≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 ほうとう鍋 ☆ 辛口塩鮭のもち米漬け 

“風林火山”の御旗がはためくパッケージに入った「ほうとう」を
いただきました。

カボチャを溶かしこんだ優しい甘さの味噌味のお鍋。
初めていただくお味、ワクワクしながら楽しみました。


         ☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

ほうとう鍋
      ほうとう鍋

ご当地のお鍋を作るのって、けっこう緊張するんですよ。
失礼があってはいけないので、パッケージに書かれたとおり食材を揃えました。

なんと言っても一番肝心なのが「カボチャ」。
4分の1カットのカボチャの半量をおダシでグツグツ煮込んで溶かし込みます。
他には、油揚げ、キノコ、ニンジン、豚肉、ネギを入れました。
具が煮えたら、ほうとうの麺を投入、麺が煮えたら添付の味噌だれを加えます。
お好みで、醤油、味噌などで味を整えて出来上がりです。



ほうとう麺

こちらが「ほうとうの麺」。
うどんに似ているけれど幅が均一じゃなくて‥初めて見る形状です。
以外だったのが、これを粉がついたまま沸騰したお鍋に入れること。
これがトロミになって、とてもいい感じなんです。
     


ほうとう鍋3

お汁に溶けだしたカボチャで優しい黄色に染まりました。
ほんとうに優しい甘さで、そこにもっちりとした麺が絡んで美味しい!

本場の「ほうとう鍋」、食べに行きたくなりました\(^o^)/


           ‥‥‥‥‥      ‥‥‥‥‥

寒風干し

先日紹介した寒風干しの鮭。
どうにも塩辛くて‥御飯のおかずにするのは危険!
薄い塩水で塩抜きするっていう手もあるけど‥旨味が抜けちゃいそう(^_^;)


鮭のもち米漬け
     もち米漬け

で、作ってみたのがこの「もち米漬け」。
ヒントは‥“おにぎり”。
使わないまま数年経ってしまったもち米があって‥それを柔らかく炊いて
塩辛い鮭を2~3日ほど漬け込みました。(塩辛さによって加減します。)

適度に塩が抜け、ほんのり甘味まで加わってふっくら美味しい焼き鮭に!
焼く前にザッと回りのお米を洗い流します。


         ☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

ちちぶ菜
   ちちぶ菜漬け

地方の名産品つながりで“ちちぶ菜漬け”。
「しゃくし菜」を漬けたもので、しっかりとした食感のお漬物です。




    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

こんばんは。
お初食材ばかりー。
ほうとう、美味しそうですねー。
絶対私好みなお料理です。
とろみがあって、温まりそう~、だけど、
はるさん舌、大丈夫でした?

こういうの食べたいけど、主人はNG(笑)

もち米漬け、飯寿司?って思っちゃいました(笑)。
野菜も一緒に漬け込んだらダメかしらね。
お米って、こんな役割もしてくれるんですね。

奥が深いですねぇ。

しゃくし菜っていうのも初めて聞きました。
名前通り、しゃくしゃく・・・ではなさそうですね(笑)
(*´・∀・`*)ゞ
こんばんは~

ほうとうってよく名前は聞くけど、本物は食べたことが無いです。かぼちゃで全体が甘い感じ・・女の人は好きな味ですね~
何処の名産なんでしたっけ?

塩だし、なるほどのアイデアです
これなら塩麹のように米のうま味が鮭について、塩分がうまく抜けそうですね

ちちぶ菜→しゃくし菜
こちらではへら菜と言います
同じ野菜なのに、いろんな呼び方がありますね~
Katzさん こんばんは(^^♪

ほうとう、わたしも初めて食べた~♪
テレビの旅番組ではよく見てたけど‥
とにかくカボチャの優しい甘さが魅力なの。
こちらのお鍋とは全く違う感覚だけど美味しかったよ。
そんなにすごいトロミじゃないし‥
小鉢に取って少し冷ましてからいただきました(^^)

ウチも主人は苦手だろうなあって思ってたら外と好評!
しっかり楽しんでました。

塩鮭、かなり塩分がきつくて(^_^;)
こうするといい具合に塩が抜けて美味しくなったの。
飯寿司に使う鮭はこのくらい塩辛いのがいいらしいけど‥
ハードルが高くて未だ挑戦に至らずです。

しゃくし菜、こちらでも作られてるんだよ。
ご飯を盛る杓子に似てるからこの名前らしいの。
食感もいい感じで美味しかった(^^)
きゃりあさん こんばんは(^^♪

“ほうとう”。
武田信玄がこよなく愛した食べ物で、山梨の名産なのだそうです。

こちらでよく食べるお鍋といえば、魚介が入っててワイルドな感じ。
このほうとう鍋は、お野菜中心ですべてが初めてのお味。
優しいかぼちゃの甘さがとっても美味しかったです。

塩出し、良いアイディアでしょう!?
でも、来年はもう少し塩分控えめで作ろうっと。

ちちぶ菜→しゃくし菜→へら菜。
地方によって呼び名が違うんだね‥面白い~☆
かぼちゃ大好きなのに
ほうとう鍋たべたことないの。

絶対好きです!!
あの麺も太さが違うからお味がよく絡むね^^

もうたまらない麺の状態です♪

最近毎日お昼はおうどんなの~1個20円の(爆)
もう2ヶ月食べてます(汗)

そう言えば、
フナ寿司ってご飯で発酵させてるの。

あの発酵したご飯がまた美味しいの╰(✿´⌣`✿)╯

はるさん食べたことありましたっけ?
凄い好き嫌いあるから、地元の夫さえ食べないけど

私と子供は大好きなの。^^

でも1つ最低でも2500円はするから、なかなか買えないの(;--)

ちちぶ菜漬けはじめてです╰(✿´⌣`✿)╯
その土地の食べ物って楽しいですよね♪
マルクさん こんにちは(^^♪

ほうとう鍋、初めて食べました~♪
カボチャのやさしい甘さがとっても美味しいの。

こちらのお鍋‥石狩鍋や三平汁など魚介を使ったものが多くて、
こういう穏やかなお鍋はとっても新鮮な感じでした。

この麺も太さが違うから味が絡む絡む!

毎日おうどん!?
寒い冬には温まるね。

鮒寿司は食べたことがないの。
興味はあるんだけど、こちらでは物産展くらいじゃないと
見かけないかも‥そんなにお高いんだ(^_^;)
こちらには飯寿司と言って魚を野菜と米と麹で漬けるのがあるけど
そんなに臭くないから‥ちょっと違うかもね。

お漬物、その土地によって色んな種類があって楽しいね。
北海道の漬物は魚が入ってるものも多いのよ、本州で生まれ育った
主人にはいまいち理解できないんだって。
はるさん こんにちは

バリッて塩がきいた鮭は塩抜きしないとだめですか。
ん~~粕汁で頂きたいなぁ(希望)

ホウトウは群馬ではオッ切り込みっていって、
やっぱり粉ごと入れます。
とろみがおいしくてね。
それをご飯の上に乗せて食べると美味しいのよ!!

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

ちょっと塩を効かせすぎたのと、干す時間が長かったので
ずいぶん塩辛い鮭になっちゃの。
そのまま焼いて食べるのは‥たぶん危険(^_^;)

魚の塩味だけで野菜を一緒に煮込む三平汁には
ピッタリかもしれません。

オッ切り込み、聞いたことがあります。
粉がついたままの麺をだし汁に入れる‥やはりトロミを得るためなんでしょうかね。
なんでも、翌日の汁を吸ってクタクタになったのも魅力的らしいですね。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード