≪ 2018 01                                                2018 03 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -

 鱈の粕漬けをフライに♪ 新しいおいしさ見っけ! 

粕漬けのフライ39

“鱈の粕漬け”、
軽く塩をした鱈を酒粕とみりん(または砂糖)の
粕床につけこんだもの‥
ザックリ解説してみました。

酒粕を洗い流して焼いて食べるのが一般的かな。
ほんのり甘くておいしいの。


ちょっとひらめいてね
その鱈の粕漬けでフライを作ってみたの。
サクッとかじるとふわりと酒粕の香り♪
わくわくのおいしさ見っけ!




準備1

材 料(2人分)
・酒粕漬けの鱈  ‥‥ 約200g
・小麦粉 ‥‥小さじ1程度
・天ぷら粉 ‥‥大さじ3
・水 ‥‥適量
・パン粉 ‥‥適量
・揚げ油 ‥‥少し多め
・付け合わせの野菜 ‥‥キャベツ・赤玉ねぎ




準備3
      フライの衣・バッター液は天ぷら粉で

①鱈の身についた酒粕を洗い流し
水けを拭き取ります。
②粉を打って、ブラックペパーを振りかけます。
③水で溶いた天ぷら粉にくぐらせパン粉をつけます。
④油温180℃でからりと揚げます。
  持ち上げてジジっと振動が伝わってくるのが目安かな。

 



粕漬けのフライ24

添えたのは水菜のじゃことナッツ掛け。
じゃこは少し多めのごま油で炒めてカリッ!

バッター液、天ぷら粉にすると簡単なの。
それに洗い物が少ないのが良い♪





皆様の応援が励みになります!(^^)!
〈3箇所〉のポチよろしくお願いします☆ 

                          にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
                          にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさん~こんばんは♪
フライもの~大好き♪
いやいや、酒粕漬けの鱈を揚げるのね~からっと揚がってるね♪
バッター液、そうですね!
天ぷら粉ですると、簡単で良いね(^^
美味しそうだわ~たまらんよ、はるさん(^^
キャベツに赤玉ねぎのサラダで十分なのに、水菜のじゃことナッツ掛けも(^^
こちらあも食感が楽しくて~美味しそうですよぉ♪

お野菜高騰で、キャベツを買うの待った!をかけてるんだけど(笑)
水菜もね・・恋しさ増しました。
週末道の駅で探してみよう(^^

今日も雪がちらついて・・寒かったぁ。
はるさんの住む街ほどではないんだろうけどね(^^
寒さに慣れてないのね、肩がこって仕方ないよ(苦笑)
あったかくお過ごしくださいね。
いつもいつも、有難う~感謝。
misyaさん こんばんは(^^♪

鱈の粕漬け、北海道ではメジャーな食材なの。
カラリと揚がった衣の中から甘酒のような香りがふわり♪
焼くのもおいしいけれどより酒粕の香りが楽しめたの。

こちらにはね、雪の下に貯蔵した「越冬キャベツ」があるの。
フレッシュさは少ないけど甘みがあるのが魅力。
お値段もほどほどなのが嬉しい(^.^)
野菜が高いっていうけど、こちら、いつも冬場はそんなもん!
水菜も例年と変わらずのお値段なのよ。

今日も雪なんだあ、そんな冬って珍しいのでしょ?
こちらは寒いのが当然の暮らしだからそれなりに凌げるけど
寒さに慣れていないところではきついよね。
暖かくしてね、風邪ひかないでね。
はるさんフライが、さくって揚がっているね。

粕漬けをフライにするのは、なるほどアイデア!!
焼くだけしか頭になくて、こいう発想が欲しい。

切り口の断面、身がほくほくしているね。
このままで、パクパクいけちゃう味の仕上がりなんでしょう。

添えたキャベツと水菜、良い眺めだ。
寒波以降、益々高騰で。(涙)
みなづきさん こんばんは(^^♪

ひと口頬張ると、酒粕の風味がふわ~♪
とっても幸せな気分だったの。
焼くのもおいしいけどつい焦がしてしまうからねえ。

そうなのソース要らずも嬉しい!
揚げたてをひょいとつまんだ時が一番おいしかった!(^^)!

野菜は入手しやすいものを厳選!
こちらは冬場はいつも野菜が高いけど今年は特別だよね。
もしかしたらメインより付け合わせの方がお高いかな(*^^*)
おはようございます
この時期、鱈を
やたら食べたくなるんですよねぇ。
あっ、洒落じゃないですよ(#^.^#)
ふむふむ、これは美味しそうですねぇ
でも普通に焼いたのも食べてみたい。
鱈の季節も今月いっぱい
もっともっと楽しまないと(≧▽≦)
お味噌で漬ける西京漬けというのがありますけど、
酒粕で漬けるタラを揚げるって発想はなかったです
でも、これおいしいやつでしょ、これ
甘さと油分でうまさ2倍、みたいな
showycricketさん こんにちは(^^♪

今がまさに旬の“鱈”!
はい美味しくて、やたら食べたくなります。
showycricketさんが作られたカブと合わせたシチューも
とってもおいしそうでしたね(^.^)

酒粕漬け、普通に焼いても抜群においしいです。
ちょっと焦げやすいけど。
あ、意外と知られていないのですが、
本当に鱈がおいしいのは夏場にかけてなのです。
卵などに栄養が取られず餌をたっぷり身に蓄えるから。
冷凍の鱈はこの時期のものを加工するんですって。
てかとさん こんにちは(^^♪

西京漬けってこちらではあまり馴染みがないのです。
高価なイメージがあるのですがおいしいのでしょ?

こちらでは塩の利いた鮭やたらこを酒粕床につけて
美味しさはそのままに塩抜きするということをします。

はい、美味しいやつです!
酒粕の風味が衣の中に閉じ込められて
ひと口頬張ると酒粕がふんわり香ります♪
こんにちは、はるさん
鱈の粕漬けをフライにする これは、アイデアですね
焼くことしか頭にありませんでした
サクサクの衣をまとった鱈、とっても美味しそうです
水菜のじゃことナッツ掛けも気になりますね
ヨッシィーさん こんばんは(^^♪

はい、我ながら良いアイディアだと思いました(*^^*)
つい焼き過ぎて焦がしてしまうことがあるのですが
少し手間はかかるけどこれなら大丈夫です。
良い香りが衣の中からふわり、おいしかったです。
ごま油を熱しじゃこを炒めて水菜の上からジュワ~♪
簡単だけどおいしいです。
白みそでつけ込むタラの料理で焼いて食べるとおいしい。
ということしか知らないのですよね、西京漬け。
こちらは関東なので赤みそで煮たようなメニューを作り
焼いて食べてました。
あまりなじみのない料理かもしれませんねぇ。
揚げたらおいしいのは間違いないのでしょうけど。
てかとさん こんにちは(^^♪

味噌って地域によって全く違いますよね。
こちらは大豆と米から作られた味噌が主流ですが
本州には麦味噌や豆味噌‥白みそに赤味噌。
ブログの材料欄に「味噌:大さじ1」なんて
書いてる場合じゃないよね‥って気が付いてしまった!
こんにちは~
鱈の粕漬け、このまま食べてもと~ても美味しそうだけれど、カツにしてカリカリの衣をまとわせると、全然違うお料理に大変身!
鱈はとても淡白なイメージがあるけれど、こうしてカツにすると、かなりボリュームも出て食べごたえもあるわね。
バッター液を天ぷら粉で!
私も時々この手を使います~☆
天ぷら粉、カリッと仕上がるように配合されていて、便利な粉ですよね。
水菜のじゃことナッツ掛け、これカルシュウムたっぷりで香ばしくて美味しそう~^0^
masakohimeさん こんばんは(^^♪

淡白な味わいの鱈だけど、酒粕に漬けると美味しいの。
適度に水分が抜けてまろやかな酒粕の旨みが入るの。
保存性もアップするのよ(^.^)

焼くだけでもおいしいけど、カツにすると酒粕の香りが
中に閉じ込められてひと口頬張るとふわ~♪
もう極楽です!(^^)!

バッタ液ーを天ぷら粉で代用、便利で止められない!
素材によるけどおいしいよね。
じゃこを炒めるときにニンニクのスライスを入れるのを
忘れて‥ナッツでごまかしちゃった!(^^)!
はるさん、こんにちは♪

酒粕漬けの鱈、美味しいですよね
でもそれをフライにしちゃうなんて、はるさんナイスアイデア!
酒粕の香りを楽しめるフライ、美味しそうです

私も良くじゃこをカリカリに炒めます
居酒屋さんで教えて貰ったんですけどね(笑)
ナッツも加えるとまた違う食感を味わえそう
しろくまさん こんばんは(^^♪

こちらは鮭やタラコも酒粕に漬けちゃうの。
鱈が一番メジャーかな。
焼いて食べるのが一番なのだけどフライもおススメ!

カリカリのじゃこ、美味しいよね。
フライドガーリックを合わせたかったのに在庫0!
ナッツも食感が良かった~♪
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード