fc2ブログ
≪ 2022 05                                                2022 07 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -

 山菜-2022もこれうまつゆ、大人さまランチ食べてきた♪ 

山菜28新2

 行者にんにくも愉しんで、フキも楽しんで、
 次はワラビとネマガリダケ採りに♪

 久々の好天に勇んでお山に出かけたの、
 なんと、時すでに遅し!
 わらびは育ちすぎ、ネマガリダケはニョッキにょき。


 少しづつ採ってきた山菜はそれぞれ下処理後、
 これうまつゆと同量の水を合わせたものに半日浸けたの。




準備1
        わらびと若いふき

わらびは採ってきたらすぐにアク抜きをしたほうが良いです。
① お湯を沸かし、耐熱容器に1本ままのわらびを入れ重曹(または木灰)を
振りかけ上から熱湯をまわしかけ、そのまま冷まします。
② 苦みがなくなるまで、何度か水を替えます。

ふきはは先端の皮を1センチ程度むいてからゆでると後が楽です。
① 色よく仕上げたいときは塩少々で板摺します。
② たっぷりのお湯を沸かし、ふきをゆでます。→大きめのフライパンが便利
③ 緑色が冴えて良い香りがしてきたら水に取り、皮を一気に引いてむき、
  水にさらします。→あまりさらし過ぎると香りが抜けます。

 共通のつけ汁は、これうまつゆ1:水1です。
 山菜の量に合わせて準備します。




準備2
         ネマガリダケとイタドリ

ネマガリダケはほぼアクが無いので下処理は簡単です。
① ネマガリダケは皮の一部を縦長に削ぐようにカットし
  たっぷりのお湯でゆで、香ばしい良い香りがしてきたら火を止めます。
② ざるなどにあげ、あら熱が取れたら皮をむきます。

イタドリは本州では山菜として有名なようですが
北海道ではあまり食べる人はいないかも。
スカンポ、スイバとも呼ばれる酸味が強い山菜です。
→レアな山菜なので処理の方法は ‥こちらから☆



山菜53

 山菜採りは採れる時期を見極めるのが難しい、
 冬が大雪だったのでまだだろうと油断してしまった。
 次はウドのシーズンなのだけど、どうなるかな。




おとなさまランチ137新
       かつや 「大人様ランチ」(5月末で終了)

 オムカレーをベースに海老フライ、タルタルチキンカツ、揚げウインナーに
 キャベツの千切り‥なんとオムレツはとろり半熟。
 これは、まさに “大人のためのお子様ランチ”♪

 どうにも気になってしょうがないので息子を誘って行ってきた!
 だって、完食できる気がしないんだもの。

 カロリーは多分、女子の一日の摂取分に相当すると思われます、
 でもこの夢の組み合わせ、この目でしかと見届けたかったの♪




おとなさまランチhyousi

 食事前には山まで行って山菜採りに励んで、
 食べ終わった後は豊平公園を一周散策。
帰宅後はせっせと山菜の下処理。

 それくらいじゃ消費きれないカロリー摂取だけど、
 この背徳感、たまらん♪





                          にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
                          にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード