≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 釣果は夕食分のイカのみ‥ ☆ 室蘭方面釣行記 

土曜日(31日)、室蘭の海に浮かんできました。
白鳥大橋の風、6メートル。5時出港。
それほどの波もなく‥まずは港内でカタクチイワシでも。
が、その「でも」が‥1匹もかからない。

あきらめて、ブリを狙いに港外へ。
はるさん、港口、右前方に鳥山発見!
が、まだここはブリには早いと判断した船長は地球岬沖へ舵をとるも不発!

せっかくここまで来たからと、120メーターラインでイカを攻めるも潮が早く‥
夕飯分の釣果のみ‥風が強くなってきたので撤収‥実釣、1時間。
波が強まるも、東風に乗りスイ~っと帰港。
途中、追直漁港から銀屏風前の水深50~60m辺り、ベタ底に魚探に濃い反応。
仕掛けを投入、23センチの宗八カレイでした。

港に戻って、片付けをしていると突風とともに強い雨。
ホッとしていたのもつかの間‥
今朝、鳥山があった場所で、YU船長がブリ4本!ゲットの報。
船長の心の中には‥先週のような厚~い雲がたなびいたのであります。


         ☆‥‥‥‥‥‥☆     ☆‥‥‥‥‥‥☆

イカのゴロ焼き2
     イカのゴロ(肝)焼き

イカの内臓、こちらでは“ゴロ”って言います。
小さめサイズのイカを、このゴロを入れたまま焼くのが「ゴロ焼き」。

今時期のイカの内臓には余分な内容物が入った袋があって、そのまま焼くには‥。
そこで、内蔵を引き抜き、ゴロだけを青じそで巻いて詰めなおして焼いてみました。

墨袋も取り除いたのでゴロとイカの美味しいところだけを味わえました。
ゴロの濃厚な旨みがトロ~ん。お酒がすすみます。



本日の釣果

本日の釣果‥これだけ(^_^;)



ゴロ焼き準備

青じそは内側に味噌を薄く塗り、ゴロに巻きつけます。
全体を包みたかったので、大きめのものを3枚使いました。

青じそで包むことでイカの胴体に詰めやすくなります。



ゴロ焼き準備2

ゴロを詰め、楊枝で止めます。
あとはフライパンでコロコロ転がしながら焼き色を付け蓋をして数分加熱。

市販のイカ、刺身だけではなくもう一品‥という時に作ってみてください。
仕上げに、ネギの青いところやおろしショウガを添えても美味しいと思うな(^^)



お刺身
  イカのお刺身

新鮮さは抜群なので、もちろんお刺身も楽しみました(*´ェ`*)
でも、今回はいつも以上に新鮮さを保ったまま持ち帰ったんです。

その秘密は‥「イカ活締め器」。



活締め
 活締め‥その1

活締め器、釣具屋さんで買ったんです。
使い方は簡単、イカの胴の付け根に差しこむだけ。


活締め2
  活締め‥その2

一瞬で、胴の色が真っ白に変わるんです。
ホントはもっと真っ白になったんだけど‥な。

効果は、ビックリするほど明らか!
持ち帰っても、ずっと透明感を保っていました。
手間のように思いますけど、この効果を知ったら‥もう戻れないかも!?


         ☆‥‥‥‥‥‥☆     ☆‥‥‥‥‥‥☆

朝陽

朝陽とともに‥
先週は、ここにカタクチイワシの大群がいたらしいのに‥残念!




    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさん、こんにちは。
お~なんて新鮮なイカたちでしょう♪
「イカ活締め器」なんてあるのですね!イカの色が瞬時に透明になっています。一瞬気絶させるのかしら?
刺身の色が、透明~♪
でもでも、今回はこのゴロ焼きがメイン☆☆☆
こんな新鮮なイカ無理ですが、刺身用のイカでハラワタが綺麗なイカを見つけたら、絶対に作ってみます。
イカワタ、絶品の美味しさ~♪紫蘇の葉に味噌を塗ってね!
わあ~早く食べてみたい^^
鰤は残念でしたが、宗八カレイゲットですから~
それに前回のような恐ろしい経験はしたくないですよね^0^
masakohimeさん こんにちは(^^♪

イカの活締め器、以前にNHKの朝イチで紹介されていたのを見て
これは良さそうって思ってたの。
瞬時のうちに神経を遮断して‥云々‥難しいことはわからない。
うまく写真に撮れなかったけど、真っ黒いイカが一瞬で真っ白は
見てても気持ちが良かったです。
お刺身をメインにって思ったけど‥切っただけだし‥(^_^;)
イカのゴロ焼きをデビューさせてみました。
中を全部取り出してゴロだけを詰め戻す‥なかなか画期的でしょ!?
ゴロとお味噌の相性は抜群!お酒が進むこと間違いなしです(^^)
多分、この濃厚な感じは赤ワインにも合うと思うんだぁ。
今回は怖い目にも合わず、楽しんできました。
イカ~昨日たまたまテレビで見て
透明なお造りに
子供と食べたい~~て話していたの。

イカの活き閉め器?て初めて知りました。
すごい!こんな道具が売られているのもきっと
知らないままだったと思います^^

新鮮な透明なお造り~口の中に入れてみたいわ(*´∀`*)

内蔵大好きだから(笑)中身と一緒に炊くことはありました!これ焼くのがとても面白いアイデア☆^^
それに青紫蘇でしょ?良い香りまで付くから

これは食べてみたい♪

イワシは残念でしたがまさに、食べたいイカが見れて
すごく嬉しいです(*´∀`*)
こんばんは。
お疲れ様でしたー。
釣果は残念でしたね。。。

でも、イカ、美味しそうですねぇ。
活じめ器なんてあるんですね!
昔は本州の人は、活きのいいイカは黒い、って
知らないとか言われてましたけど、
もっと早くこういうのあったらそんなことも
なかったかもですね。

隣町の居酒屋で、焼きじゃないんですが、
イカのしょっつるルイベとか言うの食べました。
秋田のしょっつるで漬けたものだと思います。
お醤油とはまた違う旨みで、良かったですよ!
あれをさっと焼いても美味そうでした。

次は大漁になることを祈ってますね!
マルクさん こんばんは(^^♪

イカ、函館が有名なんですけど、この活締め器はここの漁師さんが
考案したそうなの。
真っ黒だったイカが一瞬で真っ白に!
すごいアイテムだわ(^^)
何事にもその道のプロフェッショナルっているんだねえ。

新鮮なイカのお造りは‥極端な言い方をすると‥ポキポキ!?
それくらいの歯ごたえなの。
ただ、甘味を楽しむなら翌日のほうがねっとり濃厚かも。

イカの内臓、丸ごと焼くのもアリなんだけど、こうしてゴロ(肝)の
トコだけを詰め直すのも良いかなって(^^)
ただ、そのままだとフニャッとして入らないの‥
そこで考えたのは、味噌を塗った青じそを巻いて詰めやすくする技!
なかなか良いじゃんと自画自賛なのです(*´ェ`*)
Katzさん こんばんは(^^♪

色んな意味で‥残念でした(^_^;)
まあ、ちょっとだけでもリフレッシュできたから良しとします。

イカ、いい色でしょう!?
この活締め器、スグレモノなんだ~♪
業者さんは直に氷に当てないとか独自の方法で真っ黒な状態を
キープしてるらしいの。
ウチは今までケーキに付いてくる小さい氷のパックを大量に
持参して冷やしていたの。
それプラスこのアイテム、最強かも!?

イカのしょっつるルイベ‥気になる~~~!
絶対、好きな味に違いないわ(*´ェ`*)
その居酒屋さんのオリジナルなのかな。
う~ん、食べてみたい。

はい、1年分のイカをキープできるよう‥頑張ります♪
イカ大好きですが「ごろ焼き」、通好みなお料理ですね。
紫蘇が入ってると香りも良さそう。日本酒お代り下さい^^

ざるに載っているイカが、未だ生きているように新鮮ですね。
活け締め器、それで締めると綺麗なままなんですか。すごい。
みた事ないし、きっと山の上のこの辺では見る事ないでしょうね。
はるさんが撮る海の写真が大好きです^^
ゲリラ豪雨の雲もド迫力でしたが、雄大な海の写真大好き(^O^)/
はるさん こんにちは

釣果というのはやはり時の運もあるんですねぇ。
お舟だしてイカが少しというのは確かにガッカリかもしれないけど、それが自然ですよね。

さて、ごろ焼ってのがおいしそうです。
僕イカの肝が凄くすきですから、
これは自分で釣って頂きたい。
関東ではむりかなぁ、イカは。

イカを締める器具!
ん~新鮮さを保てるならいいですねぇ。
少しづつ僕もこういうのを覚えてゆきたいな。
こんばんは~

綺麗な朝日
こんな中を船を走らせているんですね~
釣りは残念だったけど、無事帰ってこられたという事で・・

イカのはらわたが食べれることを知ったのはブログを通してなんです。このワタを又入れて焼くって本当に美味しそう
紫蘇のある、今のうちに絶対に作るぞ~
イカの活しめ器、イカは黒いのを選んで買っていますが、あの黒さが透明になるんですね。いろんな道具があるんですね

ちーこさん こんにちは(^^♪

「イカのゴロ」って標準語だと思っていたんですよ。
ところが他の方のトコにお邪魔すると、「肝」「ワタ」‥
加熱するとトロ~んとして美味しいの。
ただ、コレステロールがねえ‥。

活締め器、それほど期待はしていなかったの。
違いは翌日のほうが効果がハッキリ出て、嬉しくなっちゃった。

海上では、朝陽や夕陽、青い空に浮かぶ雲、全てが素敵に見えて
思わずパチリ。
室蘭周辺は海岸の景色も美しいの、褒められると木に登るタチ!
今度、ご紹介します(^^)
主夫太郎さん こんにちは(^^♪

釣りは、風を読むのも大事だし、情報収集は必須です。
ただ、万全を尽くしてもソコはお魚さんの都合もあるわけで‥
上手くいかないもんです。

イカのゴロって標準語だと思っていましたけど‥
違ったみたいですねぇ。
関東でイカ‥東京湾・駿河湾・神奈川や千葉、日本海側でも
釣れます。
こちらよりイカの種類が豊富なので楽しいと思いますよ~♪

イカは鮮度が勝負!
この活締め器はすぐれものでした。
きゃりあさん こんにちは(^^♪

イカ釣りは、登る朝陽に向かって船を走らせるの。
キラキラ光る海面は神々しいほど美しいです。
午後からは天候が下り坂の予報‥。
前回の二の舞いはゴメンなので早々に引き上げてきました。

イカゴロのおすすめの食べ方、
耐熱容器にぶつ切りにしたゴロと細切りのイカの身とゲソを入れ、
味噌をみりんかお酒で柔らかくしてたものを上からかけ、
おろしショウガ、ネギの小口切りを上に散らして上にホイルを
かぶせて焼くのも美味しいよ~♪
濃厚なお味が日本酒にピッタリなの(*´ェ`*)
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード