≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 陶芸ギャラリー & 船長だより 

船長、ついに今年初の“鮭”ゲットと相成りました(^O^)。

昨日、船のエンジン等の整備が終わっていざ出港…が…波が高く断念。
満を持して本日は日の出と共に鮭の跳ねを探して出発。

11時までは全く当たりがなく、いや~な展開に「ボーズ」の文字がチラチラ(-_-;)。
その後なんとか粘って3匹を釣り上げ帰港したと連絡が。

1尾はオス、他の2匹は不明…?。
だいたいは顔つき、ヒレで判別するのですが、「メスだと思うけど…ちょっと」と
言う感じなんだそう。
とうとう鮭の世界にもニューハーフが出現!?

明朝、ひと流しして帰宅するそう。
包丁を研いで待っていようと思います\(^o^)/。


         ☆        ☆        ☆


今日は、陶芸教室の「窯出し」。
生徒さんたちの作品をご披露したいと思います。


マーブル

黒土と京都の白土を混ぜて作陶、削っていくとマーブル模様が出現します。
どのような模様になるのかは神のみぞ知る…といったところです。


青いらぼ

わら灰マットという釉薬に青伊羅保(いらぼ)系の釉薬を筆で落としました。
アンダースリップという現象でこのようにタレ~とした具合になります。


鉄赤

かなりのインパクトですね。
「鉄赤」という薬で酸化第二鉄が主原料です。
窯の中は若干の温度むらがあるので入れる場所によって表情が変わります。


面取りコップ

黒土をザックリと湯のみ状に作り、生乾きの時に包丁で面取りに仕上げました。
作られたのは別々の方で年齢差は20歳以上、これが陶芸の面白いところです(^^)。


カマの中

窯の中。
こんな風に段組みをして作品を並べて焼きます。


ネコー1

思わず、可愛い~!
陶芸用のシールを転写した作品です。
絵を書くのが苦手な人もこれなら楽チンです。


ネコー2

このネコさん、今回初めて購入したので大人気です。
1250度の高熱で焼き付けるシールで、様々なデザインがあります。


コーヒーカップ

それぞれの特徴が出ているコーヒーカップ。
世界でただひとつだけのマイカップ、皆さん嬉しそうでした。


絵の具で彩色の皿

陶芸用の「絵の具」で彩色したお皿。
専用の「絵の具のり」で溶いて使用、なかなかよい感じに発色しました。


皿

黒土を平らに伸ばし、ガーゼを押し当て模様をつけ、釉薬を薄掛けにしたり
筆で書いたりのバリエーションを楽しんだ作品。


         ☆        ☆        ☆


生徒さんたちの「陶芸ギャラリー」。
お付き合い下さってありがとうございます。お楽しみいただけたでしょうか。

毎週限られた時間の中での作陶なので大変ですが、皆さん熱心に楽しんでおられます。
拙い作品かもしれませんが、それぞれにとっては「宝物」です。

きっと今頃は家族に自慢しているに違いありません(^^)。


    

ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさんこんばんは!

鮭のニューハーフ??
結果はどうだったのでしょう??
ゲットですね(^0^)

陶芸もいつかしたい!!てずーと思っていたのです。
私はるさんも習われてると思っていたのですが・・
先生なんですね!!すみません・・・今更

すごい(^0^)♪
生徒さんの作品もどれもすごいお上手で本当に買いたいくらい
素敵な作品ですよね(^-^)

それにしてもはるさんすごいです(@^-^@)
おはようございます♪
お土産の鮭はもう届いた??
鮭界のニューハーフどんなだろう??
筋子と白子どっちも入ってたら、なお嬉し♪

私もはるさん、生徒さんかと思っていました~~
(いろんな顔を持つはるさんにビックリ)
最近すっごく興味があるんです。陶芸に。。。
どれも素敵な作品ですね!
優しいはるさんのもとで習いたいなぁ~
はるひさん 初めまして~^^
くま子と申します♪

陶芸いいですね
私もだいぶ前ですが焼いたことありますv(^-^)v
こんなに上手ではありませんが…^^;;
焼き物を見るのも大好きなんですよ~
はるひさんのお料理も拝見しました~
と~っても美味しそうで、
すぐに作りたくなるメニューがイッパイ♪
お魚料理はレパートリーが少ないので
ぜひ参考にさせてくださいね(*^-^)b
どうぞよろしくお願いします。
凄い!力作ぞろいですね~♪
以前若かりし頃、陶芸を習ってたんですが・・・
記念の作品を残せないまま^^;
はるさんの所で、修行しなおしたいですww

ニューハーフの鮭
楽しみにしております^^v
自分で作った陶器で飲んだり食べたり
最高ですね^^
こんばんは

うちの船長さん、もう1泊して頑張ってくるので
結果はまだ不明なんです(-_-;)。
とりあえず、数日は鮭で楽しめそうです。

センスが抜群に素晴らしいマルクさんなら陶芸に
向いているのではと思います(^^)。
作った料理を自作の陶器に盛り付ける…もう、感動です!

ただ…ハマると…虜になってしまうのでコワイです(^^)。
こんばんは

鮭が届くのはもう数時間後です。
今日はオス1本、小さなメス1本上げたそうです。
普通は鮭の顔で判別するのですが、どうなんでしょうね。

筋子なら、醤油漬け、塩イクラ。
白子なら、下味をつけて燻製にしようかと思っています。

陶芸、楽しいですよ。
もう、始めて20年くらいたちます。
プクママさんは趣きのある作品ができそうですね。
思っているより多分手強いと思いますけど、機会があったら
ぜひ、経験してみてください(^O^)。

わたしの指導…意外とビシビシ厳しかったりして(-_-;)。
くま子さん はじめまして(^O^)
遊びに来てくださってうれしいです。

陶芸を始めて20年になります。
いろいろ経て、今は小学校で週1回陶芸教室を
やっています。
陶芸をされたことがあるのですか、楽しいですよね。
習いたて、始めての作品に、自分で採ってきた山菜を
料理して盛りつけた時の感動は忘れられません(*^_^*)。

魚料理、釣ってきた魚が主なんですが楽しんでいます。
ここしばらくは、鮭料理が続くかもです。
これからもよろしくお願いします。
こんばんは

陶芸をされていたのですか、楽しいけれど結構手強いですよね。
それに、作り手の“生き方”まで問われているような気がして…
なかなか、大変です。

船長がもう1日粘ると頑張って…
結果がわかるのは数時間後です。
メスだとイクラの醤油漬けがお腹いっぱい食べられるのですけど(*^_^*)
“ネコさんシール”の器、可愛いでしょう!?

おっしゃるとおり、自作の器に手料理を盛り付ける、
至上の幸せです(^^♪
はるさんさん、こんにちは。
陶芸、私ももっとやってみたいと思うときもあるのですが、一つ心配なのは、作品の置き場のことです。意欲的に取り組めば取り組むだけ、作品ができてきますよね。腕が上がれば大きなお皿などにも挑戦したくなるでしょう。家の中が陶器だらけになりませんか? 如何に稚拙なものといえ、自分で作ったものには愛着があるでしょうし、捨てることもできないのでは?
皆さんどうしていらっしゃるんでしょうか。
はるさんさんのように名人になれば売ることもできるでしょうが。

むかし、私の父が定年後に始めた油絵で、一時、家中が素人油絵だらけになったことがありました。

昨日、UH-1の体験搭乗してきました。爽快でした。
おはようございます

体験搭乗、楽しかったようで良かったですね(^^♪。
わたしも一度だけ乗ったことがありますが、離陸時と着陸時は
結構手に汗握ってました。
こんな大きなモノがいきなり垂直に飛び上がるなんて!?

陶芸の作品の保管場所ですか、主に押入れや流し台の下ですね。
季節ごとに入れ替えしたり、来客時に取り出したりします。
確かにどの作品も愛着があって捨てられませんね。
好きではなかった色合いの作品と数年ぶり対面して「あら、素敵な色」と
感じたり、あまりにも拙い出来でしまい込んでいた作品を見て「この歪みも
厚みもなかなか味があってよろしい」なんて感じるのも楽しいです。
(もっとも、これは歳を重ねたせいでもありますが…)

陶芸は、一つの作品が出来上がるのにいろいろな工程があって、手にする
まで時間がかかるので、負担になるほどは増えて行かないのではと思います。
ただ、アナゴさんは興味をもつとトコトンのめり込んでしまうタイプでは?
取り憑かれると、寝食を忘れてしまうほど魅力的なのでコワイですよ~(^O^)。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード