≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 1年ぶり!“ソイ”大漁! 

全体

こんな写真のアップ、一度はやってみたかったんです。

大漁といっても、“我が家的…大漁”ですが!

ベテランの釣人さんのホームページやブログを拝見すると、たびたびこんなシーンが
登場するので、いつも“いいなあ”と思ってました。

    …………   …………   …………

どうやら、天気図やネットの波の予報を見ると、土曜日の方が波は穏やかそう。
ということで、今週は、主人が仕事から帰宅してすぐに準備をして、金曜日の夜に室蘭に移動。

土曜日、薄曇り、波は穏やか。
“宗八ガレイ”を目指して、地球岬を越えてどんどん進むも、魚群探知機に反応は全く無く、
1時間以上もウロウロ。

今週前半の情報では、かなり室蘭寄りの海域で釣れるようになったとあったのに…はて?
先日の大荒れで、どこかに行っちゃのかなあ…

“宗八ガレイ”をあきらめて、地球岬沖の“根”で、のんびり“ソイ”釣りを楽しむことに。

ソイ釣り上げ

本日のMVPはわたし。

前回のチビソイ君とは格段に違う引きの、大きな“ソイ”を釣り上げました。

始めは、“大女子(おおなご)”の冷凍をエサにしていましたが、冷凍庫に放り込んであった
“片口イワシ”を持ってきたので試しに付けたところ、ガツンとアタリが。

本当に、ソイは何でも食べるんだな。

デカソイ

体長は45センチ強でしたが、横幅が太くて重さは1.6キロくらい…

なぜ、くらいなのかというと、船に秤は積んであったのですが、めったに重量級が釣れないので、
活躍の場が無く、初めての計測に及んだ時点で、目盛りがよくわからないことに気づき、たぶん
このくらいだろうと…。

アブラコ水中

竿がグングンしなり、大物のソイかと思いきや、真っ黄色の婚姻色をした“アブラコ”が登場。

アブラコつりあげ

結構良い型の“アブラコ”に、主人もご満悦。(うれしさのあまり?小指が立ってる。)

あぶらこ

「う~ん、いい竿は“竿先のしなりが違うねえ!」
先日新調した竿の、“初デビュー”。会心の成果でした。

“アブラコ”の二段引き、という専門用語?があって、始めに食いついたときにググッ、ガツン。
少ししてまたまた、グングン、ビクンビクン。釣りごたえ満点。
なんともサービス精神旺盛なお魚です。

以前に、60㎝の大物を釣り上げましたが、お刺身で食べるならこのくらいの大きさが
身の締まりもちょうど良く、おいしいような気がします。   

         …………   …………   …………

しゃぶしゃぶ

夕飯は、“ソイ”と“アブラコ”のしゃぶしゃぶ。

あり合わせの食材で準備しましたが、なかなかいい感じ。
今話題の、高級キャベツもあるし。

しゃぶしゃぶ2

活きが良すぎて、あまり薄く切れなかったけれど、刺身とはまた違った食感で、「おいしいね」、
「ぜいたくだね」と大盛り上がり。

ビールがどんどん進んだのは、言うまでもありません。

     


ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

おめでとうv-63
沢山つれたら嬉しいよね 油子てあんなに黄色なんだね ソイは水色とグレーがかかってるね…ソイの方が美人にみえまーす
アブラコの普段の体色は茶褐色系ですよ。
黄色は婚姻色といって、産卵の頃にこんな色になります。
一説には黄変するのは雄だけと言われていますが、定かではありません。
ソイは美人系ですか…でもね、ヒレや尻ビレには鋭いとげがあって、調理する時は大変。
刺されるとすごく痛くて、ひどい時は腫れたりします(微量の毒の成分が含まれているらしい)。
すごい、ペンキかぶったみたいに黄色だーe-451
ソイもカスベも楽しみにしてます!
おはようございます。
はじめまして。

ソウハチ、土曜日はずっと東、白老でした。
科と思うと、イタンキ沖でも随分あげた船もいましたから、さがせばあちらこちらで浮いているんでしょうね。
さかなの都合は、全く分かりません(^^;
釣魚の調理が参考になります。
ソウハチの頭を残しての処理、どのようにやるのでしょう。
機会がありましたら、是非、ご紹介下さい。
KON-chanさん おはようございます。
いつも、ブログ拝見させていただいています。
我が家にとって憧れの存在の“ KON-chanさん”からのコメントに舞い上がってしまい、
思わず、仕事中の主人にメールをしそうになりました。
お尋ねの件、この欄では説明が難しいので、後日、ブログ上にアップしたいと思います。
室蘭での釣り、釣果はともかく、四季を通じて楽しんでいます。
これからもよろしくお願いします
失礼、誤変換がありました。

> 科と思うと、イタンキ沖でも
→ かと思うと、イタンキ沖でも
でした(^^;

家内は全然船酔いをしないKON-chan号のクルーには最高の体質なのですが、生き物がダメ。
犬猫はもちろん、蟻、蝶、トンボもダメ。
生きている魚がダメ。
ということで、釣りには同行してくれません。
なので、春日和号の釣行の様子がうらやましく思います。

こちらこそどうぞよろしくお願いします。
>みさん
返信遅くなり、ごめんなさい。
アブラコの黄色もビックリですが、サクラマスのプラチナに輝く魚体、陽を受けて
虹色に輝く姿もとてもきれいです。
自然が創るものは、なによりも美しいと思います。


>KON-chanさん
船酔いしない奥様、うらやましいです。
わたしは、大きなうねりの時はアウト。薬のお世話になります。
でも、一番の妙薬は「魚が釣れる」こと。
魚が大きければ大きいほど、効果抜群です。

生まれが海の近くなので、魚類は大丈夫ですが、犬や猫は苦手です。
虫類は「見なかった」ことにしています。
“イソメ”…怖いです。(囓るから)

“春日和”、室蘭デビューから4年目になります。
去年、やっと“ヒラメ”が釣れました。
今年はどんな釣行になるか、楽しみです。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード