≪ 2017 08                                                2017 10 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 むかし食べた‥もう一つの “ いも餅 ” 

まだまだお正月のお餅が残っているのに‥
どうしても“芋餅”を作りたくなったはるさんです(^^)

思い出したんです!!
ず~っとむかし、子どもの頃‥父と母が作ってくれた“いも餅”。
いつも作る“じゃが丸”は、片栗粉をたっぷり加えて作る「いも団子」。
今日紹介するのは、正真正銘、じゃが芋だけで作る“いも餅”なんです♪

     ☆☆‥‥‥‥☆☆      ☆☆‥‥‥‥☆☆

いも餅
  “いも餅”のみたらし餡掛け
出来上がったもっちり“いも餅”にみたらし風味の餡をかけました。
みたらし餡
・醤油、麺つゆを同量混ぜたものにみりんを加えレンジで30秒ほど加熱。
・冷めたら水とき片栗粉を加え、さらに10秒ほど加熱。


準備2準備準備4
 作り方
・じゃが芋を皮付きのまま柔らかくなるまで茹でます。
 (圧力鍋だと5分弱で茹で上がります。)
・じゃが芋の粗熱が取れたら皮をむいてマッシャーで潰します。
・完全に冷めるまで置いておきます。
そして、ここからがポイント!!
本来は、この潰したじゃが芋を『すり鉢』で餅状になるまでスリスリするんです。
かなり力が要るので一人ではムリ!
だから、父と母の共同作業だったわけです(^^)
一人でも作れる方法は‥と考えて、止む無く取り出したのがフードプロセッサー。
(事情が許す人は、ぜったいに「すり鉢」で作るほうが美味しいです。)


いも餅2
こんなにツヤツヤ、もっちりな“いも餅”の出来上がりです。
フードプロセッサーを回す時間は初め5秒‥また5秒と様子を見ながら
回していきます。
そのうち少し抵抗があって右のような状態になりました。
出来上がりまで1分も回していなかったと思います。
ただし、回していてあまりにも抵抗がかかるようなら中止してくださいね
もう一つ!フープロを使うときには注意が!!
スチームクッカー等でお芋を柔らかくした時は水分が足りないようなんです。
茹でてしっとりした状態のものを使ってくだいね。


チーズ焼き
  チーズを乗せてココット焼き
この“いも餅”、こんな風にモチっとしていられるのは1時間チョット。
一番のおすすめは、出来立てを好みのお味で食べちゃうこと!

もし、余っちゃった時は‥と思い、
ちょっと一捻りしてココットに入れて焼いてみました。
チーズの下には、「塩辛」がソースの代わりに入っています。
だって、じゃが芋と塩辛って昔っからのお友達だもの♪

  チーズ焼き2
悩殺ショットに挑戦!!
まだまだ修行が足りないね。
加熱するとモチモチ感が少なくなっちゃうけど‥これはコレで有りだと思うな。


        ☆☆‥‥‥‥☆☆      ☆☆‥‥‥‥☆☆

「すり鉢」を使うと、本当になめらかな“いも餅”になるんですよ~♪
とってもやわやわなので、子どもの時はすり鉢からそのままスプーンでパクリ!
小豆、きなこ、納豆、好みのタレで食べたような気がします。

今回は「男爵いも」を使いました。
すっかり熟成されてでんぷんも十分に蓄えられた今頃に作って貰ったような‥。
だから、ふっと思い出したのかも知れません。

さあ、連休!! お天気もまずまず♪
そろそろ今年初めてのお魚さん釣りにでも行きましょうか!?


    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさんこんにちは☆

芋餅~私は食べたこと無いですが、
確かにフープロでお芋さんを回すと
すごい粘着力が出ますね!!
そうそうあのつややかな状態になります。^^

そのまま食べればよかった♪

またイカの塩辛が下に隠れてるのですか?
本当に悩殺だわ(爆)

子供の頃に食べた母の味て、今でもどんなものよりも
美味しいですよね^^
食べた感動も永遠に忘れられない~~^^

自分も子供にそんな思い出に残るものを
作れる母になりたい^^
マルクさん こんばんは(^^♪

いも餅、そのまま食べれば良かったのに~♪
ムッチリしててまるでお餅みたいなんだよ(^^)

子どもの頃、父がすり鉢を押さえて母がゴリゴリ。
「もっとしっかりと押さえて~!」
「押さえてるってば!」なんて‥
そういうのって忘れないよね。

イカの塩辛‥常備してあるの。
パスタの隠し味‥とかいい仕事してくれるのでね。
じゃが芋との相性はもう抜群だし(^^)

大丈夫!
子どもって意外としっかり受け継いでるみたいよ~♪
娘も「懐かしの味」って言ってちゃんと作ってるもの(^^)

先日のマルクさんへのコメ、名無しはわたしですm(__)m
はるさん こんばんは~

お芋をトロリとさせたいも餅
初めて知りました
お米も芋も穀物ですから
潰せばお餅になるんですね・・・なるほど
お芋はたくさんあるのでぜひ作って見たいです
イカの塩からで頂くんですね
チーズもいいな~
こんばんは(^^
寒中お見舞い申し上げます。

こういった芋餅もあるんですね♪
僕は、片栗粉を混ぜて丸めた芋餅しか知りませんでしたよ(^^

最後の悩殺ショットに悩殺されてしまいましたよ(笑
やっぱりじゃが芋と言えば塩辛、道民万歳!ですよね(^^

ぽちっと応援♪
楽しい週末になりますように(^^
きゃりあさん こんにちは(^^♪

この“いも餅”、ずっと記憶の中に閉じ込もっていたんですよ。
最近フト思い出したんです。
本来は「すり鉢」で作るものなんですが‥省略しちゃった(^_^;)

不思議なのは、“いも団子”はアツアツに片栗粉なのに、
こちらは、完全に冷えてからすり潰すのよ。

事情が許すなら、ぜひとも「すり鉢」で~♪
出来立てを食べてくださいね(^^)
あひる課長さん こんにちは(^^♪
年が明けてからずーっと真冬日更新中!!
本当に寒の中にいる感じなんですよ~!

これ、ずっと探していた“いも餅”なんです。
子ども頃よく作ってもらったんですけど‥
フープロで作るのは反則技かなあ!?と思ったけど
懐かしかったです。

残念なのはこのモッチリ感が1時間チョットしか持たないこと。
なので、あまり広く伝わらなかったのかも知れませんね。

悩殺ショット~♪
やっぱりお芋と塩辛はベストパートナー(^^)
アッという間に食べちゃいました!!

応援ありがとうございます。
あひる課長さんも良い週末をお過ごしくださいね。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード