fc2ブログ
≪ 2014 03                                                2014 05 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -

 お安い“しめ鯖”で棒寿司 ☆ 伊予柑塩 

特売の“しめ鯖”、税込みで100円!
ただね、格安ということもあって‥ちょっと物足りない感じ。

昆布で包んで旨さをプラスしてみようと「棒寿司」を作ってみました。


☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

サバ寿司
       昆布で巻いたサバの棒寿司

昆布が巻いてあるサバの棒寿司。
いつも思ってたの、昆布も丸ごと食べられたら良いのにって。

今回使ったのは、三陸産の「おつまみ板昆布」。
一度ボイルして味付けしたもので、そのまま切っていただくおつまみ。
これなら、丸ごといただける棒寿司ができるかなっと思ったの(^^)



準備

「おつまみ板昆布」は、
酢を少し入れたヒタヒタの水に30分~1時間程度浸して柔らかくします。

「しめ鯖」は、
ハラスのところを切って尾の方に足して形を整えます。

柔らかくなった昆布の上に、しめ鯖をこんな感じでのせます。



伊予柑塩のごはん

すし飯は、市販のすし酢と、“伊予柑の皮の塩漬け”をみじん切りを混ぜたもの。

トップの写真の右に写っているのが「伊予柑の皮の塩漬け」。
薄くむいた皮を千切りにしてフルール・ド・セル(結晶塩)で漬けたものです。

いろんなブロガーさんのトコで「レモン塩」「柚子塩」が活躍しているのを見て
どうしても作ってみたかったの。
手元にあった伊予柑の皮で作ってみました。

流水で塩を洗い流して使います。
きれいなオレンジ色でしょ!?
香りもとっても爽やかなの~☆



サバ寿司ー56

ラップをしいて、その上に昆布を広げ、しめ鯖をのせます。
すし飯の半分をその上にのせ、おつまみ昆布の切れ端をのせます。
さらに残りのすし飯をのせて包みます。

昆布の端っこをヒモ状にして2箇所ほどしばります。

少し巻きが緩いように見えますが、これを「巻きす」できっちり巻くと
いい感じで馴染みます。

冷暗所で一晩ねかせていただきます。



サバー190

昆布がしっとり程よい柔らかさに。
これなら丸ごといただけます。

昆布とサバの旨味、すし飯に混ぜ込んだ伊予柑の皮の香り。
すっごく美味しい鯖の棒寿司できました\(^o^)/


☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

おつまみ昆布
     おつまみ昆布           拡大します

これが「おつまみ板昆布」。

こんなに大きいの。(横に置いたのは割り箸。)
もちろん、そのまま食べてもおつまみにもピッタリ~☆




    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード