≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 柔らか夏イカの “ イカ飯 ”  

ここ数日続いた‥猛烈な残暑も今日は一休み。
雨上がりの空気は爽やかです。


        ☆☆‥‥‥‥☆☆     ☆☆‥‥‥‥☆☆


先日の釣行、「 夏イカ 」が大漁 (^_^)v

夏イカはちょっと小ぶりで、身も薄いのです。
反面、柔らかくて甘みがたっぷりで美味しいイカです。


イカ飯

この柔らかいイカを使って、「 イカ飯 」を作りました。
春の「 マメイカのイカ飯 」 以来です。
(この時は、炊いたご飯を詰めて作りました)

・もち米を30分ほど水に浸けておきます。
・そのもち米の水を切り、イカに詰めます。
 (お米の量はイカの3分の1強です)
・煮汁は、だし醤油(めんつゆ)、日本酒、ザラメ、醤油少々。
・煮汁に、多めの昆布を入れ、沸騰させます。
・その中に、もち米を詰めたイカを入れ強火で沸騰させます。
・その後火を弱め、まず13分加熱。その後上下を返して13分加熱。
・そのまま10分ほど蒸らして出来上がりです。


イカ飯.3
   本日のランチ

はるさんの本日のランチです。
イカ飯1尾と “ 梅入り小握り ” 2コ。
イカ飯の中のお米はほんの少しなので‥ミニおにぎりを追加 ‥ (^^ゞ
(などと‥言い訳がましいことを言ってみました)
小握りの周りにはトロロ昆布をペタリ。

添えたのはレタスとエビフライ。
塩麹と花椒で漬けたキュウリ。


イカ飯.2

イカ飯の味付けは、少し甘目のほうが美味しいような気がします。
ザラメを使うとコックリとした甘さになるのでお気に入りです (^^)
みりんを使うとイカの身が硬くなるらしい?ので入れませんでした。

イカの中に詰める “ もち米 ” ‥ いつもちょっと余るので困ってたら ‥
いいことを聞いたの。
よく洗って水を切って、ご飯を炊くときに混ぜると良いんだって。
モチっとしたご飯に炊き上がるんだそう。
なるほどねぇ ‥ 明日の朝が楽しみ ~ !!


        ☆☆‥‥‥‥☆☆     ☆☆‥‥‥‥☆☆

モエレ山

前回の 「 モエレ沼公園 」 にある ‥“ モエレ山 ”。
人工の山ですが、標高62メートル。


モエレ山.2

山頂までのルートは3つ。階段をチョイス(^^)
こんなの軽~い !!
と、軽快に登りはじめたものの ‥
中盤にはすでに足がガクガク ~ (^^ゞ

階段総数、242段。
市内が一望できる素晴らしい眺望でした。
‥翌日の筋肉痛!? ‥ 言うまでもありません(~_~;)



ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

おはようございます♪
わぁっー!!
はるさんの、イカ飯だぁ!!食べたーい^^♪
夏のイカは、柔らかいんだね。
みりんを入れると硬くなっちゃうんだ!
いつも、ミニ知識ありがとう^^♪
ご飯にもち米、もっちり美味しそうだね♪

最近、ハイキングや山登りもしてみたいなぁ。。。
なんて思っていたけど、この階段登りきる自信ないかも^^;
翌日の筋肉痛、まだ若い証拠だよ(笑)

↓鮮度がいいと、サクッの食感なんだぁ!!
さすが北海道!昆布館なんてあるんだね。
ゼリーまであるのには驚いた@@
プクママさん おはようございます(^^♪
コメント♡ ありがとうございます。

プクママさん、早起きなのね~!!
さすが、働き者だわ~♪
そうなの、夏のイカは身が薄くて柔らかくて甘いの。
お刺身用に皮を剥ぐ時、力の入れ方を間違うと
ズボって穴が開いちゃう‥ことも(^^ゞ
みりんの使い方は陶芸教室に来ているママさんからの
お知恵なんだ(^^)
(なぜか陶芸をする人には料理名人が多いのよね‥?)
逆に、煮魚をするときには、煮崩れしないようにみりんを
入れるんだって☆
 
ムフフ。 筋肉痛が翌日。
よくぞ気がついてくれました(*^^*)
まだまだ、若い!?
(っていうか、運動不足なんだよね)

昆布館は函館の近くにあって、コンブ製品がズラ~っ。
珍しいトコでは、昆布の味噌漬けなんていうのも(^^)
遠いから、なかなかイケないのが困るわぁ。
もち米入りのご飯‥3合に対し大さじ1強入れたんだけど
なんとなくモチっとするような‥?
こんにちは
魚の料理、過去更新を含めて拝見いたしました。
とても参考になりました。
沖釣りが趣味で釣ったその日に魚の料理だけ自分で料理してますが、なかなか上手く作れませんね。

妻が料理大好きですが、釣り人は釣って料理して食べるまでが釣り人って言うのです。
はるさん お久しぶりです♪
またゴブサタしちゃいました~^^;

イカ飯綺麗な仕上がりですね~
もう惚れ惚れ♪
中にお米が入ってるとは言え、
これは立派にオツマミですよね(^m^)
美味しそう~~
私だったら、お握りの代わりにビール添えちゃいそう(笑)
ランチだったのでお握りだったのかな??
可愛いプレートですね^^
はるさんのイカ飯、美味しそう♡
柔らかくて、しっかり味が浸みこんでるんでしょうね

以前、イカを煮付けた煮汁は冷凍庫にとってあるの
ザラメの方が柔らかくなるのね
これも耳より情報!
はるさんの味に近づけるイカ飯が早く作ってみたいです^^v

はるさんこんばんは☆

わ~イカ飯~母が大すきで子供ころよく
作っていました。
私がするとあまり上手く出来ない(;^-^)
餅米の量も決まりがあるのね~!

ザラメてコクが出ますね!
でも、みりんが、イカは硬くなるなんて勉強になりました♪

ミニおにぎり美味しそう!トロロが最高☆

エビフライまであるの?なんて豪華なんでしょう!
また器が素敵です╰(✿´⌣`✿)╯
哲ちゃんさん。コメント✫ありがとうございます(^^♪
例年にない暑さを避け‥洋上に浮かんでおりまして‥
返信が遅くなってしまいゴメンナサイm(__)m

哲ちゃんさんの“釣り魚料理”拝見しました(^^)
さばき、調理等、お上手ですね。
こちらでは釣れる魚種が少ない(真鯛もイサキも釣れないのです)ので、
なかなかレパートリーが増えないのが悩みです。
自分で釣った魚を思うように料理するって‥楽しいです(*^^*)
くま子ちゃん おはようございます(^^♪
コメントいただいたのに、留守にしていてゴメンナサイm(__)m
例年にない暑さに札幌を脱出、室蘭の海に浮いてました。

先週、この小ぶりのイカがたくさん釣れたの(^^)
タイミングよく、義母からもち米が届いて~ラッキ~!
せっせと“イカ飯”作りに励んでます。
そうそう、これは“おつまみ”。
1杯に大さじ1のもち米しか入っていないし、甘しょっぱい
味付けだからビールにもバッチリ合うのよ~♪

ふと思いついたんだけど‥
コチュジャンで味付けたピリ辛のイカ飯‥!?
どうだろうね?

おはようございます!

あぁ~大好きなイカ飯!!
手作りできたらな~
イカを調理することがほとんど
ないのでイカ飯なんて無謀。。。
でもみりん入れたら硬くなるって
( ..)φメモメモ
柔らかいイカで作るイカ飯ホントに
美味しそうですね(^。^)
くまりんさん こんにちは(^^♪
コメント♡ ありがとうございます。

先週はイカ飯にピッタリなサイズがいっぱい釣れたの(^^)
タイミングよく義母から「もち米」が届いたし!!
山ほどイカ飯を作って“持ち寄りランチ”に持参‥大好評だったのよ~♪

“みりん”使い、ほんとビックリでしょう!?
教えてくれた人は本当に料理がお上手で、何を作っても
美味しいのよ~♪
柔らかく仕上げる時はザラメや砂糖、煮魚の身崩れを防ぎたい時は、
逆にみりんで甘みを付けると良いんだって(^^)

週末、またイカを釣ったんですけど、今回はレギューラサーズのイカがたくさん!!
今度はムッチリとしたイカ飯を作ってみようかな(*^^*)
昆布を多めに使うと美味しいよ~✫
【桃咲マルクさん】
マルクさん こんにちは(^^♪
コメント♡ありがとうございます。
週末、遊び呆けていて返信が遅くなってしまいましたm(__)m

「イカ飯」、うちの母もよく作ってくれました。
口癖は、昆布を多めに入れるのと、甘目の味付け。
まだまだ、“想い出の味”には届きませんねえ。
中に入れる「もち米」の分量も毎回悩みます。
半分より少し控えめ‥3分の1強?くらいが無難かな(^^)

「みりん」使い、本当にビックリですよね。
逆に煮魚の時はみりんを入れると、未崩れしないので良いそうなのよ。

ミニおにぎり‥お米が大好きなもので‥
マルクさんなら、きっと横に置くのは“食パン”!?
エビフライ‥は、昨夜の残りなの(^^ゞ
mikittyさん こんにちは(^^♪
コメント♡ ありがとうございます。

イカをさばくの苦手ですか‥
「ツボ抜き」済のイカが売ってるといいのにね。
甘しょっぱいタレで煮るだけなので意外と簡単なんだよ~♪
ちなみにお刺身用のイカはキッチンバサミで胴を切ってから
内蔵と足を除くと簡単です(^^)
「みりん」使いは、料理の達人さんに聞いたんだよ~✫
煮魚の時は逆に見が締まるからみりんを使ったほうが
上手にできるんだって。
機会があったらぜひ「イカ飯」に挑戦してみてね(*^^*)
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード