酢漬け
添えたのは玉ねぎのスライスとレタス‥くるくるニンジン。
くるくるニンジンはピーラで薄くしてから竹串に斜めに巻いて‥の自己流(^_^;)
特に新玉ねぎのスライスととても相性がいいんですよ(^^)
ざっくり混ぜて召し上がれ~(^^)


ずっと考えていたんです。
糠ニシンって要するに塩漬けを熟成させたもの‥
カタクチイワシの塩漬けを熟成させてオリーブオイルに漬けたものが“アンチョビ”。
それなら‥糠ニシンのアンチョビもアリかもって!?

オイル漬け込み
で、スライスした糠ニシンをオリーブオイルに漬け込んでみました。
パラリと散らしたのは「乾燥ディル」です。

こちらもマリネと同様、良い状態のものを使ってくださいね。
塩分がきついものがオススメです。



アンチョビ2
スライスした身を隙間なく瓶に並べ、オリーブオイルを注ぎます。
空気が入るのは厳禁なので竹串でツンツンして除きます。
この瓶は留萌(るもい)の有名な漬物屋さんの田中青果のピクルスが入っていたもの。
可愛らしかったので使いまわしちゃいました♪
このあと、冷蔵庫で1ヶ月以上熟成させます。
常温で熟成させる方法もあるケド、塩分が控えめなので冷蔵庫が安心です。


      ☆☆‥‥‥‥‥☆☆     ☆☆‥‥‥‥‥☆☆  

焼き糠ニシン
      焼き糠ニシン
こちらは過去ログからの引用です。

さて、“アンチョビ”‥1か月後はどうなっているかしら!?



    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ


はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード