≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 カジカの “ ギョロッケ ” 

“ ギョロッケ ” ‥ 魚のコロッケなのでそう呼ぶのだそうです ♪

初めて知ったのは、我が愛読書「 クッキングパパ 」。
佐賀県の唐津のB級グルメとしても有名なんだとか。

なんとそのギョロッケ、北海道にもあったのです。
今年の静内(しずない)の桜まつりに登場した “ カジカのギョロッケ ”。

さっそくマネッコして作ってみました( ^_-)-☆



        ☆☆‥‥‥‥☆☆       ☆☆‥‥‥‥☆☆

      
ギョロッケ

どうみても、普通のコロッケだわね ~! !

でも、中身は先日釣った “ ギスカジカ ”。
ザクッ、モッチリ、美味しくできました \(^o^)/



すり身

= すり身の作り方 =
・ギスカジカは3枚におろし、ブツ切りにします。
・200グラムの身に対し、
 塩    5グラム
 砂糖  10グラム
 卵白   1個分
 片栗粉  大さじ1弱
・初めに、カジカの身だけをフードプロセッサーで1分ほど混ぜます。
・調味料をすべて加え、さらにフープロで2分ほど混ぜます。



中身

ギョロッケに入れたのは、コーン、枝豆、人参、玉葱のみじん切り。
人参だけは白だし少々を振りかけてレンジで加熱しました。



準備

フードプロセッサーで作ったすり身に、上記の具を混ぜます。
前回の揚げ蒲鉾の時に具が少なかったので多めに入れることに (^_-)-☆

6等分にして形よくまとめます。



準備2

・小麦粉を全体にまぶして、天ぷら粉を溶いたものにくぐらせます。
・たっぷりのパン粉の中に入れ、まとめます。

160度の低温で3~4分揚げ、最後に高温でパッリッっと仕上げます。
(もう少し平らに作った時はもう少し短めの時間で)

天ぷら粉を使うと手間がかからず、とっても簡単。
“カツ”を揚げるときもこの方法で揚げちゃいます 。

ズボラでしょうか ‥ !?
でも、この簡単さ、一度知ったら‥やめられません (^^)



ギョロッケ2

念願の、カット場面です。

さあ、どうだ、と言いたいトコですが ‥ 具が片寄っちゃった (^_^;)

お味はもう最高です !!
どうしてこの “ ギョロッケ ”、世の中に広がらないの!?と
思っちゃうほど。

市販のすり身でも美味しく作れると思います。
お好みで、ケチャップや甘味噌をつけても美味しいです♪



        ☆☆‥‥‥‥☆☆       ☆☆‥‥‥‥☆☆


今日は名残りの 「 わらび 」 を採りに行って来ました。
早春の頃と比べると、ヨモギやヨシの背丈が猛烈に高くて歩くのは大変。

それでも、まずまずの収穫 (^^)
ただ ‥ 明日は絶対 ‥ 筋肉痛だわ ~☆


山菜採り
   ワラビを採った所



ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさんこんばんは~☆

ギョロッケ!知ってる(^0^)
名前だけですがね!
魚で作るから・・てこのネーミングを聞いてナイス!て
思いました(@^-^@)

じゃが芋だけでなく、こういうのも食べてみたい~♪
なかなかスリミは作ったことないのですが、とても美味しそう!
中味も彩り綺麗ですね~!
そうそう天ぷら粉でしますよね!早いし楽♪
無駄な卵も入らないしね~
マルクさん こんばんは(^^♪

「ギョロッケ」知ってましたか~(^^)
よ~するに“すり身のフライ”ですけど、美味しかった♪
どうしてこれがもっと世の中に広がらないのか不思議!?

市販のパック入りの「すり身」でも作れると思うの、
きっと、子どもも大好きな味だよ~♡

そうそう、マルクさんも“天ぷら粉”派だったね~☆
手間も省けて便利だよね!!

おはようございます♪
「ギョロッケ」??お初に聞きました~
また、お茶目なはるさんが付けたのかと思っちゃったよ。
モチッと食感のギョロッケ気になる~~^^
衣の作り方は同じ♪
楽ちんでいいよね!!
彩もばっちり!!とってもキレイです♪

クッキングパパは、「ひとり暮らしレシピ」っていうのを持ってるんだ。
また読み返してみよう~
(ちなみに、ギョロッケはのってなかった)

わらび、いいなぁ~
新鮮な海の幸・山の幸を食べれる環境にいるはるさん宅
羨ましい~~
こんにちは(^^

お!ギョロッケ♪
僕も、知ったのはクッキングパパでしたよ(^^
二人、故郷に戻るお話。

なんと、北海道にもあったんですね!ギョロッケ(^^
断面、彩りが綺麗でイイじゃないですか~♪
ホント、もっと浸透してもらいたいですよね(^^

ぽちっと応援♪
楽しい一週間になりますように(^^
魚ロッケ、聞いた事はあったんだけど
すり身で作るコロッケなのね♪
私もすり身団子は良く作るんだけど
パン粉をつけると魚ロッケか~ww
お弁当にも活躍しそうです
天ぷら粉の手法も早速いただきま~す^^v
はるさん ゴブサタしてました~^^;;
週末、遊びほうけておりました( ´艸`)

ギョロッケ!もちろん初耳です~
さつま揚げのコロッケバージョンみたいで
とっても美味しそう~♪
甘くてふっくらサックリ、ご飯にもお酒にもバッチリですね☆-( ^-゚)v
切り口の彩りのまた美しいこと!
すごくそそられます~

↓イカの煮付け、めっちゃ美味しそう(≧▽≦)
中身がきっちり詰まってて、いいお色に仕上がってますね~♪
流石はるさん!
何作っても美味しそうです~☆-( ^-゚)v
はるさん こんばんは~

「ギョロッケ」!!!!
なんてネーミングだ^_^
めちゃくちゃ食べたい食べたい☆
ヨダレがジュルりです>_<

プクママさん  こんばんは(^^♪

ギョロッケ、美味しかったよ~♪
市販のすり身でも作れるからぜひ一度お試しを!
お孫ちゃんにも気に入ってもらえると思うんだけど(^^)
フライの衣、プクママさんも同じなんだぁ‥♡
なんとなくホッ。
無精者だと思われるんじゃないかと心配してたの。

クッキングパパは単行本の他に、カテゴリー別にいろんな
本が出てるんだね。

ワラビは、7月まで採れるらしいけど‥
暖かくなると“虫”が飛び交ってもう大変。
次は、海の幸だわ~!!
あひる課長さん こんばんは(^^♪

そうなんですよ。ギョロッケ。
ずいぶん前のお話でしたけど‥ふと思い出したんです。
色々調べたら、なんと北海道にも!!

前回のかまぼこのリベンジも兼ねて、具を色々入れて
見ました。
もっと薄くしたほうが食感が良いかもデス。
静内で販売されたのは、もっと小さめで串が2本ついて
食べ歩きできるようになっていたようです。

お天気、いかがですか?
あひる課長さんも良い一週間をお過ごしくださいね。
くまりんさん こんばんは(^^♪

ギョロッケ、美味しかったよう~!!
市販のすり身でもできるから是非試してみて~♪
食感が楽しいの(^^)
うんうん、冷めても美味しかった。
お弁当にも良いかもだわ~。

天ぷら粉でフライ、簡単だよ(^_-)-☆
くま子ちゃん こんばんは(^^♪

ゴブサタ!? でしたっけ?
はるさんも遊び呆けていたので‥
それになぜか、くま子ちゃんがいつもそばにいるような
気がするんだよね~。

ギョロッケ、初耳なの!?
てっきり、九州の人はみんな食べてるのかと思ってた(^_^;)
“さつま揚げ”‥九州旅行で食べたの美味しかったなあ‥

切り口、この前のリベンジでいっぱい入れてみたよ♪
カリっムニュと美味しくできました(^_-)-☆

イカの煮付け、子が入ってたのでそのまま煮付けたら
プチプチとして美味しいこと!!
イカ飯とはまた違った美味しさで大満足(^^)
パクっと一口、ビールが進んじゃったよ♡
おヨメちゃん こんばんは(^^♪

ギョロッケ、最初にこのネーミングを考えた人って
スゴイよね(^^)

市販のすり身に好みの具を入れて、衣をつけると
簡単にできると思うよ~!
カリッとした食感と、かまぼこのムニュ感が良い感じ
美味しかったよ(^_-)-☆
ギスカジカのギョロッケ いいじゃないですかぁ
全然手抜きなんかじゃないですよ それに具が
偏ってた方が 食べる部分ごとに味が違ってて
かえって面白いじゃないですか
とってもいい出来だとおもいますよん♪

最近 ワタシのプロセッサーが泣くんです
『たまには オイラに仕事をさせてくれ』と
毎晩泣いています 
使ってあげたいんだけどねえ・・・・・
キムチ親爺さん こんばんは(^^♪

カレイを釣りに行くと、その3倍、カジカがかかるんですよ。
仕掛けを落とすとすぐにビビビ~ン!!
海の底で口を開けて待ってるんじゃないかと思っちゃいます(^_^;)
手間はかかるけど、味は良いのでこうしてすり身にすると
美味しかったです(^^)

お忙しいですものね。
プロセッサーが活躍する日が早く来ると良いですね。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード