≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 “動物ギャラリー”&“タケノコの味噌煮” 

ひがしもことゆうらく館
『ひがしもこと乳酪館』の庭で遊んでいた “牛の親子”

先日のバスツアー、ブログネタを探してあちらこちらをパチリ。

写真を整理していたら、動物さんが何枚か…
どうと言うことはないけど、ちょっと骨休めにアップしてみました。


丸瀬布ートナカイ
『まるせっぷ木芸館』の “トナカイ”

木芸館の玄関アーチでお出迎えしてくれた真っ赤なお鼻のトナカイ君。

クリスマスまでは、ここでゆっくり過ごしているらしい。


丸瀬布フクロウ
『道の駅まるせっぷ 』で旅人を見守る “フクロウ”氏

由緒正しい作家さんの作品…らしい。


岩見沢PA鮭
コロポックル “シャケとガキ大将”(木製のプレートより)

砂川SA(下り)のエントランスで遊んでました。
動物じゃないけれど、生き物つながり…ということで。

だって、一目見たら、目が離せなくなっちゃったんだもの!?

ちなみに、上りのSAには、大きなフキ葉の下で男のコと女のコが
しゃがんでいる 『コロポックルの雨やどり』 があるらしい。


岩見沢PA羊
『砂川SA』の広場でくつろぐ “羊の親子”

母さん羊の、慈愛に満ちた表情に思わずパチリ。

通りかかったワンちゃんも、仲間に入りたいみたい。

     ♪     ♪     ♪

タケノコ

『山菜山』の日当たりが良いところに、やっと、顔を出した “タケノコ”。

例年より、2週間くらい遅いお出まし。

1本見つけると、だいたい近くに数本見つかります。

これからは時間との勝負。暖かい日が続くと1週間で20~30㎝の丈に
伸びてしまいます。


タケノコの味噌煮

これは、秋田から越してきた知人から教えて貰った『タケノコの味噌煮』。

コクが出るよう、鶏肉と一緒にコトコト煮ていきます。

=作り方=

・だし汁に、下処理したタケノコと鶏肉、砂糖を入れ10分くらい煮て冷まします。
 (甘めにした方が美味しいように思います。) 

・再び火にかけ、好みの量の味噌を溶かしゆっくり味を染み込ませます。

・火を付けたり、消したりを繰り返し、気長に煮ていきます。
 煮ていくと、少しトロみが付いてきます。

・添えたワラビは、熱を加えすぎるとシナシナになってしまうので、仕上げにからめる
 くらいにします。

*秋田では、ハレの日には“ハタハタ”の焼き干しと“タケノコ”を一緒に味噌で煮込む
 そうで、チャンスがあれば、是非チャレンジしてみたい!

     ♪     ♪     ♪

5月25日付けの読売新聞の『人生案内』。
“妻にやせてほしい”…50代後半の会社員。

身長150㎝で体重は60キロ以上の小太り、血圧が少し高く…
(そこまでは、ありませんて…)

よもや、主人からの投稿かとドキッ。

『…はい、わかりました。善処いたします。』 

回答者からは、一緒に草花や野鳥を観察しに山歩きをしたり、温泉や銭湯を
目当てに見知らぬ町を散歩するというアドバイス。

さて、どうしたものか。

      


ブログランキングに参加してみました。励みになりますので、是非クリックをお願いします!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

いいなぁこのトナカイ、庭に置きたい・・・

人生案内ワロタwwwww
けっこう運動しているように思えるンですが、どうして痩せないのでしょう?
エネルギー摂取量のほうがすんごい多いのかな?
でも食卓はあんまりお肉なくて野菜多いよねぇ。
ビールをやめなさいビールを!e-65
むふっe-236

この世にe-65が有る限り…無理!

トナカイさんは、世の中のよい子のために頑張っているので
独り占めはいけません。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード