≪ 2017 08                                                2017 10 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 甘さが決め手の万能みそだれ♪*つくれぽに感謝! 

里芋の味噌掛け28

こっくり煮えた里芋の上にかけたのは
“万能みそだれ♪”

何度作っても気に入った味にならなかったのよ。
そこで考えたのは、お砂糖の量を劇的に増やすこと!

当たり前のこと、だなんて言わないでね。
わたしにとってはこの砂糖の量、かなりの勇気がいったのよ~♪





味噌1

万能みそだれの材料と作り方(当座分)
・麦麹と米麹の合わせ味噌     100g
 (お手持ちのお味噌でも)
・砂糖または甜菜糖など       75~80g 
・本みりん                大さじ2

①フライパンにすべての材料を入れ、中火で静かに加熱します。
②フツフツしてきたら火を弱め照りが出るまでかき混ぜます。


味噌2

③味噌の香りを生かしたいので3分くらいで火からおろしました。
④煮詰まってかたくなったときは、お湯を少し加えて伸ばします。



里芋

里芋はね、圧力鍋で加熱したの。
おもりが回ってすぐに水道水をかけ急冷、皮がむきやすかったです。

お出汁にめんつゆ少々を加えた煮汁で柔らかくなるまで加熱。
味を含ませました。



里芋の味噌掛け35新ラスト

トッピングしたのは白ゴマとゆずの皮。
これにクルミやクコの実を混ぜ込んでもおいしいと思うのよ♪




         ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…☆

かすべ3⇒☆

仲良くしていただいている satorisuさんが
“かすべのぬた”作ってくださいました。

北海道のソウルフードとして母から受け継いだ味を
お若い satorisuさんにお伝えできてとてもうれしいです。
ましく、“後世に残したい北海道の味”、ありがとうございました。




 皆様の“ポチ”っとが励みになります(^^)

キーボードの  Ctrl  を押しながら 3箇所のポチ、よろしくお願いします♡   

                                                    
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
      
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

こんばんは~

どこまでも味のうま味を引き出す事に
探求するはるさんらしいな~
確かにさといも本来の味を引き出すためには
控えめなのかもね~
私はいつも感覚で作ってしまうのでちゃんと計った事
無かったかも~
お砂糖いっぱい入れるといつもきよちゃん感激するし・・・
ちゃんと火を入れて練り上げた甘味噌
照りも出て、つやっと美味しそうです

生のかすべ 
ぬたに出来るのですね
明日 あったら買ってこよう~♪
おはようございます はるさん
万能味噌だれの味が決まって良かったですね
そうですね 量を控え目にするとぼやけた味になったりして
配分は難しいですね
里芋に合いますね 大根でふろふき大根や
お豆腐には、田楽にと広がりますね
はるさん~こんばんは♪
里芋さん、大活躍ですね♪
家も今夜は豚汁で里芋のホクホク感に満足(^^
今、冬野菜美味しいですね(^^
万能味噌ダレで、旬の美味しさ満喫だね(^^
とってもとっても美味しそうです♪

大掃除でくたびれました(^^
明日から通常通り、今日は早めの就寝です(笑)
いつも有難う~感謝。
コメント欄閉じてるので、お返事等気になさいませんように。
きゃりあさん こんばんは(^^♪
今頃はたくさんのお土産を抱えて帰ってきた頃かな(*'▽')

何度みそだれを作ってもちっともおいしくなくて(+_+)
勇気をだしてお砂糖を多めにしたら良いお味~♪
紫蘇に包んで焼いたり、いろいろアレンジができそうなの。

新鮮なカスべが手に入ったらぜひ作ってみて~☆
“塩で殺して酢で〆る”をしたらヌタにするの。
軟骨の適度な硬さも心地よいの。
ヨッシィーさん こんばんは(^^♪

はい、おいしい味噌だれができました。
ただ、この砂糖の量はかなり勇気が必要でした(^.^)

このお味噌、米麹、麦麹、大豆の合わせみそなので
適度なつぶつぶ感があって良いアクセントでした。
いろいろなお料理に合わせて楽しめそうです。
はるさんさん、こんばんは☆

加圧した里芋、旨みが逃げなくてそのままいただいても美味しそうですね(^^)
おだしにめんつゆを含ませて・・・それだけでもいいな~♪
あはは、お味噌のお砂糖の量かなり使いますよね!!びっくりする量ですが、甘味噌というものがあるくらいですのでやっぱり甘めが美味しいのかもしれないですね☆

かすべのぬたのレポ、素敵に紹介していただきありがとうございます(^^)
はるさんさんはお母様から受け継がれたお味なのですね。
思い入れのあるお味、私に教えてくださりありがとうございます(^^)
北海道ならではのお味もだんだん消え入っているような気がしています。
こういった昔ながらのレシピ、絶やしたくないですよね。
私もこれを機に、北海道の郷土料理をたまに作ってブログに載せたいなと思います。
この度は本当にありがとうございます(^^)
misyaさん こんばんは(^^♪

これはね、一品持ち寄り用に作ったの。
前にも書いたけどこちらでは里芋は貴重品。
とても喜ばれたのよ~(*'▽')

今回のお味噌、九州の麦・米麹と大豆の合わせみそなの。
とっても良いお味~☆

大掃除、お疲れさまでした。
うちはね、先日、全戸一斉の排水管の清掃があったの。
おかげで水回りは完了よ~!
いつもありがとう。





satorisuさん こんばんは(^^♪

里芋、生のまま皮をむくのがちょっと苦手なの(+_+)
電子レンジもむきやすいみたいなんだけど
今回は圧力鍋にお任せしちゃった。

味噌だれ、お砂糖の量にびっくりでしょ(^.^)
でもね、これがとってもおいしいの。
一歩、踏み出す勇気も必要なのね。

カスべのヌタ、お写真までお借りしてしまいました。
北海道ならではの味、絶やしたくないですね。
糠ニシンの三平汁、氷頭なます、にしん漬けなどなど。
カジカの子の醤油漬けもいいなあ。
わたしも微力ながら北海道の味、伝えていきたいと思います。
こちらこそ、ありがとうございました。
おはようございます

里芋、彩りも綺麗で美味しそうです(実際美味しいか、、、)。
里芋も薄く下味、心憎いです。
味噌ダレは甘い方がやはり良い、里芋のツルリンが最高です。

かすべのぬたは活きの良いかすべ見つけたら作ってみたいですね。

伝統の料理は引き継いで下さい。昔の人の叡智の詰まったものですから、、、。必要に迫られ出来た究極のアイデアかも?
素流人さん こんにちは(^^♪

里芋、あまり得意な食材ではないのですよ。
今回は一品持ち寄りランチ用に頑張ってみました~☆

味噌だれ、長年の懸案だったのですよ‥ってオーバーかぁ。
砂糖の量がポイントだったんですね。
たまには一歩踏み出す勇気が必要なのね~♪

かすべのぬた、生きの良いものが手に入ったらぜひ~☆

今日のNHK「あさイチ」で留萌の“カジカ汁”の紹介が。
こわもての魚ですがおいしいんだなあ~!
これも、土地に伝わる伝統の味です。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード