≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 ホシザメのレポ ☆ 美味しくいただきました♪ 

昨年、初めて釣った“ホシザメ”くん、カメラに収めたあとはリリース。
それを見た方から、このサメは食味が良いのにもったいないとの声!
そこで今年こそと‥とりあえず1尾持ち帰りました(^^)

頭部と内臓は船の上で処理してきたので‥届いたのは野球のバット状態!?
お肌はやっぱりザラザラ‥耐水性の紙やすり#100くらいかな。
骨は軟骨のようで切り分けやすかったです。

小骨がないので三枚におろすのも簡単。
でもね、皮を引こうとしたけどかなり強固、ちょっと難しい(^_^;)
ネットであれこれ調査開始!
熱湯にくぐらせ、氷水で急冷、面白いようにツルリとはがれました。

釣ってからまだ6時間も経っていないので臭みは全く無しです。
切り分けてもハラスのトコがしばらくピクピク。
すごい生命力!

       ☆‥‥‥‥‥‥☆      ☆‥‥‥‥‥‥☆   

サメの湯引き薔薇
   
まずは、お造り‥。
皮側の身が赤いのを活かして、お花にしてみたの。

サメ=キャ~怖い! 
的なイメージを和らげようという魂胆(^^)



サメのお造り
     ホシザメのお造り

活きが良すぎ?身が落ち着かないうちに切り分けたのでちょっとボロボロ。
身が真っ白なのは湯引きをしたからじゃなくて、ホシザメそのものの色です。
皮に近い方の身はボルドーがかった赤です。

柔らかそうに見えますけど、跳ね返すような歯応えなの。
噛むごとに旨味が口に広がります。

わさび醤油と辛子酢味噌を試しました。
わたしは辛子酢味噌+ネギが一番好きかも ← 早い話が“ヌタ”だわね。



唐揚げ
     唐揚げ  (お試しなのでチョッピリです)

まあ、普通の唐揚げですね。
ただね‥身は拍子抜けするほど“柔らか~い!”。
歯応えがあると、勝手に思い込んでいのでこのフワフワ感にはビックリ。
(ちょっと焦げ色なのは醤油ダレに漬けたせいなの。)

骨は、塩コショウして片栗粉をまぶして揚げてみました。
こちらは‥拍子抜けするほど“硬~い!”
じっくり時間をかけて揚げてみたけど‥
ちょっと口に残る感じかな、食べられないことはないけどね。



煮物
     ハラスの煮物

こちらはアナゴに似た食感。
どうやらホシザメの身は加熱するとフワフワになるようです。

ハラスって脂っぽいことが多いけど、煮汁に1滴の脂も浮かびません。
そして旨味がものすごいの!
表現する言葉が浮かばない‥ほど。
なので一緒に煮たネギの美味しいこと~♪
薄く切って「すき焼き風」も美味しいと思うな。



焼きサメ
    焼きサメ

加熱するとふんわりの身ですけど、尻尾に近いトコは少し歯応えがあるの。
こんなに味が良いならと、焼き鳥風!?にしてみました。

麺つゆ2:みりん1を煮詰めたタレにつけて焼きました。
仕上げに七味唐辛子をパラリ。
香ばしくて味が良くて‥これは熱燗だわ~♪


       ☆‥‥‥‥‥‥☆      ☆‥‥‥‥‥‥☆   

サメのヒレ2
     サメのヒレ   約9センチ

いわゆる“フカヒレ”ですね。
ものすごく手間がかかる上に、この大きさだと出来上がりはボトルのフタくらい!?
どうしたもんか‥悩み中です(^^)

以上、ホシザメのレポでした。
リリースなんてもったいない! 美味しさでした~☆




    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

はるさん、こんにちは。
なんて!全て、皆!美味しそうで~よだれが…><
バラの花、美しすぎるその白と赤のコントラスト!
え!から揚げ~煮物~串焼き~☆☆☆☆
特にこの串焼き、めちゃくちゃ美味しそうで、思わず手が出ます!
これから水族館でサメをみたら、思わず「美味しそうなサメだわ~」ってつぶやきそうで怖い(爆笑)

骨が柔らくて、刺身では歯ごたえあるのに、過熱するとふわふわ~♪生きている時は強いサメも、食べられる時はさすがに大人しくなるのかしら。
皮の剥ぎ方も、調べるとさっとネットで出てくる!
ホシサメ尽くし、堪能しました^0^
こんばんはー。
サメ・・・
フカヒレがどうなるのか、とても気になります(笑)
まさか・・・フカのヒレ酒とかになったりして!
一度でいいから、フカヒレの姿煮を食べたい、
と、主人がいつも言ってます(笑)

昔、実家にいた頃、移動販売のおじさんが
サメの味噌漬けの切り身を持ってきてたので
試しに買ってみたんですが、あまりいい記憶がありません(笑)

イキの良さ、調理法のせいかなって思ってましたが
やっぱりサメは加熱すると柔らかくなるんですね。
クチョッとした感じでした。
でも、今日のはるさんの記事を読むと、
もう一度食べてみたくなりましたー。

ふわっとした感じなら、すり身とかに良さそうな?
(´-ω-`)ウーン・・・

今日はサメ料理のフルコース、堪能させていただきました♪
はるさん こんにちは

おお!ホシザメとやらがお目見えですね。
リリースしたのがもったいないというお言葉はありがたいですよね。先日の釣りで食べられない魚がかかったのですが、そう、海のお魚でも食べられないものがいますよね。食べられるってわかればもちろんお持ち帰りは当然。キノコもそうですが、食べられる食べられないの情報は重要ですな。

で、それがおいしければ文句ないですね。
刺身と火を通すのとで全然違うというのはおもしろいですね。これはかなり素敵な食材をゲットした模様ですね。
僕はいまのところ、乗合の釣り船に乗るだけですが、いつか舟をもちたいな。宝くじ当たらないといけないけど。

masakohimeさん こんばんは(^^♪

ついに“サメ”、食べちゃいました~!
いろんな先入観‥クサイ、堅い、クセがあるなどなどは
勝手な思い込みでした。

まあ、釣りたてなのでよく言われるアンモニア臭がないのは
当たり前なんですけど。
それを抜きにしても美味しい白身のお魚でしたよ。

お刺身は辛子酢味噌が良く合って美味しかったし。焼きサメは
絶品でした(^^)

ダメですよ~!
水族館でサメを見てよだれを垂らしちゃ~☆

お刺身の歯応えから‥煮物はもっと身が締まってると思ったのに
フワンフワンなの、驚いちゃった。
干しておダシを取ったら良いかもと思うくらいのお味でした。
Katzさん こんばんは(^^♪

とうとう“サメ”まで食べちゃいましたよ~~!
ウチに来た時はあの陰険なお顔はついてなかったので
抵抗なく調理。
とっても扱いやすいお魚という印象です。

このホシザメ、道南の佐原町では昔から「ヌタ」で食べていた
らしいの。それと煮付け。
カスベと同じ感じかな。

このサメの身は真っ白でしたけど、他の種類の身はピンク色
のようなの。面白いよね。

フカヒレね‥かなり手間がかかるらしいのよ。
シャレで作ってみようかとも思ってるんだけど(^^)
ボトルキャップサイズの姿煮‥!?

大型のサメはかまぼこの材料っていうからこれでもできそうよね。
といっても狙って釣れるもんじゃないし‥
また今度出会ったら試して見よっかな。
主夫太郎さん こんばんは(^^♪

全長70センチでしたけど‥サメはサメ!
あの陰険な容貌の顔がついてなくて良かったです。
小骨がなくて、三枚におろすもの簡単。
なかなか素直な構造のお魚さんでした。

食べられないお魚‥有毒のものなんでしょうか!?
せっかく釣り上げたのにちょっと残念でしたね。
船釣りのレポ、ブログに登場するんでしょうか。
魚料理と合わせて楽しみです(^^)

サメ、先入観で硬い肉質とばかり思ってましたけど‥
加熱するとフワンフワン♪。
お刺身はかなりの弾力が有ったのでアレって感じでしたよ。
これからの季節は海が荒れることが多いから乗合の船の
方が安心ですよ。
大型の船はシケに強いですからあまり揺れないもの。
こんばんは~

いろんな釣りたてのお魚の味を知っている
はるさんの美味しい~という言葉
どんなに美味しいんだろう~
庄内で正月すぎに出回るサメについては、飛び上るほど美味しいというイメージが無いので調べてみたら、違うサメでした。
部位にあったそれぞれの調理の仕方、楽しませて頂きました。
いつかはるさんの美味しい・・を口に入れてみたいです~
ホシザメのレポって凄く面白い!

いろいろなお料理になっていくのが
凄い引き込まれました╰(✿´⌣`✿)╯

ほんとうにバラのお花みたいね♡
白い色ももともとの色なんですね。

ハラスの煮物なんて美味しそう(*´∀`*)
油が1滴も浮かないってほんとどんだけ
旨みが入っているのでしょう♡
食べてみたいです。

ふかひれ~未だかつて食べたこともなく
興味あります(*´∀`*)
つくレポ楽しかった♪
きゃりあさん おはようございます(^^♪

このサメのお味、どう表現したら良いんだろう!?
口入れた途端‥キラリンというわけじゃないのよ‥
なんだか優しい旨味があるの。
煮物の煮汁がとてもよい味で他の野菜もそれを吸って
美味しくなったのにはビックリでした(^^)

この身が白いタイプのサメ、室蘭のスーパーにも並んでるの。
ずっと気にはなってたんだけど‥イメージ的にね(^_^;)

なかなか狙って釣れる魚?じゃないけど、今度出会ったら、
蒲焼きやカマボコも作ってみようと思ってるの(^^)
マルクさん おはようございます(^^♪

とうとう“サメ君”、いただいちゃいました(^^)
この白い身の色はホシザメの特徴みたい。
他の種類はピンク色らしいの。

お刺身は独特の食感があって、ヌタにするのが美味しかった。
そちらでは「てっぱい」って言うんだよね。

サメの肉質のイメージって、弾力が合って堅い‥だったのよ。
ところが熱を加えるとフワフワなの‥ビックリ!

蒲焼きにしても美味しいかも。
脂がないけど旨味があるから‥ヘルシーな蒲焼きになるよね(^^)

フカヒレ~☆
このヒレだと、ボトルキャップの大きさにしかならないんだって!?
掛かった手間と割りが合わないってどなたかのレポに。
‥とりあえず、干してみた~☆
ホシザメは三杯酢で水なますにすると美味しいですよ。
お好みで薬味多めもGoodです!
あとはそぎ切りにして塩を振り陰干しにしたものを炙って食べるのも良いです。
サメの中でも美味しい三本の指に入ると思います。
まるかつさん こんにちは(^^♪
ひたきさんのブログでいつも拝見していました。
知り合いのような気が‥でも初めましてですm(__)m

週末、再びホシザメを求めて海に浮かんできました。
邪魔者と思っていた時はあんなに良く釣れたのに‥ボーズ!
釣れたら、カマボコを作ってみたいなあって思ってたんです。
水なますに干物。これは美味しそう!
特に干物、あの旨味がさらに濃くなって~♪
想像しただけでワクワクします。

ありがとうございました。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード