≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 かつお節のダブル使い de 明石焼き “麸う” !? 

つけスパの部門賞‥たくさんのお祝いのコメントありがとうございました。

これを励みに‥?
本日も、鰹節でお馴染みの「ヤマキ」さまとレシピブログさまのモニターコラボ企画、
「ヤマキのかつお節が決め手のレシピ」に参加させていただきます。

明石焼き‥実は一度も食べたことがないんです。
いつもテレビでうっとり眺めているだけ‥(^_^;)
こんな感じかなあっと思って、憧れも込めて作ってみました。


          ☆‥‥‥‥‥‥☆      ☆‥‥‥‥‥‥☆

明石焼き風
     明石焼き“麸う”

ポッテリ焼けた“麸”に、かつおの旨みたっぷりのおダシが絡んで美味しいの。
とっても優しいお味を楽しみました。



材料

=明石焼きの材料=

・麸      写真くらいの量(大きさによって加減してください)

 浸し液として
・卵         1コ
・豆 乳       100ml (牛乳でも可)
・チキンスープの素  小さじ3分の1(顆粒)
・白だし       小さじ2分の1‥もちろんヤマキ“割烹白だし” 

 トッピング用に
・ヤマキ“おいしいかつおマイルド削り”  お好きなだけ
・小ネギ    少々

・サラダ油   焼き用に少々



準備1準備2

左:“麸”を浸し液に漬け込み、なじませます。
  さすが“麸”です。30分ほどですっかり染み込みます。

右:フライパンを熱し、極々低温で片面2分ずつ焼いていきます。
  焦げると見栄えが悪いのでね。



明石焼き風アップ
  
焼きあがったら、ヤマキかつおマイルド削りをフワリとトッピング。
小ネギの小口切りもパラリ(^^)

本物の“明石焼き”には‥こんなトッピングはないんだけど‥
いかんせん‥“麸”。
旨みアップに活躍してもらいました\(^o^)/



つけダレ

今回のレシピ、一番力が入ったのはこのつけダレ。

 材 料

・ヤマキ、徳1番“花かつお”  20グラム
・水              500ml
・だし醤油           少々
・昆布茶            少々
・塩              少々
・みりん            少々
・三つ葉            適宜

 作り方

・鍋に水500mlを入れ沸騰させ、かつお節を入れたら火を止めます。
・2分くらいそのままにして旨味を出します。
・フキンで濾す‥といいたいところですけど、コーヒーのドリップと同様の方法で
 濾しました。(残渣が少ないので汁がキレイなの)
・調味料を入れてひと煮立ちさせたら出来上がり。
 彩りに三つ葉の小口切りを散らしました。
   
このつけ汁、よほど美味しかったのか、
食べ終わったあと、残ったものを下げようとしたら「えーっ‥」と主人(^^)
まだ余分にあるので‥シメのご飯のときにかき玉汁でも作ろうかな~♪



モニター2 かつお節の料理レシピ
かつお節の料理レシピ



          ☆‥‥‥‥‥‥☆      ☆‥‥‥‥‥‥☆

ウドの梅味噌がけ
    ウドの梅味噌がけ

先日の「梅味噌」。
不本意だったけれど‥意外と美味しくて大活躍!

ウドの根に近い、柔らかいところをボイルしたものにかけてみました。
ウドって梅にも合うし、味噌との相性も抜群。
美味しさ‥太鼓判!



    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

o(・_・= ・_・)o キョロキョロ

はるさん、無言だけど(笑)

私も先日、麸チャンプル?こんな感じでたまごに
浸して~♪
なるほどね、明石焼きみたいに出汁につけるんですね。
美味しそう!

留萌にも明石風たこやきのお店があったんですよ。
私が高校生の頃。
初めて明石焼きを食べましたが、
あの頃はまだ若かった(笑)ので、
薄味は物足りなかった記憶があります。

年はとるもんですね(笑)
はるさんすごい~これめちゃアイデアですね♡^^

お店で真似されそう!!
これは絶対美味しいしすごく良いレシピね(*´∀`*)

はるさんのアイデアいつも凄い~
そして綺麗な盛り付けにテンションも上がります♡^^

お麩いろいろ使うけど明石やきはなかった。
どこか絶対真似されると思うわ!

まさにかつおレシピだわ♪^^
出勤前です^^
関西なので明石焼きは何度か食べます。
麩で作る発想がすごい!そうきっと食感は極似なはず。

ご主人が「えぇー」って言うほど美味しかったんだ^^
その透明感のあるお出汁は関西ですね!三つ葉も。
明石焼きのお出汁はホントに美味しいんですよ。
出汁だけ何回もお代りしたいくらい、お店ではお代りできます。
兵庫県明石市の名物で、地元まで食べに行ったこともあります。
でも最近スーパーの前にできたんですよね。
Katzさん こんにちは(^^♪

見たなあ~~~!
なんだかボーっとしてて、下書きに変更するの忘れてた~!

キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ
ほかにもこの失態を見た人が‥いたかも‥(^_^;)

何年か前、近くにたこ焼き屋さんが開店して、明石焼きもやってるって
聞いて行ってみたのよ。
そしたら「しばらく、研修にでかけます。」の張り紙‥
今は違うお店になってて‥
あのお兄さん‥ドコまで研修に行っちゃったんだろ‥!?

ポッテリと焼けた麸に‥究極の(自分では)のおダシ!
しみじみ‥美味しかったよ(^^)

歳のせいかぁ‥?
マルクさん こんにちは(^^♪

いつも、「明石焼き」をテレビで見てて‥うっとり‥♡
こちらではあまりそういうお店を見かけなくて‥

フワフワの玉子焼きみたい‥
おダシがすっごく美味しい‥  ああ、食べてみたい!

こうなったら作るしか無い!

お麩のフレンチトーストがヒントなの。
似てる気がして‥!?
きっと豆乳のほうが合うなあって思って、当ブログ初出演です(^^)

本物を食べたことがないので‥何なんですけど‥
熱々をカツオのおダシにぽちゃん。
なんて上品なお味なの~~~!

きっと、カロリーも抑えめだと思うのよ。
また作ろうっと(^^)
ちーこさん こんにちは(^^♪

関西にお住まいのちーこさんにそう言っていただくと安心だわ(^^)
テレビを見ていて‥どうしても食べてみたくて‥

きっと、ダシ汁が決め手かなと思って、今までにないくらい慎重に
作ったんですよ。
もっと三つ葉が入ってたんだけど、澄んだお汁を見ていただきたくて
撮影用はちょっと控えました。

とても優しいお味の食べ物ですね。

いつかは本物の明石焼き、食べに行きたいな。

出勤前のお忙しい時なのに、ありがとうございます(^^)
あはは~。
丁度悪いタイミングで来ちゃったのね。
写真だけでは究極のおだしは伝わらなかったですね。
確か、うちも同じ花ガツオだったような?
これでおそうめんとかもいけそうですね。

ご近所のたこ焼きやさん、残念でしたね。
今頃、こだわってタコから獲ってるかも
しれませんね(笑)
Katzさん こんばんは(^^♪

ウフフ麸‥。
ついうっかり‥ヤッちまいました(^^)

しばらくぶりに、まじめにおダシを取りました。
それもかつお節を豪勢に使って♪
やはり良い物を使うと美味しいものができるんだなあって実感!

残ったカツオでふりかけも作っちゃった。

あはは‥たこ焼き屋さん‥ほんとドコ行っちゃったんだろうね。
なかなかのイケメンだったっていう‥ハナシだったんだけどなあ。
はるさん こんにちは

おお!これはこれはおいしそうですねぇ。
僕は実は「粉もの」がちょっとだけ苦手なんですよ。なぜかというとしつこいから(笑)
これは、フレンチトーストというか、なんというか....
いやいや「はるさん焼き」でいいと思いますよ。
食べ方によってはフレンチにもイタリアンにもなりそうなアイデアですからどんどん広がると思います。
superstringさん こんにちは(^^♪

北海道って意外と「粉モン」のお店って少ないんですよ。
うどん屋さんも少なくて、その中で丸◯製麺さんの健闘は素晴らしいかも。

フレンチやイタリアン‥(^^)
そう考えると、お麩ワールド広がりますね。

フライにして‥なんちゃってヒレカツ‥なんていかがでしょう!?
明石焼き美味しいですよ 流石に本場大阪では食べたことはありませんが 東京時代に2~3度食べたことがあります
そうそう こんな感じに盛りつけられてましたね 懐かしい

それを麩で作っちゃうのかあ それも浸し液に漬け込むなんて よくこの発想が出てくるもんだなあ
ん? 明石焼きって タコ入ってませんでしたっけ?
キムチ親爺さん こんばんは(^^♪

>明石焼きって タコ入ってませんでしたっけ?
 シ~!!  キョロ^(。・д・)^キョロ
 そこは‥触れちゃいけないのよ‥

一応、タコが入っていない分、上にかつお節をふりかけて
コクと風味をアップさせました‥
と、想定問題の解答は用意してたんですケド(^_^;)

明日も暑そうですが、サーフ巡りに行かれるのでしょうか?
うちは‥週末は仕事、来週あたりは海に浮かびたいです(^^)
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード