fc2ブログ
≪ 2024 03                                                2024 05 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -

 シャトルシェフ(真空保温調理器)で鮎のコンフィ♪ 

鮎のコンフィ96 正

 鮎、塩焼きが一番おいしいのは重々、承知しているけれど、
 どうしても作ってみたかったのが、

 鮎のコンフィ♪

 コンフィとは油に食材を浸してじっくりと煮るフランス料理の製法、
 「じっくりと煮る部分」はシャトルシェフにお任せ。
 
 手探りしながら作ったけど、
 まずまずの出来、身がふんわり、鮎の苦みも楽しめて大満足♪

 <真空保温調理器シャトルシェフ:サーモス>
 短時間、沸騰させた調理鍋を保温容器にセットして保温し、
 余熱で食材に火を通す『保温調理』ができる調理器具です。




準備1-11

<材料:鮎1尾分>
・鮎 ‥1尾
・彩りの野菜 ‥フリルレタス、セロリのピクルス
<下準備>
・濃いめの塩水 ‥水:80ml、塩:小さじ2~
・香味野菜 ‥セロリの葉、にんにくスライス:少量
<オイル煮の準備>
・オリーブオイル ‥50ml~60ml
・香味野菜 ‥セロリの葉、にんにくスライス:少量
・輪切り唐辛子 ‥お好みで


① 鮎はさっと水洗いして、キッチンペーパーなどで水気をふき取り
  <下準備>の材料を入れたビニール袋に入れ冷蔵庫へ。(半日~一晩)
② 休ませた鮎を取り出し、キッチンペーパーなどで水気を取り、
  チャック付きのビニール袋に入れ、<オイル煮>の材料を注ぎます。



オイル64

③ シャトルシェフの専用調理鍋に湯を沸かし、湯温を85℃~90℃にして、
  ②が浸かるように入れます。→浮いてくるときは皿などをかぶせます。
④ 本体の保温容器にセットしてフタをし、2時間から3時間そのまま置きます。
  →途中、大きく温度が下がったら再加熱して③の湯温を保ちます。



オイル②大

 出来上がり♪
 ただ、ちょっとリアルすぎって思ってこの後、
 食卓に出す前に表面をバーナーで炙ってみたの。




ほぐし

 お行儀が悪いけど、加熱状態をお見せしようと思って、
 優しく火が通ってふっくらした身、伝わるといいな。



鮎のコンフィ103-450

 一足早い、夏休みの自由研究?
 どんな風になるのかなって、久々にワクワクがいっぱい。

 次は鶏肉で作ってみようかな。

 



                          にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
                          にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


 この記事へのコメント 

確かにそのままだとちょっと食べるのはね。
あぶって正解だったと思うよ。
先に焼いてからシャトルシェフしたのかと思ったもの。

やっと工事も終わって静かになるし
マイペースに過ごせるね。
こんにちは。

焼き目が付くと、食欲が出ますね(笑)
魚には、焼き目が必要なのかしらね。

ふっくらした身になってますね。

調べてみたら、毎年どこかで鮎の塩焼きを頂いてるのよね。
でもヤナに行ってない~~~
鮎のお刺身、塩焼き、鮎のフライ、甘露煮と・・・
コンフィも美味しそうですね♪
こんにちは!

アユの身がふんわり柔らかいのが映像でわかります!
そっか、コンフィは油がもったいなくて
作れなかったけれど
こうして、真空にしたら少量の油で作れますね!

そうそう、肉も魚も焦げ目が大切~☆
火が通っているとわかっていても、焦げ目がないと
生のようで美味しく見えないからね^^

綺麗な焼色とふんわりしっとりの身が~たまらない!

今度鶏肉でと書いてありましたが
私も胸肉で、コンフィではないけれど作って見よう。
とても参考になりました。
ありがとうございます^0^
はるさん
こんにちわ。^^/

身がふっくらした鮎のコンフィ、そのままでもよいけど炙った方もよいね。
出来上がりの拘り、作り手には大切かもって思った。
シャトルシェフがあると、オイルが少なくていいね。

偶然、昨日砂ずりで挑戦したの。
オイルたっぷりで・・・。
次回、まねっこしたい!

わんわんママさん こんにちは(^^♪

そうなの、そのままだと見た目がね‥
やっぱり、焼き目をつけるの正解だったね(*^^*)
鶏肉だとさっと表面に焼き色を付けてから
作ると良いかも。

静かになる‥と思いきや
・隣家の取り壊し、2軒分‥8月2日まで
・近くのマンションの大規模修繕が終わって
 鉄鋼の解体がガシャン
早く終わんないかしら。お昼寝できないよ。 
ヒツジのとっとちゃん こんにちは(^^♪

やはり、さっと炙って良かったみたい。
あまりリアルだと食べにくいものね。

下準備で付けた塩味が良い塩梅、
焼いた時とは違ったふっくらした味がおいしい。

主人が岐阜出身なので頻繁にはムリだけど墓参に。
長良川のそばの「すぎ山」に泊まって鵜飼いを見てから
鮎のフルコースを堪能♪
でもね、あまり苦手なものはないのですけど
鮎の背越しは美味しかったけど、お刺身と「うるか」は‥
次はいつ行けるかな。
masakohimeさん こんにちは(^^♪

あはは、オイルをケチったことバレてましたね。
コンフィを作ると使うオイルの量がすごくて
あまりほかに使いまわすレシピも炒め物くらい?
このようにすると少量でも大丈夫なのは嬉しい。

そのまま盛りつけても良いかなと思ったけど、
やっぱり少し焼き目をつけて正解だったかな。
美味しそうに見えるって大切だもんね。

このあと、鶏肉や砂肝でも作ってみたの。
下味をつけるって大事だなあと感じたよ。
全然でき上りが違うの。
みなづきさん こんにちは(^^♪

できあがり、少し迷ったけどやっぱり焼こうかと。
見ためと味わいの加減、難しいね。

シャトルシェフ、使うほど便利さが増してくるよ、
電気代も上がってるし長く煮る料理には助かるの。

わたしも、ただいま砂肝調理中。
昨日のうちに塩こしょうをして準備していたの。
もうすぐでき上るかな(*^^*)
こんにちは。


「すぎ山」さんですか!1
我が家も・・・目の前に岐阜城が見えますし、長良川鵜飼いもしっかりとですよね。
岐阜城を見ながら、客室の露天風呂から・・・
とってもステキです。
長方形の岩風呂、温泉が熱くて・・・

食事も鮎から飛騨牛やら
鮎の活き作り・・アノ姿を見ると・・・コワイよね。

ああ~~またすぎ山で泊まりたいわぁ~~
ヒツジのとっとちゃん こんばんは(^^♪

「すぎ山」さん、鵜飼いを見るには絶好のお宿。
とっとちゃん、きっと泊まられたことがおありかと(*^^*)
一番最初に泊まったのはちょうど今頃。
鵜飼いを見ながら鮎のフルコースを堪能♪
せっかく獲った獲物を人間に横取りされてちょっと気の毒。
朝食の鮎の一夜干しが絶品で、売店で買ってきました。

岐阜城ではリスさんの餌やり‥ちょっと怖かったな。
瓢箪のお土産を買ってきたような。

いつもは、セントレア→金山→岐阜。
時間に余裕があったら、東京から新幹線→名古屋→岐阜も
良いかもね、そうしたら東京駅が見られる♪
はるさん、こんばんは。
いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

鮎が大好きなので目が釘付けになりました。
コンフィ、とても美味しそうですね。
私も作ってみたくなりました。

全部ポチッと応援です。
ぼんじょるのさん こんばんは(^^♪

鮎おいしいですよね。
塩焼きが一番と思いますが、
一度、コンフィを作ってみたかったの(*^^*)

下味をしっかりつけたことでほど良い塩味、
身もふわっとしておいしかったです。

いつも応援、ありがとうございます。
こんにちは

鮎のコンフィ、シャトルシェフをしっかり活用していますね。
じっくり加熱して、焦げ目を付けて風味アップ。
フリルレタスなどと合わせた盛り付けで、
より美味しさがアップしていそうです。

低温調理器は持っていますが、
使い道はほぼワンパターン。
新しいものにチャレンジしてみたくなりました。
仁平さん こんばんは(^^♪

シャトルシェフを使うとオリーブオイルも節約、
電気代も節約と一石二鳥♪
なかなか使い勝手が良いです。

鮎のコンフィ、味は良かったけれど見た目が‥
せめてと思い、フリルレタス、セロリで彩りを(*^^*)

低温調理、同じように下味をつけて加熱した砂肝も、
適度な食感でとても気に入っています。
今時、魚屋で頭付の魚を見ることが少なくなりました。鮎と鰯ぐらいになりました。早く食べておかないと食べられなくなります。
鮎のコンフィ、美味しそうですね。
つけ添えのお野菜が、色合いよく
まるで泳いでいるようにも見えました。
くんざんさん  こんばんは(^^♪

魚屋さんが丸のままの魚は売れないって言ってました。
匂いがイヤ、内臓の処理がイヤ、生ごみが出るのがイヤ、
そんなところでしょうか。
「尾頭付き」そのうち死語になってしまいそう。
ジャムさん こんばんは(^^♪

泳いでいるようにも見える‥
ひとつひとつの言葉を大切にする
ジャムさんならではのコメント、
嬉しいです。
おはようございます♪

鮎、昔、主人の父がたくさん釣ってきて
お寿司にしてくれたことを思い出しました。
それがさ、とても美味しくて・・・。
もう食べれないけどね(^-^;

リアル?そっか・・・
確かに焼き目がある方が食欲が出てくるね♪
ikukoさん こんばんは(^^♪

わあ、鮎のお寿司、なんて贅沢なんだろ♪
しかも釣りたての超新鮮な鮎なら味は抜群だよね。
こちらではあまり獲れないから結構、貴重品、
なので塩焼き以外の料理を楽しむ余裕があまりないよ。

いざ盛りつけようとして‥見た目が‥
そのままでも良かったけどちょっと気を使っちゃった(*^^*)
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード