≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 “ スケソウダラ ” の 「 かまぼこ 」 

昨日も今日も、室蘭の海は釣り人へ穏やかに微笑んだらしい。

土曜、日曜の荒れよう…よほど普段の行いが悪いのだろうか…

         ・*:.。..。.:*・    ・*:.。..。.:*・    ・*:.。..。.:*・

本日は『スケソウダラのかまぼこ』に挑戦。

以前ギスカジカ”で「かまぼこを作りました。
   ↑ここをクリックすると見られます。  

無謀なことに調味料の量も適当なまま、フードプロセッサーに任せたら「かまぼこ」に
なるものだと勝手に思いこんでいました

ただ、スケソウダラの身は弾性が少ないようなので…ちょっと調べてみました。

・新鮮な身を使わないとプリッとした仕上がりにならない。
・身を水にさらすことによって固まりを妨げる物質が溶け出す。
なかなか気むずかしそうな魚です。

かまぼこ準備1 かまぼこ準備2

とりあえず、20分ほど水にさらしてみました。

きっちり水分を絞ったモノが右の写真(これで100グラム)です。

材 料
・水にさらして水分を取った状態の身を100グラム。
・片栗粉10グラム、塩3グラム、砂糖2グラム、卵白1個分。

これをフードプロセッサーに入れて、30秒~40秒混ぜます。

          ☆     ☆     ☆ 

まず、プレーンな「かまぼこ」を作ってみることに。

かまぼこ蒸し

すり身状にした物を紙の容器に入れス、チームクッカーの底に2センチほど水を入れ
蒸しました。(少量なので簡単に作ろうと思って…)    
               
かまぼこ

蒸した物を冷水に取り、薄く切ってワサビ醤油でいただきました。

あっさりと上品な味のかまぼこができました。

ただ、3グラムの食塩は少し多いかも、あまり減らすとプリプリ感がなくなるようなので
加減が難しいなぁと思いました。

          ☆     ☆     ☆ 

次は、揚げたかまぼこ。

かまぼこ揚げ

すり身に、青ネギと干し小エビを混ぜ小判型に成形、低温の油でゆっくりと揚げてみました。
外側のエビが焦げやすく、真っ黒に…ムッ。

揚げかまぼこ

これも、香ばしく美味しくできました。

蒸すより簡単かもしれません。

中に入れる具で色々な味と出会えるので楽しいと思います。

         ・*:.。..。.:*・    ・*:.。..。.:*・    ・*:.。..。.:*・

スケソウダラのかまぼこ、市販品とは全く違うお味でした。
懐かしいというか、子どもの頃食べた「かまぼこ」はこんな味だったような気がします。

でも、まだまだ食感など改良の余地がありそう。勉強しなくては。

で、はるさんは考えた…どんなお魚さんでも「かまぼこ」は作れるのだろうか?
たとえば、“カレイ”“フクラギ”はどうなのかしら?“ヒラメ”は?

まず、今年もたくさん釣らないとね(^^;)

    


ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

 はるさん、おはようございます。

 早速のご紹介、大変参考になります。
 スケソウのおいしい食仕方は難しそうですね。
 やはり”手間”をかけるのがポイントのようですね。
 先日の話に出た「山芋ミックス」にも興味があります。
 週末「仕入れ」が出来たら挑戦してみます。

 さて、ここ二日。通勤中に見える噴火湾、太平洋。
実に穏やか。エントの煙も垂直で絶好の釣り日和の様子です。
 週末も凪いでくれると良いですね^^
Gaさん こんばんは

“スケソ”の釣りたてを「昆布締め」にすると、弱点の
水っぽさが解消され、刺身はもちろん、2日ほど締めた
身はフライや天ぷらにすると美味しかったです。

スケソのすり身の「つなぎ」は、卵白がベストのようです。
山芋をいれると「はんぺん」のようになります。茹でたては
ふわふわなのでお鍋に入れると良いかも。

いずれも、まだまだ検討課題が…。
我が家も在庫切れなので、凪の日を狙って「仕入れ」に
行こうと思っています。
スケソウダラは、なじみがなくて分かりませんが、以前、エソという魚で、かまぼこを作ったことがあります。中に入れるのは、塩と水だけでしたが、プリップリになりましたよ。ポイントは水なんだとか!水分を足したら柔らかくなってしまうと思いきや、なぜか弾力が増してきました。下手に片栗粉などを入れない方が良いようです。
魚種が違うので、同じようにはならないかもしれませんが、ご参考までに。。。
コッツウォルズハニーさん こんばんは

「塩」と「水」がポイントですか!?
ついつい、つなぎに何か入れなくてはと思いがちですが
確かに、“カジカ”の時は格別なことをしなくても
プリンプリンになりました。

魚によって違うのかもしれませんが、
またスケソウダラを釣ってきて色々試してみたいと
思います。

素材に対してシンプルに向き合うことも大切かも…
ありがとうございました(^o^)

この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード