FC2ブログ
≪ 2013 08                                                2013 10 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -

 ますの寿し ☆ サクラマスレシピ2013 

きれいな笹の葉が手に入ったら作ってみたいレシピがあって(^^)
先日のキノコ採り、笹の葉もとってきました。

なんとなくのイメージで作ったのでイマイチの出来でしたけど‥
あの“ますの寿し”、美味しくできました\(^o^)/

この「サクラマス」、今年1月、厳冬の太平洋で釣ったものなの~♪


        ☆‥‥‥‥‥‥☆      ☆‥‥‥‥‥‥☆

マスの寿司
    ますの寿し

まあ、完成度に難はありますけど‥ともかく‥“ますの寿し”。
あの物産展での人気商品を「イメージ」して作ってみました。

出来上がってから‥ネットで作り方を検索という愚行。
(電気製品もある程度使ってから説明書を読むタイプ‥)

ああすれば‥こうすれば‥いろいろ有りますけど、
お味は抜群! 小さな幸せって感じです。



フードシーラー
1月・2月のサクラマス釣行、我が家的に‥大漁。
フードシーラで美味しさを閉じ込めて冷凍庫で待機させました。

相変わらず、マニアックな食材を使った感は否めませんが‥
お刺身用のサーモンを使って作ることができます。
(以前、鮭の身を締めて、押寿司を作りました。)



塩で脱水 酢じめ
左:サクラマスの身を解凍して観音開きにします。
  塩と砂糖を7:3の割合で混ぜたものを両面に振りかけます。1時間ほど。
  (手で挟んで揉むようにすると均等にかけられますよ。)

右:サクラマスの身についた塩を、酢の中で洗い流します。
  (水だとあまりうまく行きません。)
  酢に昆布茶を少し混ぜた中に30分ほど漬け込み、水を切っておきます。



並べ作業

容器に笹を並べ、酢飯を敷いて軽く整えます。
その上に、酢じめをしたサクラマスの身を並べていきます。

容器の内径は約20センチ。
使ったお米の量は2合分です。
酢飯にスダチの皮をすりおろしたものを入れました。



保存 フタ
左:気温が少し高かったので、クーラーに入れ、小さめの保冷剤と保管。
  この上に4キロ程度の重しを乗せました。

右:約10時間後の様子。
  笹の葉は、色が鮮やかになるのと殺菌のため熱湯にくぐらせました。
  保存も効くんですけど‥酢飯だと色が変わってしまうみたい‥。



完成
笹の葉、オープン!
あらら、もっと端っこまでギュッと押し込めなくちゃイケなかったみたい^^;
酢の締め具合も、もう少し浅くても良かったかも‥。

来年、また挑戦します!
って、今回の課題‥覚えてられるかな!?

あ!それより‥サクラマスをたくさん釣らなくっちゃ~\(^o^)/


        ☆‥‥‥‥‥‥☆      ☆‥‥‥‥‥‥☆

サクラマス
    サクラマス、釣ったど~      (2013年1月)

たなびく「サクラマス」の旗は、ライセンス登録をした船に取り付けるもの。
毎年色が変わります。




    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ


はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード