FC2ブログ
≪ 2020 01                                                2020 03 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

 ニシンの山椒漬け&カズモちゃん焼き♪ 

ニシンさんしょう48

ニシンの山椒漬け、旅番組で見たの。
ニシンと言っても生ではなくカンカンに干した“身欠きにしん”を
山椒の葉と醤油だれに漬け込んで作るの。

会津地方に伝わる郷土料理なのだそう、
ふるさとの留萌(るもい)方面はかつてニシン漁で栄えた所、
なのにこの食べ方はしていなかったので興味津々。

自己流だけど作ってみた~♪
炊き立てのご飯に合うのはもちろん、これは日本酒でしょう。



準備1

材 料(当座分)
* 身欠きにしん ‥200g程度
* 漬けだれ ‥醤油:300ml・煮切った日本酒:300ml
* 山椒の葉 ‥たくさん
* 山椒の実 ‥あればで良いです



身欠きにしん
         身欠きにしん   (浜本商店:留萌市沖見町3丁目)

身欠きニシンは冷蔵技術がまだ発達していない頃、
大量の鰊を日本各地に流通させるため、干物に加工したもの。
こちらでは馴染みぶかい「ニシン漬け」、「ニシンの昆布巻き」の
材料でもあるんです。
脂が浮いていない、このように干しあがったものが上級品なの。




準備2

作り方は、上記の材料を交互に保存容器に入れ
醤油だれを注いで冷蔵庫で休ませるだけ。
好みの柔らかさになったら出来上がり。

本来は身欠きの姿で醤油だれに漬け込むらしいの
でも気が短いもんで‥待てない!
なのでカットした状態のものを使ったの。




かずもちゃんかずもちゃん2

留萌(るもい)つながりで、
3度目の登場になります、ゆるキャラの「KAZUMOちゃん」。
25歳1児の母。背中におんぶされているのは「ワカコ」ちゃん。




カズモちゃん2新カズモちゃん1

このたび、留萌の高校生によって誕生した “カズモちゃん焼き”。
先日の「るもい・うまいもの市」で購入。
細部まで作りこんであって‥すごい!




チャイブの花
       チャイブの花       (札幌北区・百合が原公園)



皆様の応援が励みになります!(^^)!
〈3箇所〉のポチよろしくお願いします☆ 

                          にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
                          にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


 この記事へのコメント 

はるさん、こんにちは。
いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

ニシンの山椒漬け、とても美味しそうですね。
これは間違いなく美味しいでしょうね。
ご飯とお酒、どちらでも相性抜群ですね。

全部ポチッと応援です。
こんにちは!

身欠きにしんの醤油だれ戻しは
旨みを吸い込んで激ウマに仕上がりそうですね!(笑)
これは日本酒が飲みたくなるなぁ!

そして山椒の実で舌もビリビリと痺れる刺激も楽しめそうですね(笑)

日ハムは昨日の長~い試合で7連勝!(嬉)
いよいよ今夜は首位を奪取!?
では、また~
こんにちは
 身欠きにしんに
 たれをつけて
 寝かせるだけでいいの
 小骨が多い魚だけど
 大丈夫なのですか
 山椒の葉や茎が入っているので.
  ピリ辛仕上げ
   チビリト

   一杯
  
こんにちは

身欠きニシン、縁がない食材です。
京都ではにしんそばで使いますが、
手間と時間が掛かりそうで、
自分で作ろうという気にはなりません。

ニシンの山椒漬けは、何日くらい漬け込むのでしょうか。
山椒以外でも風味付けできそうな気がしています。
会津の郷土料理にニシンもあったのか・・・。
これは味わったことないな。
地元スーパーの鮮魚コーナーで見かけないから、
ニシンはレア魚に近いw
まぐろのほうが多いとかどんだけなのか。
そのしょうゆだれで漬け込む調理、
すでに小さくカットしてあるもので作ると
完成が早いんですね。
俺ならよくわからんので塩ふって焼いておしまいだったかもw
ぼんじょるのさん こんにちは(^^♪

上等の身欠きにしんが手に入ったら
一度作ってみたかったレシピです。
春を告げる魚と芽吹いたばかりの山椒の葉
「季節の出会いもの」は相性がとっても良いです。

いつも応援、ありがとうございます。
こんにちは♪

この前、従姉妹が山椒の木を買ってきてて
「家にあるのにまた買ったん?」ってきくと
「家の山椒は実がならへんねん、なので実のつく山椒買ってん」っていってた。
へ~って思ったんだけど、
山椒の実の季節かな~?

カズモちゃん焼き、可愛い(^_^)v
テツさん こんにちは(^^♪

身欠きにしんが北前船で会津まで運ばれ
そこで生まれた料理のようです。
留萌ではこのような料理には出会わなかったです。

ピリリとした山椒と味わい深いニシンの味、
日本酒がすすむこと間違いなしです。

昨日の試合、最初は5点もリードされ、もはやダメかと‥
最後の最後まで目が離せませんでした(^.^)
勝った日は、夜のニュースのスポーツコーナーが楽しい♪
nemoさん こんにちは(^^♪

はい、たれにつけて山椒の葉と寝かせるだけです。
本当は半身を漬け込んで身が柔らかくなったところで
腹骨を取り除いてからカットして供します。
ただ、それだと出来上がりまで時間がかかるので
せっかちな性分の私はカットして漬け込みました。
家族には丁寧に小骨を取って食卓に出しますが
わたしはそのままパクリと食べちゃいます。
山椒の香りがとてもよく、ご飯もお酒もすすみます。
仁平さん こんにちは(^^♪

京都で身欠きニシンを使った料理と言えば
にしんそばに乗ってる甘露煮のイメージです。
米のとぎ汁に1~2日つけ柔らかくして使うのですが
最近は半生の「ソフト身欠き」を使っているところが
多いと聞きました。

山椒漬けは3日目くらいから食べられますけど
あとは好みの柔らかさになるまでといった感じです。
山椒以外‥ちょっと思い浮かびません‥
逆にこのタレで加熱したお肉を漬け込むのもありかも♪
てかとさん こんにちは(^^♪

身欠きにしんは、北前船で会津まで運ばれたようです。
会津では山椒漬け、京都では甘露煮にしてにしんそば。
食の文化は素敵です。

こちらでは鮮度の良いものは刺身でも売られていますが
焼き魚等は小骨が多いので人気がありません。
鮮度が落ちるのが早いので糠漬けに加工したりして
本州に出荷されているのもあるみたい。

身欠きにしんはかなりかたいです。
なので早く食べたくて小さくカットしました。
そのまま焼いては食べられません。
はるさん^^
ヾ(ゝc_,・。)コンチワ!!

身欠きにしんってあるのですね☆
初めてみました^^

日干しにして脂がないニシン
美味しそう~~~~♪

それを更に漬けておくのですね♡
どんなお味になるんだろ~~~♡

kazumoちゃん美味しそう~
高校生作ったのですね♡

最後のチャイブのお花もとっても綺麗です♡
こんにちは、はるさん
ニシンの山椒漬け、北海道の料理かと思ったら
会津地方でしたか 身欠きにしんを使っているから
北海道ではないのかな 京都も身欠きにしんを使った
ニシン蕎麦が有名ですからね
作るならカットした方が良いでしょね

ゆるキャラの「KAZUMOちゃん」をモチーフにした
「カズモちゃん焼き」ですか
餡子よりおかずが入っている方がピッタリしませんか
ikukoさん こんにちは(^^♪

うちの山椒は葉っぱだけの木。
何でも雄と雌の木が2本無いと実が付かないって。
実が付く山椒の木、欲しいなあ。
こちらでは今時期、一瞬しか店頭に並ばないし、
片手に乗る量で500円は高いよね。

カズモちゃん焼き、あまりの可愛らしさについ買っちゃった。
あんこは苦手だけどさっぱりしてておいしかったよ(*^^*)
mauloaさん こんにちは(^^♪

体調が良くない中、お訪ねくださって感謝です。
ムリしないでくださいね。

あまり馴染みのない食材かもしれませんね。
京都のにしん蕎麦はこのニシンを柔らかく戻し、
ゆっくり炊いたものが乗っているんですよ。
いまは「ソフト身欠き」という少し柔らかめのものを
使っていてるみたいだけどね。

少し濃い味付けでご飯にも日本酒にもよく合う味、
山椒の香りがとっても良いの(*^^*)

ご当地キャラの「KAZUMOちゃん」
これを機にもう少し有名になると良いなあ。

チャイブ、こんなに可愛いお花をつけるのね。
ヨッシィーさん こんにちは(^^♪

身欠きにしんは北前船で会津や京都に運ばれたようです。
日持ちがするのとカサがないので運搬には好都合だったようです。
北海道は身欠きにしんを大根や人参と麹で漬けた
「ニシン漬け」が冬の食卓に欠かせないのですが、
この山椒漬けはごく一部で作られていただけだと聞きました。

留萌には「豚ちゃん焼き」というのがあって、
https://pucchi.net/hokkaido/foods/rumoi-butachanyaki.php
カレー風味のピロシキのような餡が入っているんです。
ソウルフード的な存在なので、これに寄せるわけには
行かなかったのかもしれません。
甘さ控えめの粒あん、おいしかったです(*^^*)
はるさん~こんばんは♪
渋いね!
これは間違いなく美味しいでしょ!
山椒好きにはたまらないよ・・香りが良いんだろうな(^^
我が家も山椒の実の醤油漬け、作って保存してるよ。
実だけだからちょっと寂しいけどね(笑)
熱々炊きたてごはんに乗っけて、ニシンと山椒の実と!
たまらんよ(^^

カズモちゃんって言うんだね♪
可愛いねぇ、これはつい買ってしまうのわかるわ(^^
チャイブの花の可憐だこと♪
まじまじ拝見したのは初めて、素敵だね♪
なんかそのまんまもかえって不安で、結局トライしましたよ。
いまいちだったけど(爆)
いつも有難う~感謝。
水分補給お忘れなく(^^
はるさん
こんばんは。♪

身欠き鰊は昆布と一緒に、こちらにも運ばれていたと思います。
今は見かけない高級な鰊の山椒漬け、想像するだけで。^^
山椒の実と葉がある、今ならではですね。

カズモちゃん、覚えてる。
カズモちゃん焼きになったのね。♪

こんばんは、はるさん
福井県の小浜に「カレー焼あかお」と言うお店があって
そこに中がカレーと言う今川焼があります
昔、小浜で食べてびっくりしました
https://www.excite.co.jp/news/article/E1530522103442/

そうでしたか、おかず(カレー)が入っている今川焼は
各地にあるのですね
おかずパン(焼きそばパンなど)の発想から来ているのかな
misyaさん こんばんは(^^♪

身欠きにしん、マニアックな食材でゴメンね(^.^)
家で育ている山椒はフサフサ、良いニシンも入手、
旅番組で見て、一度作ってみたかったの。
作り方は簡単なのだけど
出来上がりを待てずにちょいちょいお味見~♪
いかんよネ(*^^*)
熱いご飯にのせると山椒が豊かに香って素敵なの。
たまらないよ。

カズモちゃん、地元ではけっこう人気者~♪
(たまにバナナに間違えられてしょげてるらしいけど)
お焼きがまた可愛らしくてイベントでは大人気!
チャイブ、こんなにたくさん咲いてると壮観。

misyaさんの頑張りにいっぱい元気をもらったよ。
心の声を聴きながら頑張るしかないよね。
でも、スーッと霧が晴れたように解決する時が来るから!
みなづきさん こんばんは(^^♪

そうでした、大阪は北前船の始発港でもあり
最終到着港でもあるんですよね。

運ばれた昆布は「だし文化」の礎を築いたと言われていて
北海道民は鼻が高いのです(*^^*)

ニシンの山椒漬け、ちょうど良いタイミングで材料が揃い、
念願がかないました。

カズモちゃん、覚えていてくださって嬉しい♪
高校生が考えたカズモちゃん焼き、
イベントでしか販売されないのだけど、応援したい。
ヨッシィーさん こんばんは(^^♪

「豚ちゃん焼き」もかなり珍しいと思っていましたが
中にカレーが入った「カレー焼き」があるなんて(*^^*)

福井県の小浜と言えば、オバマ大統領の登場で
一躍、有名になったところですね。

札幌にはクロワッサン生地の鯛焼き屋さんがあるのですが
ハンバーグが入ったものもあるようなんです。
いろいろさがしてみると楽しそうですね。
ありがとうございます。
お母さんなゆるキャラと言うのもめずらいいですねえ。
背中にお子さん背負ってるのも微笑ましいものです(^_^)
ジャムさん おはようございます(^^♪

ああ、言われて見るとそうですね。
お母さんゆるキャラって、他にはいないかも!
「ワカコちゃん」とっても可愛いんですよ(^.^)
そのまま焼いては食べられないほど固い食材と聞いて。
しょうゆだれで漬け込むのは味つけだけでなくて、
固いニシンを戻すって意味もあるんですね。
写真だとこいつは固い、ってわからなかったので
勉強になりました。
てかとさん  こんばんは(^^♪

ご紹介した身欠きにしん、
折るとポキンと音がするほどかたいんです。
北海道のソールフード「ニシン漬け」「昆布巻き」に
使う時は、米のとぎ汁に2日ほど浸して柔らかくします。
ただ、この「山椒漬け」は直に醤油だれに漬け込んで
作るようです。
最近は「ソフト身欠き」というのがあって
こちらは半生のにしんで扱いやすいです。
こんにちは~
かなり出遅れて、次の記事がでちゃった…
身欠ニシン、身近な魚ではなく自分では料理したことがありません。お正月の昆布巻か、市販の煮物だけ。それも数えるほどです。
こうして長時間水分に漬け込むことで、柔らかく食べられるようになるのですね~☆
山椒の葉をたっぷり!山椒ってどうしても実が主役で、葉は飾りのようにしか使われない。こうしてたっぷりの葉を使って漬け込む料理があることにビックリしています。
日本酒のつまみに、よく合うのわかります^^

カズモちゃん、TVで見かけましたよ~
でも、お菓子のほうが興味津々^^

チャイブ、ハーブですよね。
イタリア料理などで、細い葉がサーモンなどの上にほんの少し飾られていて、「上に乗っているのはチャイブの葉です」なんて、説明を受けています。
こんな綺麗な花が咲くのなら、栽培したい。
動くものは「息子さん撮影」ですか~^0^
masakohimeさん こんばんは(^^♪

身欠きにしんと大根やキャベツを漬け込んだ
「ニシン漬け」はこちらの冬の食卓には欠かせないの。
このニシン漬けや昆布巻きに使う時は米のとぎ汁に浸けて
柔らかくしてから使うけど、この山椒漬けはそのまま。
ちょっとこれにはビックリでした。
山椒の葉と実の香りがとっても良くて日本酒にピッタリ♪
北海道のにしんが北前船で会津まで運ばれて
こんな素敵なお料理になっているのは感慨深いです(*'▽')

カズモちゃん、あさイチ・ためしてガッテンに出演したとか。
このお焼きは、つぶあん入りでおいしかったよ。

チャイブの花はハーブ園で見つけたの。
それがね、アサツキの花にそっくり!区別がつかないかも。
とってもチャーミングなお花でした♪
そう!反射神経が鈍って(言い訳‥)、動くものはムリ!

お詫び:先日の「牛すじのカレー炒め」にいただいたコメントの返信を前ページ「ボロネーゼ」に書いてしまいました。
本日、訂正いたしました、ごめんなさい。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード