≪ 2017 10                                                2017 12 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -

 たちカマボコ & スケソウダラの煮付け 

バタバタ!~バタバタ~!!
地に足がついたと思ったけど‥再び飛び立ったはるさんです。
体が重いのでパタパタと軽やかに行かないのが‥辛いトコ‥です(^_^;)


         ☆☆‥‥‥‥☆☆      ☆☆‥‥‥‥☆☆  

スケソの煮付け2
 スケソウダラの煮付け
本州では棒鱈を時間をかけて戻し、里芋と炊いて召し上がるそうですが‥
棒鱈じゃなくて、生のスケソウダラをお煮付けにしてみました(^^)
水分の多いお魚なので、煮付けの調味料はお酒とダシ醤油、少量のみりんだけ。


スケソの煮付け
ホクっと身離れが良いの~♪
皮のトコもちゅるんと柔らかく‥お馴染みのコラーゲンたっぷり!
付け合わせたのは、「深谷ネギ」と「たもき茸」。
一緒に煮込むんじゃなくて、グリルでこんがり焼いて煮汁を回しかけました。


             ‥‥‥‥    ‥‥‥‥

前にもお伝えしましたが、コチラではスケソウのや真鱈の白子を“たち”って
いうんです。
スケソウダラだと、「スケだち」っていうんです。

たちカマ
   たちカマ
今シーズン、スケソウダラが手に入ったら作ってみたかった「たちカマ」。
スケソウダラの白子で作った“カマボコ”なんです。
でもね、あまり良い子に恵まれなかったのと‥根性が足りず‥
若干物足りない出来(^_^;)
‥まあ、試作品ということで‥m(__)m


たちたち1
左は、80度のお湯の中で湯がき、水につけて水切りしたスケソウダラの“たち”。
右は、その“たち”を裏ごししたもの。
(実は‥玉ねぎのネットに入れ、ムギュ!!

今回使った材量
・スケソウダラの白子  150グラム
・塩     小さじ2と2分の1
・片栗粉   小さじ1


たち3たち4
裏ごしした“たち”に、分量の塩を少しづつ投入しながらスプーンで混ぜて
いきます。
混ぜていくと次第に粘性が強くなります。(ゼイゼイ)
それに負けずに混ぜ続け、片栗粉を振り入れます。手がだる~いよぅ(^_^;)
ここで反省点が‥スプーンで入れたのでダマができちゃったのです!
たぶん、茶こしで振り入れるのが滑らかに作るコツなのかも。
もう少し“たち”の量が多かったらフードプロセッサーにお任せできたのになあ。

小さくまとめ、沸騰したなかで10分から15分茹でます。

またここで‥反省点が!
味見をすると、とっても塩辛いのです。
以前に教えてもらった塩の分量はもっと多かったので‥かなり控えたんですケド‥
いろいろ調べて、茹であがったものを1センチの厚さに切ってお湯で煮て塩抜き。
やっと美味しくいただけました\(^o^)/


         ☆☆‥‥‥‥☆☆      ☆☆‥‥‥‥☆☆  

たちカマ2
カマボコって、塩の量がかなりのポイントなんだと思うの。
塩辛いからと言って塩を控えるとあのプリプリの食感は生まれないし‥
もう少し片栗粉の量を増やせばよいのか‥
来年に向けての宿題だなあ~!?


    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさん こんばんは~

すけそうだらの白子のかまぼこ
プルンとしてはんぺんのように見えますね
塩を入れてかき混ぜると粘りが出てくるんですね

見るのも聞くのも初めて
これで出来ちゃうんですね
なかなか真鱈以外の白子は見かけないのですが
はるさんらしい究極の珍味ですね

鱈の昆布締めとたらこまぶし
早速頂きました。
リンクさせて頂きました
宜しくお願い致します
こんばんは♪
大雪、大変でしたね!
同じ北海道なのに、天気が違ってて
ほんとにびっくりします。

タチカマ、大好きなんで嬉しい♪
やっぱり釣ったスケダチは
マダチと変わらないくらいですね。
ホレボレ~♪
今週末岩内方面へ行く予定なので、
冷凍でもいいから仕入れて来ようと
思ってたんです。
でも実は、利尻で食べた方が美味しい気がしました。
何が違うのかなー。

素材や塩、塩加減、微妙なところなんでしょうね。
塩?塩にこだわったらどうなんでしょう?
利尻の昆布塩を使うとか。

あー、食べる専門なので、テキトーな
こと言いました(笑)
聞けそうなところ行ったら、リサーチしてみます!
はるさんこんばんは☆

私、棒鱈が大好きでした。子供の頃から~
なかなか自分では戻し方などわからず・・・
1本買おうと思うと6000円はします(;^^)
お高くて買えない~~~

生のすけそう鱈!
これも絶対に好きだわ(@^-^@)
かまぼこもなんて、滑らか~~☆
白子も大好物だし・・・
本当に食べたいものだらけだわ(笑)
おはようございます♪
スケソウダラの煮つけってお鍋ばかりで
そういえば食べたことなかったかも。
それに、白子は食べたけど身は食べてない!!
今度作ってみなくては~~

たちカマボコなんて、贅沢な一品^^
塩加減難しそうだね。
こちらも一度食べてみたいです♪
はるさん おはようございます♪

美味しそうなカマボコちゃ〜ん^_^
食べた〜い♪

↓の押し寿司もおいしそ〜>_<
あ〜はるさんのお家に住み着きたい>_<
きゃりあさん おはようございます(^^♪

鱈の昆布締め、作られたんですね~♪
リンクありがとうございます。

カマボコをプリっとさせるには“塩”の量がポイントだと
聞いたことがあるんですよ。
塩が足りないと固まらないことも‥
ただ、教えられれた通りの分量だと塩辛過ぎなの。
まだまだ、修行が必要なようです(^_^;)

そちらでは、スケソウダラは捕れないんでしょうか!?
「スケだち」もお鍋に入れると美味しんですよ。

これからおじゃまさせていただきます(^^)

Katzさん おはようございます(^^♪

久々の大雪でした~!
サラサラの雪だったので良かったですよぅ(^^)

週末は岩内までお出かけなの~♪
今がスケソウダラの最盛期、美味しい“たちカマ”が手に入ると
良いですね。
そうそう、何が違うのか美味しいとこと残念なとこがあるって
友人も言ってましたよ‥。

たちカマもそうだけど蒲鉾類ってあのプリプリ感を出すには
かなりの量の“塩”を入れるって聞いたんだけど‥
「塩出し」しないと食べられないほど‥
片栗粉をつなぎにするとかの工夫が必要なのかも!?

塩も大切よね、以前に沖縄の粟国島の塩を魚介類に使ったら
ビックリするほど美味しくなったの。
ただ、そのお値段もビックリだった~~!!!

オロロンラインを南下するのかな?
気をつけて行ってらっしゃ~い♪
マルクさん おはようございます(^^♪ 

棒鱈が1本6,000円!!
きっとそれは大きな「真鱈」を干したものじゃないでしょうか!?
コチラの棒鱈はスケソウダラでつくるもので、1本100円ほどと
庶民的なお値段なんですよ~(^^)

スケソウダラの白子、真鱈には及ばないけれど美味しいんですよ。
蒲鉾は新鮮じゃないと作れないけれど、スーパーでもたくさん
売られていて、お味噌汁に入れたり天ぷらにするんです。

そっか‥
逆に、わたしは、京都のお漬物や西京漬けが食べてみたいです(^^)

プクママさん おはようございます(^^♪ 

そうなのよ~!
なかなかスケソウダラって煮付けにする人はいないかも!?
あっさり醤油味で、旨味がとってもあって美味しいのよ~♪
ホロッと崩れる身がたまりませ~ん!

たちカマって、一時は作る人が少なくなってある意味「絶滅危惧種」。
テレビで紹介されるうちに日本海側の岩内(いわない)では方面では
冬の風物詩になったようです。
作った翌日は手がヘロヘロ!!
これはやっぱり‥買うもんだ~~\(^o^)/
おヨメちゃん おはようございます(^^♪

うん、うちの子になるかい♪
釣りや山菜採りに連れてくよ~!

ゼイゼイ言いながら作った「たちカマ」。
友人に「きたキッチン」に売ってたよ~って言われちゃた。
買ったほうが断然楽チンだわ(^^)

さんまの押し寿司、超簡単よ~!
美味し型がなくても大丈夫だから作ってみて~♪
はるさん こんにちは

蒲鉾は憧れですねぇ。是非是非上手に作ってみたい。魚のすり身ではなく、平子を使うとなると、固まらせるのがとても大変そうです。片栗粉を使うんですね。蒲鉾はやっぱり「練り」がいのちなんですかねぇ。蒲鉾と羊羹の練りはいつか身につけたいとも思いますが、職人さんがいるくらいですから夢のまた夢でしょうか。
たらの煮つけもとっても美味しそうですねぇ。ごはんとのりとこの煮つけがあったら凄く満足しちゃうな、きっと。
試作品は何回かありますよね。完成品楽しみにしてます!
はるさん 追加コメントです。
“ カキ ” を昆布締めに の記事拝読しました。
牡蠣にゆっくり火を通すあたりが僕の好みのお料理の仕方です。ん~素敵。器、かなりちゃんとした設計をしてお作りになるんですねぇ。ん~ああいう細工もできるようにならないとっておもいました。
superstringさん こんばんは(^^♪

蒲鉾、塩の量がポイントのようですね。
以前に魚のすり身で作ったんですよ。
塩の量が少ないとプリッとした食感が出ないし‥
かといってたくさん入れると塩辛いし‥
やはり難しいです(^_^;)

たちカマ、新鮮な白子じゃないと作れないんですよ。
次回にチャレンジできるかはお魚さんの都合次第です。
あまり遅くなるとお腹が空っぽになちゃうので‥アセルわ(^^)

アハハ。
すいません、押し売りしちゃってm(__)m
あの器。
友人たちから「バッカじゃな~い!!」の大コール!
本人はいたって大まじめに取り組んだんですけど‥ね。
あのゴムはカステラを均等に人数分に分けられるという
スグレモノなんですよ(^^)
たちかま。。
なんて贅沢な一品
白子がかまぼこになるなんて、考えてもみなかった!
どんな味か食べてみたいわ~♡

鱈の煮付もホッコリ美味しそう
炊きたてご飯が食べたくなりました^^v
くまりんさん こんばんは(^^♪

たちカマって、一時“絶滅危惧食品”!?だったのよ~!
テレビで取り上げられるようになって復活したの。
日本海側の岩内(いわない)という、たらこで有名な漁村で
作られているの。
たしかに手間がかかるわぁ!
翌日は手がヘロヘロ‥(^_^;)
お味は、普通の蒲鉾とはぜんぜん違うの。
もっちりとした食感でプニュっとした食感なの(^^)

煮付けは、絶品!
いつもは塩味の鍋でいただくことが多いけど、これもまた
旨みたっぷりで美味しかった~♪
珍しく昼間のショットです(^^)
はるさん、こんばんわ。
今日は雪が大変だったのでは?

すけそうだらの白子のかまぼこ ?
食べたことも見たことも有りませんが、
おいしそー。すごい力作ですね。

はるさんは私の知らない美味しい物を
たくさん知ってて、しかも手作り。
ホントにすごいです^^

ちーこさん こんにちは(^^♪

ご心配いただいてありがとうございます。
昨日は終日猛吹雪、積雪も1メーターを越えました!

「たちカマ」、本当に“力”作!!
混ぜているとだんだん固まって抵抗が出てくるので
ゼイゼイい言いながらかき混ぜました(^_^;)

日本海側の漁村の名産品なんです。
‥あまりうまく出来なかったし‥買ったほうが良いかもの
「たちカマ」でした。
いいなあタチカマ 今だ口にしたことが無いんですよねぇ
コマイでもたくさん釣れればいいんですが 今年も道南にはコマイは来ないようです
そうそう 韓国料理で「ジョン(チヂミ)」という料理があるんですが スケソの切り身を使う「トンテチヂミ」も結構美味しいですよ スケソが残ってたらゼヒお試しを
(ホンネは自分で釣ったスケソで作りたいんだぁぁぁっ!)
キムチ親爺さん こんにちは(^^♪

氷下魚、室蘭の港にもいないみたいですね。
一時、岸壁で釣れたって聞いたんですが‥
コマイの子(卵)の醤油漬けが食べたいです。

「トンテチヂミ」ですか。
そういえば韓国料理では干した鱈を使うことが
多いようですね。
一時、一世を風靡したらしい「プゴク」‥???

スケソウダラって、どこでもガーッと釣れるイメージ
でしたけど、最近はそうでもなくて‥
トロール船が根こそぎ取ってしまうんでしょかね。
ホッケに続いて、スケソまで高級魚になったら
どーしよう!!
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード