≪ 2017 04                                                2017 06 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -

 鱈のでんぶを手作り*鱈でんぶご飯♪ 

鱈のそぼろご飯38

鱈の切り身を使って“でんぶ”を作ったの。
ふわんふわんにほぐれた身がとっても優しいの。

お砂糖を加えてピンクに色づけると「桜でんぶ」。
甘いのはちょっと苦手なので別バージョンよ。

これは日本酒、白だし、みりんで味付けしたあっさり味。
どこか“カニ”を思わせる風味がおいしいの。

名付けて“鱈でんぶご飯♪”




たら1

・タラの切り身  150g(皮を除いて)  
・日本酒      大さじ1強

①耐熱容器に鱈の切り身をのせ日本酒を回しかけます。
②軽くラップをしてレンジ600wで2分半くらい過熱します。
*出た汁は取っておいてください。




たら2

③レンジから取り出し、破れにくいタイプのキッチンペーパーに移し、
  流水の中で軽くほぐし、柔らかめに絞ります。




たら3

・タラの汁  大さじ1
・日本酒   大さじ1
・みりん   大さじ1
・白だし   小さじ1強

④これらを混ぜ、テフロン加工のフライパンに③とともに入れ
  弱火にかけます。




たら4

⑤5~6分かき混ぜるとふんわりほぐれてきます。
⑥お好みのしっとり具合になったら出来上がりです。





鱈のそぼろご飯35

器にご飯をよそい、その上にたっぷりの鱈のでんぶを盛り付けます。
彩に、てっぺんにたらこをちょこんとのせてみたの。
刻みのりを散らして出来上がり~♪





皆様の“ポチ”っとが励みになります(^^)

キーボードの Ctrl を押しながら 3箇所のポチ、よろしくお願いします♡   

                                                    
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
    
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

わー、お家でこんなふんわり優しいでんぶが!!
白身のお魚ならではのいいところが、盛り付けで満載を醸し出してくれていますね。

とりおいたお出汁は濃縮した旨味、それを使うのが大切なのね。

上品なでんぶだけど、がーってかき込みたくなるわ。(笑)
みなづきさん こんばんは(^^♪

これね、工程が多いように見えるけど意外と簡単。
前に作ったときには鱈をボイルして身をほぐしたんだけど
今回はレンジにお任せしたら旨みも逃げないし、
洗い物も少なくて済むのが楽ちん。

湯煎をする方法もあるけど自家用ならテフロン加工の
フライパンでほぐす方法で全然OK!

はい、ガーっとかき込みました~(*'▽')
はるさん、こんばんは!
そっか!タラを蒸した後に「流水の中で軽くほぐす」と綺麗にほぐれた柔らかいでんぶになるのですね~
いつも蒸してすぐにほぐすだけでした!
自家製のでんぶは、市販品とは全く違って食べて美味しい☆
市販品は彩りのためにですからね。←子供の頃は、大好きだった!
ちょっとタラコを乗せるだけで、旨さが倍増しますね。
海苔をちらして、味だけでなく彩りも盛り付けも完璧です^0^
こんにちは、はるさん
「でんぶ」幼い頃に食べていました
作るのは、手間がかかるのですね

器も素敵です 美味しく写っていますよ
masakohimeさん こんばんは(^^♪

そうなのキッチンペーパーに包んで流水でほぐすと
簡単にほぐれるの。
桜でんぶにするときはほぐしたものを冷水にさらして
魚臭さを取り除くらしいの。
これは鱈の風味を楽しみたかったので省略(*'▽')

桜でんぶは甘党の娘の大好物だったの。
学生の頃、お弁当にでんぶでハートを書いたら
ご飯の蒸気で潤って「蛍光ピンク」になってたらしい(+_+)

器、10年以上も前に手び練りで作ったものなの。
ゆる~い感じと色合いがピッタリかなっと思って~♪
ヨッシィーさん  こんばんは(^^♪

この器、10年以上前に手ろくろで作ったものなんです。
勢いはないけれど穏やかな感じ‥ホッとします。

“でんぶ”本格的に作るともっと作業工程が多いらしいです。
自宅で楽しむならこれで十分と自己満足中♪
 こんばんはー。
ピンクの甘いでんぶは
昔から苦手なんですよねぇ。
だからこの前のそぼろ丼にも
乗せなかったんですが
これなら美味しく頂けそう。
飲んだ後には
だし汁を少し足して
お茶漬けでもいけるかな?
ところでこの器も
はるさんが焼いたものなんですね。
とても10年以上前とは思えない輝き。
でもそれをガラスケースの中じゃなく
日常で使ってるのは
とっても素敵なことだなぁと思います。
器は料理が盛られてこそだと思うので(*^o^*)
おいしそう!
雪景色のようで、美しさも感じます(^_^)
はるさん~こんばんは♪
おおお、おおお!
すごい!
でんぶを手つくりなんて~美味しそうですね!
市販のものは甘すぎて(^^;
綺麗にできてますね(^^
トッピングに明太子と海苔!
色合いが可愛い~♪
そして何より、安心安全~欲張っていっぱい乗っけて(笑)
食べてみたいです(^^

今日はこちらも雪が降りました・・そちらほどではないけどね。
あったかくお過ごしくださいね。
はるさん~いつも有難う~感謝。
こんばんは~

流水の中で丁寧にほぐして
その後に旨みの鱈の汁を入れて作るのですね。
生臭さも適度に取れて、ふんわりですね。

市販のでんぶって甘ったるい感じですが
自分で作ると好みにも合わせられるので
いいですね。
最後の仕上げ
ほっこりの器に海苔、アクセントのタラコ迄
さすがですね
showycricketさん こんばんは(^^♪

わたしも市販の桜でんぶはちょっと苦手かな。
でもお雛さまなどのイベントには華やかでいいですよね。
それ用に、途中で取り分けて甘さ控えめでつくるのもアリかも。
食紅はお箸の先をほんの少し湿らせてくっつけると
過激な色身にならないような気がします。

飲んだ後にだし汁を足して~♪
それいい! また作ろうかなあ(*'▽')

私が作る器は日常使いのものがほとんど。
「使われてこそ生きる」が信条です。
壊れるときもありますが、それもまた良しです。
割れない、欠けない器はつまらないです。
ジャムさん こんばんは(^^♪

雪景色のよう‥
素敵な言葉、ありがとうございます。

素朴なお味、おいしいです。
misyaさん こんばんは(^^♪

でんぶ、意外と簡単に作れるのよ。
本当はもっと丁寧にするのかもだけど自家製だし(*'▽')
でも misyaさんのおうちでこれを作るのは大変かあ。

甘くない味付けにすると鱈の味がダイレクトに楽しめて
とても風味が良いの。
最初は刻みのりだけをトッピング。
少し寂しい気がして朱色を添えてみたの。

雪が降ったんだあ。寒いんだろうな。
暖房の事情が違うもんね、暖かくして過ごしてね。
今の姿、長袖のTシャツに裸足なのだわ。
外に出るときは防寒着装着だよ~!
きゃりあさん こんばんは(^^♪

いつもはボイルして作っていたんだけど今回はレンジ。
旨みも逃げないし、洗い物は減るわで大助かり。

市販の桜でんぶとはまた違った味わいがおいしいの。
味付けは、もう少しお醤油を足したりと自由自在。
冷凍の鱈でも作ってみたの、臭みもなくておいしくできました。

盛り付ける器、結構悩んだ~!
黒?モスグリーン?これが一番ホッとした感じだったので
これを使ってみました。
料理を作るより食器選びは大変だあ。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード