≪ 2017 09                                                2017 11 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 あわよくば … が泡と消え … “ 芋棒 ” を煮る 

「 スケソウダラ 」 が釣りたくて、船長ともどもウズウズ (^^)。

悪天候続きで、なかなか上手いこと行くません。
そんなわけで、ずっと天気図とにらめっこ。
う~ん、なんか、「 水曜(7日)は風が落ちて良い感じかも。 」

風景ー2

あわよくば !!  スケソウダラ大漁 =3

が、夢と消えた、北西の強風。
対岸の工場群の煙も真横に一直線 (^_^;)。

「 俺達が働いているときに、抜け駆けは許さんよ~! 」
風に乗って…どこからか聞こえてきたような…気が。



        ☆       ☆       ☆


先日、義母が送ってくれた 「 里芋 」。
「 棒鱈 」 と一緒に炊く、“ 芋棒 ” というお料理があるのだそう。


寒干し

昨年、こんな風にベランダで干した棒鱈。

ほとんどはカナヅチで叩いて、身をムシっておつまみになります。
冷凍しておいたのがあったので、早速 “ うるかす ”(水につける)ことに。

“ うるかす ” って北海道弁だったのね。標準語だと思ってた (^_^;)。
ご飯がこびりついたお茶碗をうるかす … とか、硬いものを水で柔らかくする時に
使うんだけど …。


戻したもの

2日間水を変えながら “ うるかした状態 ”。

カラカラになっていたのがこんなにツヤツヤに。
(ウロコはタワシでゴシゴシこすり取りました)


芋棒

“芋 棒”

初めはお砂糖と日本酒、醤油少々で煮て、魚が柔らかくなったら醤油を足して
更にコトコト煮ました。
仕上げにみりんをほんの少し加えて出来上がり。

みかんの皮の千切りをパラリ。 
自作の鉢に盛り付けました。

本物を食べたことがないので、少し違っているかも…
何日も手をかけて作り上げたお味は、里芋にスケソウの旨みが染みこんで、
なんとも贅沢な美味しさでした。



        ☆       ☆       ☆


風景ー3

気温-0度。
風があるので指がちぎれるほどの冷たさ。
カモメも頭をすっぽり体に入れて風をしのいでいました。

室蘭滞在は、24時間。
空っぽのクーラーを抱えて寂しく帰って来ました。
途中、圧雪状態の路面もあって片道3時間半かかりました。
あ~ぁ…冬道は “ ゆるくないしょ !! ”。


     


ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ 
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさんこんばんは!

私・・・・棒鱈は大好きです!
母がお正月になるとコトコト・・炊くあの味!

炊きたくても何だか難しいので、敷居が高いです(;^-^)
それに高い!!!!
なのに、はるさんとここんなに、沢山の棒鱈ちゃん(^-^)
見ているだけでうっとりです(@^-^@)

里芋と炊くのははじめてです!あのねっとり里芋と合わせて
すごく美味しそうです♪
おはようございます♪
「うるかす」ってそういう意味だったのね。
「うるかす」=「潤う」って感じなのかな?

棒鱈は食べたことないかも~。
カチンコチンの棒鱈もうるかすとこんなに艶っ艶に戻るんだね。
芋棒と言うお料理も初めて聞きました。
手間暇がかかった分、美味しさも倍増でしょうね。

次回は大漁となるといいね(^^)v♪
こんにちは(^^

スケソウダラ大漁は、、、夢と消えてしまいました(><
残念です。
でも、棒鱈があるんですね!これまた懐かしい食材♪
実家にいた頃はむしって食べてましたねぇ、、、マヨネーズと一味つけて(^^
見ていると、なんだか無性に食べたくなって、、、酒が飲みたくなります(笑

芋棒もとっても美味しそう♪
これもまた酒の肴に、、、、(^^

そうそう、「うるかす」って方言でしたね!
東京ではなかなか聞かない言葉です(^^
すご~い!!
こんなにタラが大量にあればいもぼうも
たくさん作れますね~!

毎年おせちに入れるものですが
なんせタラが高級品で!
ほぼ芋だけの煮ものです(^^;)

今は韓国のタラのスープにもはまってますが
か~なり細かく裂いて使ってま~す!!
わ~毎回初めての物がてんこ盛りで楽しくなります~♪
なになに?うるかす??
なるほど~お肌をうるかす、ではダメ?^m^
潤うっていうイメージのある言葉ですね(*^-^)b

棒鱈も初めて見ましたよ~
金槌で叩いて食べるなんて斬新!
食べてみたい~お酒も進みそうですね~( ´艸`)

芋棒 美味しそうです!
私も昨夜、里芋と厚揚げと挽き肉を煮転がしてみましたv(^-^)v
ん~冬の味♪♪
棒鱈は、こちらではご馳走♪
ゆっくり「うるかした」鱈は美味しいでしょうえね~♡
うふっ、私もうるかすって初めて聞きましたw

次回の大漁、祈っています^^v
こんばんは

あらっ? “芋棒”って京都のお料理だと思ってました。
本来は「海老芋」と「鱈の干物」で作るらしいです。

鱈がお芋の煮くずれを防ぎ、お芋の成分が鱈を柔らかくする
ともに助け合って美味しくなるので『夫婦炊き』とも
いわれる-と、さっき調べました(^_^;)。

棒鱈を炊くのは、とても手間ヒマがかかるお料理ですね。
ホントにコトコト。ずっとコトコト。
こちらではこんなに乾燥したものは、炊いたりしないで
ガシガシ叩いて、ムシって唐辛子マヨでおつまみが多いです。

北国の人は“短気”なのかな(^^)。
namuhatimanndaibosatu,,,

sikero-sikero-sikero---^^;

kikoeteimasitaka!!@@!

 週末はよさげですね。
私もオイル交換でもしようと思っております^^ 
こんばんは

やっぱり“うるかす”は北海道弁だったのね。
ずっと標準語だと…(^_^;)。
どちらかというと「うるかす」=「ふやかす」カモです。

こんなにカチンコチンの棒鱈は売ってないかも。
サッと干して、冷凍にしたものはスーパーで売ってますけど。
コチラでは寒干しにしたものを叩いて唐辛子マヨで食べることが
多いです。(お酒に合うんですよ~(^^♪)

海沿いの道を走っていると、軒先に何本もぶら下がっている
お家があって、「ここの人も釣りをするのかしら~?」とか
思っちゃいます。

昨年は海が荒れた日が多くて、12月は1度も船を出せずでした。
なんとか重いクーラーを担いで帰宅したいです(^O^)。
こんばんは

棒鱈、マンションでは叩く所がないのが悩みの種…!?
硬い床がないのと結構音が響くのでムリなのです。
干し上げるには、ベランダは便利なんですけどね。

今はおいしい珍味類がたくさんあるけれど、この地味目の
味わいは捨てがたいなあと思います。

処変わればで、クッキングパパに登場した“盆タラ”には
さすがにビックリしました!!
こんばんは

なんか、適当に作ったのでお恥ずかしいです。
里芋を使った料理を検索するうちに“芋棒”を発見。
ちょうど冷凍庫に干した鱈があったので作ってみました。

使ったタラは、スケソウダラですがそちらでは高級品の
マダラの干物を使うらしいですね。

コチラでは里芋が採れないのであまり身近な食材では
無いのですが、ねっとりして美味しいですね。

春になると白老の虎杖浜(こじょうはま)というところで
“すきみ”という、とっても塩辛い干物を作っています。
漬物に入れて味出しに使うのですが、「プゴ?プゴク?」
にも入れると聞いたことがあります(^O^)。
こんばんは

うるかすはどっちかというと「ふやかす」に近いかも(^^)。
硬いものを柔らかくする時に使うことが多いです。

ずっと標準語だと思ってたの。
先日、本州から来た人に言ったら「???」で(^_^;)。

カラカラに干したスケソウダラを金槌でバコ~ン=3
とってもワイルドなおつまみです(^^♪。

芋棒、初めて作りました。
とっても時間と手間がかかる食べ物で上品なお味でした。
バコ~ンと一撃で食べてしまう…北海道人って…?
こんばんは

こちらの棒鱈は「スケソウダラ」でタラコの「おっかさん」です。
そちらのは「マダラ」を干したものではないでしょうか?

クッキングパパに日田地方の“盆タラ”という、タラの胃とエラの
部分を煮込んだ料理が紹介されていました。

“うるかす”やっぱり…(^_^;)。

次は大漁めざして頑張りますよ~!
でもね、今年はとっても寒い冬の始まりなのよ~。
明日の札幌の最低気温がマイナス7度だって!!
信じられない!!
こんばんは

やっぱり 風に乗って聞こえてきたのは…船長の声でしたか!?
そういえば…対岸から聞こえてきたような\(^o^)/。

日々刻々と天気予報が変わっていて、状況判断が難しいです。
冬場は高速を使っても2時間はかかるし…
「地元の人が羨ましい!」とボヤキっぱなしのうちの船長です。
今晩は。
「うるかす」は岩手でも使ってました。
なかなか標準語でぴったりの言葉に置き換えにくいニュアンスがありますよね。

「金槌でたたいておつまみに」でコマイを思い出しましたよ。

広島など瀬戸内では、「デビラ」、「デベラ」と呼ばれるカレイの干物があって、やはり金槌でたたいて酒のつまみにするのです。けっこうなお値段してます。
http://www.d3.dion.ne.jp/~shouji/sub205.htm
棒鱈の乾燥したのをハンマーでたたき
ちぎってはマヨネーズ、七味唐辛子、醤油を少々
それをツマミにビールを飲む、自分にとっては
冬の楽しみ方の一つですね。
こんばんは

「うるかす」って、ずっと標準語だと思ってました。

「かまかす」=かき混ぜる。
東京にいるときに、うっかり「コーヒーかまかして」って言ったら、
「かまかす」はお風呂とかを混ぜる時にしか使わないよ!!。
たいそう、下品な娘っ子だと思われたようです(^_^;)。

「デビラ」、「デベラ」!?
ウルトラ怪獣に居そうな名前ですね。
こちらでも、マガレイやスナガレイをカラカラに干してムシって食べます。
そう、買うと高価です。

この干したカレイを小さく切って、キャベツと大根と麹で漬けることもあって、
乳酸菌の効果なのか骨まで柔らかくなります。
こんばんは

やった~!! やっと同好の士に会えた(^^)。
スケソを叩いて…ムシって…を知らない人が多くて。
素朴な味がして美味しですよね~♪。

このムシったものを、麺つゆを3倍くらいに薄めたものと
日本酒を混ぜた中に唐辛子を入れ、1日ほど浸け込むと
またまた、お酒のツマミに最高です\(^o^)/。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード