FC2ブログ
≪ 2020 08                                                2020 10 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -

 菜の花の昆布締めでちょこっとおつまみ♪ 



菜の花53

猛吹雪に見舞われている北の大地です。
3月に入ったというのにねえ‥トホホ。

一日中真っ暗、やむなく電灯の下でパチリ、
なんか変な色‥ご勘弁を。

菜の花を昆布締めにしてちょこっとおつまみ♪
お雛さまを意識して桜の花など使ってみたの。





準備1

①湯を沸かし、塩と昆布茶、少々を入れます。
②菜の花を投入、30秒で引き上げます。
③ザルなどに移し、うちわなどで全速力で扇ぎ
  冷やします。

 (ムリな時は冷水で冷やしてください)
④あらかじめ水で湿らせた昆布に挟んで
  軽く重しをします。
⑤半日くらいで昆布の旨みが菜の花に移ります。





準備2

昆布をこんな風に使うのはちょっと‥の時は
菜の花を昆布に並べ、端からくるりと巻いていくと
昆布1枚分で作れる‥と思います。

それもちょっとの時は‥
ゆでた菜の花に少し上等の昆布茶を振りかけ
ラップでしっかり馴染ませる‥もありかな。

(うちはヤマトタカハシの昆布茶)




準備3

カブはね、スライスして
・水:80ml、塩:小さじ1、昆布茶:小さじ1/4
を混ぜた中に5分ほど浸けてしんなりさせたの。


菜の花のアクセントに桜の花と
サーモンのお刺身の花芯に


お好みのお醤油で食べてくださいね。




雛人形2

ムフフ、お雛さま。
お店で見つけて一目惚れ~☆




皆様の応援が励みになります!(^^)!
〈3箇所〉のポチよろしくお願いします☆ 

                          にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
                          にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


 この記事へのコメント 

はるさん~こんばんは♪
お天気どうですか?
ニュースで拝見!大変そうですね・・何事もありませんように。
おお、おおお!
大人で小粋な1品ですね♪
センスがきらり♪
菜の花の昆布シメの上には桜の塩漬け~素敵♪
どこぞやの料亭の1品みたいですよ。
とっても美味しそうです~昆布の香りがたまらんね(^^

昨夜はこっちも凄かった!
こうして春になってくね(^^
いつもいつも、有難う~感謝。
はるさん
そちらは吹雪いているみたいですね。
こちらは早朝に、雷と強風で嵐でした。

お料理はそれを感じさせない、春色で春のほろ苦い芽吹きのあじですね。^0^
昆布で締めて、気品も感じるわ!

蕪と桜の花。
ふんわり桜の香りに、にっこりしそう。

misyaさん こんばんは(^^♪

すっごい荒天なのよ。
今季一番の大荒れ、強風で停電になってしまわないか
心配しちゃった。

皆さんのところにお邪魔させていただくと
可愛いお雛さまのちらし寿司とかあってうっとり。
とりあえず桜の花で彩ってみたの。

明日はもう金曜、時間がビュンビュン過ぎてく!
この調子で早く“春”がやって来るといいなあ。
 こんばんは~
はるさんも菜の花でしたか(*^o^*)
昆布〆、よく聞くんですが
こんな風にして作るんですね。
魚の昆布〆も同じかなぁ?
カブもまだ採れるので
うちでも出来そう。
桜の花は塩漬けかな?

 やっぱりそちらは
大変なお天気みたいですね。
こちらも風は強いですが
雲ひとつなくて星が綺麗でした(☆ω☆)
みなづきさん  こんばんは(^^♪

こちらは、この冬一番の大荒れの天気です。
今は小康状態だけど夜半からまた吹雪らしいの。

とりあえず気分だけは春らしくと思って
菜の花と桜の花で楽しんでみたの(*^^*)
芽吹きの味、確かにそうですね。

桜の花、豊かな香りで気分が安らぎます。
showycricketさん こんばんは(^^♪

そうなんです、菜の花、お揃いでした(*^^*)
でも showycricketさんのは菜園で採れたものだから
味わいは全然違うと思いますよ。

菜の花の昆布締め、乙な味ですよ。
カイワレ菜もサッとゆでて昆布締めにすると
爽やかな辛さが楽しめておいしいです。

魚の昆布〆もほぼ同様に作れます。
魚の時は身にほんの少し塩を振ったものを使うと
美味しいような気がします。

この桜の花は市販のものです。
八重桜を摘んで自分でも作るのですが既に消費。
今年もまた作ろうっと(*^^*)

こちらは今季一番の荒れ模様です。
明日の午後まで続くらしいんです。
停電になっているところもあるらしいので
落ち着きません。
こんばんは~
一つ飛ばして、こちらからまずコメントを!
菜の花を昆布締めするんですね~♪
大根も昆布茶を使って、しっかりうま味を入れてから、桜の花の塩漬け!綺麗~~~☆
サーモンの彩と菜の花、大根の白と桜の花のピンク!
すっかりお雛様気分です。
自然光でなくても、バックの黒のコントラストでとても綺麗な仕上がりです。
「寂蓮法師」あの「村雨の~」を歌った歌人なのですね。
一目惚れ、分かります!とても可愛いお雛様ですね^0^
半日くらい放置すると味がしみ込むってくだりを読んだら、
食べるのも半日くらいかけたいですね!無理だけどw
一瞬でなくなりそうです、菜の花昆布じめおいしそう。
これが1,2分で作れれば毎朝ごはんにだすのですがw
おっしゃれ~♪
さっすが、はるさん♪
ですが・・・
おひな様が気になって・・・(^∧^)
ぼやっと写ってるのおひな様違う?見せて、見せて!
はっきり見せて!
って思ってたら最後に、じゃ~~ん!

可愛い~~!!!!!
こんにちは、はるさん
お天気、どうでしょうか ニュースを見て心配しています
3月になって、ここ大津は春らしくなって来ましたが
日本列島の大きさをあらためて感じますね

はるさん、寒さに負けず、桃の節句のすてきなお料理
春らしい色味ですね 菜の花が良いですね

お雛様も可愛らしい、一目惚れ~ですか 納得です
masakohimeさん こんにちは(^^♪

昆布の旨みと菜の花の苦みが上手くマッチして
とっても好きな味なの。
これをベースに辛し和えや胡麻和えにすると
格別なおいしさ‥な気がする~♪

ごめん、これカブ♪
大根より口あたりがなめらかなので使ってみたの。
この季節、桜の花があると食卓が華やいで楽しい。

ね、一目惚れしちゃうでしょ(*^^*)
百人一首の札にちょこんと並んで‥
思わず胸キュン!って古いかぁ‥?
てかとさん こんにちは(^^♪

う~ん、おおまけに負けて3時間!
これが妥協点かなあ。
やはりじんわりしみ込んだ旨みはおいしいです♪

前夜に昆布茶をサッと混ぜて冷蔵庫へ、
これだと簡単に朝食で楽しめると思います。
ikuko119さん こんにちは(^^♪

本当のことを言うとね‥
このお雛さまを披露したいためのレシピ‥だったの(*^^*)
あはは‥不純な動機でごめ~ん♪

すっごくすっごく小さくて何とも言ない可愛らしさ!(^^)!
もう一目惚れ~☆
ヨッシィーさん こんにちは(^^♪

ご心配いただきありがとうございます。
昨日は終日、猛吹雪で湿雪が30センチ積もりました。
札幌は比較的、影響は少ないのですが、
幹線道路でも高い峠道や海沿いの国道は通行止めが多数。
TVの報道よりも厳しいような気がしています。

はい(*^^*)
桃の節句に合わせ、簡単におつまみを作りました。
菜の花の苦みと昆布の旨み、これは日本酒ですね。

お雛さま、とっても小さくて愛らしいのです。
百人一首の札に置かれているのもいい感じです(*^^*)
はるさん、こんばんは♪

菜の花の昆布締め、作ってみたかったの
わ~はるさんの食卓に早くも春が訪れましたね
盛り付けも素敵♡
お雛様の一目惚れ、うんうんわかります
お雛様と一緒に日本酒で乾杯したいです

雪どうですか?
連日の報道で心配しています
早く雪の嵐が通り過ぎますように
しろくまさん こんばんは(^^♪

土地柄、いろんな種類の昆布をいただくことがあって
幸せなことに贅沢に使うことができるの。
魚類はもちろんだけど菜の花の昆布締めは大好きなの(^.^)
あと変わったところではね、“貝割れ菜”!
サッと熱湯をかけて水けをきって昆布で〆るの、
ほんのり辛みがあって美味しいの。
お醤油をかけてそのまま食べても、すしネタの1品にも。

お雛さま、心を奪われるとはこのことなのかなあ。
小さきものは皆美し‥かな。

夕方を過ぎてから、お天気が落ち着きました。
雪の量も風の強さも今季一番!
これほどひどいとは思っていなかったので焦った~!
ありがとうございます。
考えたら寝る前にしこんで朝いただけば8時間はいけますね
夕飯のあとにでも昆布じめすればよさそう。
参考になりました!
てかとさん こんばんは(^^♪

菜の花のほかに、“カイワレ大根”の昆布締めも
美味しいんです。
根を切り落としてざるに並べ、熱湯を回しかけ水切り、
菜の花と同様に昆布締めにします。
ほんの少しのお醤油か麺つゆでいただきます。
すしネタとしても使えます。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード