FC2ブログ
≪ 2021 03                                                2021 05 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 魅惑のハリッサとカレーパウダーでクンパッポンカリー♪ 

harissa 117c

レシピブログ×ハウス食品さんから届いた新製品のスパイス、
今日のパートナーは、地中海生まれの調味料「魅惑のハリッサ」。

魅惑のハリッサとカレーパウダーと合わせて作ったのは、
タイ風の海老と卵のカレー炒め、“クンパッポンカリー”。

ハリッサの複雑な香味とカレーパウダーの豊かな味わい
エスニックな味の中に広がる海老と卵のまろやかさは最高♪




ハリッサ
       ハウス 魅惑のハリッサ

唐辛子ベースの地中海生まれの調味料。
クミン、ガーリックやコリアンダーの複雑なスパイスの香り♪

鶏のから揚げや餃子に合わせたり、炒め物など、
「食欲をそそるやみつき感」が魅力なの。




材料大

【クンパッポンカリーの材料(2人分)】
・ ブラックタイガー(冷凍) ‥6尾 →唐揚げ用の片栗粉:小さじ1強、揚げ油
・ 玉ねぎ(厚めのスライス) ‥1/3個分
・ セロリの茎(斜め切り) ‥1/2本 →葉は飾り用に少々
・ ニラ(3cm幅にカット) ‥10g
・ にんにく(みじん切り) ‥3g(1/2片)
・ 炒め用オイル ‥小さじ2


① 野菜はそれぞれカットし、海老は片栗粉を薄くまぶして、
  油温170℃で、から揚げにしておきます。




たれ卵液0

<合わせ調味料>
・ ハウス 魅惑のハリッサ ‥小さじ2~3
・ カレーパウダー ‥小さじ1/2~小さじ1
・ オイスターソース ‥小さじ2
・ ナンプラー ‥小さじ2/3 →または麺つゆ(3倍):小さじ2/3
・ 砂糖 ‥小さじ1
・ シャンタン(ペースト) ‥小さじ1
・ 水 ‥100ml

<卵液>
・ 卵 ‥2個
・ 生クリーム ‥大さじ2 →または牛乳:大さじ4
・ 水 ‥大さじ2 →牛乳を使うときは不要です



         
準備あ

② フライパンにオイルを入れ、にんにく、玉ねぎ、セロリを炒めます。
③ 合わせ調味料を加えさらに炒め、味をなじませます。




準備い

④ 卵液をフライパンの外側からまわしかけ最後は中央に注ぎます。
⑤ 全体をゆするように動かし、優しく加熱します。




準備う

⑥ さっくりかき混ぜ、揚げた海老とニラを加え馴染ませます。



ハリッサ126☆小

ココナツミルクを使うのが定番らしいの、
少し残ってた生クリームで代用しちゃった。


前はレシピどおりに調味料を揃えていたけれど、
おうちごはんだもの、手持ちの材料でいいよね。




【「新ペーストでやみつきの風味 おいしさ広がる簡単レシピ」
 レシピブログさまのモニター参加中】

やみつき風味の簡単料理レシピ
やみつき風味の簡単料理レシピ  スパイスレシピ検索



                          にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
                          にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ



 この記事へのコメント 

こんにちは

魅惑のハリッサには、カレーに共通するスパイスが含まれるので、
カレーにアレンジするのはなるほどと思いました。
海老と玉子のカレーは知りませんでしたが、
一般的なカレーよりも、エスニック風味に合いそう。

周りに散らしたセロリの葉、
彩りだけでなく、その苦みが薬味として楽しめそうです。
はるさん、こんにちは。
いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

ハウスさん、ハリッサを出しているのですね。
知りませんでした。

ハリッサの活かし方、とても魅力的ですね。
お写真からも美味しさが伝わってきます。
私も作ってみたくなりました。

全部ポチッと応援です。
タマゴの雰囲気がとってもおいしそうです
ん~~~~ こういうのも良いですね ^^

タイ風との事ですが、 最初中華? って思っちゃいました。
エビもいいな~~~~ また買ってこようかな ^^

  駐在おやじ
こんにちは!
「魅惑のハリッサ」を使って、タイ風カレーですね♪
確かにココナッツミルクで作ったら、本格的になりそう!
カレーのスパイスとかぶっているからこそ、カレーにピッタリなのでしょうね。
優しい卵の甘みとエビ旨味のコラボがとても良く合いますね。
ナンプラーがなかったら、麺つゆで(かなり爆笑)^^
ナンプラーの香りや癖が気になる人には、おすすめアイデアです。

「魅惑のハリッサ」料理の調味料に少し加えたら、新しい味に出会えそうです^0^
仁平さん こんにちは(^^♪

はじめはハリッサだけで仕上げようと思ったのですが、
あと一押しが足りないような気がしてカレー粉投入♪
日本のカレーのイメージとは少し遠い味わいですが、
ちょっとクセになる味わいです。
タイでは蟹で作る“プーパッポンカリー”が主流、
大人の事情で海老になりました(*^^*)

タイ料理とだとパクチーが定番と思うのですが、
どうにも苦手、セロリの葉にしちゃいました。
ぼんじょるのさん こんにちは(^^♪

そうなの、ハウスさんからハリッサ。
昨年、ずいぶん話題になりましたよね。
刺激や辛さが穏やかなので色々使えそう。
チューブタイプなので使いやすいです。
いつものお料理に少し加えるだけで
華やかな味が楽しめるのは嬉しいです。

いつも応援、ありがとうございます。
駐在おやじさん こんにちは(^^♪

世の中にはまだまだ知らない調味料や料理が
あるのだなあと、つくづく感じています。
カレーに溶き卵!? ちょっとびっくりですが
まろやかな味が楽しいです。

そう、タイのお料理です。
日本人がイメージするトロっとしたカレーとは
全く違うのですけど抜群においしかったです。
masakohimeさん こんにちは(^^♪

ウププ、やっぱりナンプラーの代わりに
麺つゆは無理があったか(*^^*)
でも、わりと常備してない方が多いのと
やっぱりあの匂いが苦手な人もいて、
何とかしなくてはと思ったの。
ココナツミルク、大さじ2杯は悩ましい量、
もっと大量に必要なら買いに行ったんだけど。

魅惑のハリッサは他社のものに比べると
スパイシーさ、辛さが穏やかな印象。
カレーパウダーと合わせたら華やかな味、
日本のカレーとは全然違うけどおいしい♪
大雪の中でニンニク、ニラ入りのタイ料理は元気が出ます。
タイ料理が冬の北海道に会うのも珍しいですね
くんざんさん こんばんは(^^♪

寒い季節はにんにく、ニラは元気が出ます。
春の一番ニラは甘くておいしいです。
函館の近くの知内(しりうち)町の特産で
ここは北島三郎さんの故郷です。

北海道の平らな屋根は「無落雪屋根」と言います。
積もった雪に耐えられる設計になっています。
おはようございます♪

クンパッポンカリー?
初めて聞いた。
実年齢は充分なんだけど
知ってることは小学生?もっと・・・?
いつも教えてもらってありがとうございます(*^^)v
そのレシピにでてくるハリッサってのがそもそもキッチンにないやつでした。
たぶん普通の家庭には料理のさしすせそ?くらいしかないというか。
なお、せとそはわからないから調べなおしたけど、
せ(しょ)うゆとかみそとかずるいと思いました。
それはいいとしてタイのカレー料理って日本みたくどろっとしてないんですねえ。完全に別物って感じでおもしろいですね。
ikukoさん こんにちは(^^♪

本場タイでは「蟹」を使ったプーパッポンカリーが
良く食べられているんですって。
大人の事情でエビを使ったクンパッポンカレーに♪
クンはトムヤムクンのクン、多分、海老のこと。
カレーの風味を卵でとじるってちょっとびっくり。
トロトロしてなくて日本のカレーとは違うけど
多分みんな好きな味だと思うなあ(*^^*)
てかとさん こんにちは(^^♪

ハリッサは昨年、話題になった調味料なの。
満を持してハウスさんから販売されたというわけ。
カレーっぽいスパイシーさと辛さがあって
餃子につけたりから揚げにつけてもおいしいです。
無くても困らないけどあると食事の幅が広がる
気がします(*^^*)
カレーと言っても日本のものとはだいぶ違います。
卵でとじるカレーもイケますよ。
魅惑のハリッサ。
スパイシーな調味料なんですかね。
カレー作るのに入れるといいのかもしれませんね。

海老と卵のカリー炒め。
タイ風というのがいいですね。
ご飯がすすみそうです。
CLIMB_AGAINさん こんばんは(^^♪

ハリッサは昨年、メディア等で紹介され
話題になった調味料なんですよ。
複雑なスパイシーな感じと辛さが魅力です。
餃子や鶏のから揚げに添えた食べ方が
紹介されていました。

カレーを卵でとじるなんて初めてです。
日本のカレーのイメージからは遠いのですが
まろやかなうま味があっておいしかったです。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード