≪ 2017 09                                                2017 11 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

 こんがりトマト ☆ 南欧の風に吹かれて 

一日に1ミリ以上の降水が12日以上続いてる札幌です。
風が吹くと少し肌寒い‥
先日の30度超えの陽気が懐かしい~!

          
            ☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

こんがりトマト
           こんがりトマト ☆ 欧風の風に吹かれて      

真っ赤なトマトにイタリアンハーブを振りかけてこんがり焼きました。
下に敷いたのはスライスした玉ねぎと千切りのじゃが芋とアンチョビ。

ひと口頬張ると、ふわっと香るイタリアンハーブ。
一瞬、南欧のさわやかな風が吹き抜けたような‥気が~♪



玉ねぎとジャガイモ
玉ねぎとじゃが芋、アンチョビとイタリアンハーブミックスを混ぜたところ。

材 料(2人分)
・トマト(中玉)           3個
・新玉ねぎのスライス       中型を2分の1
・じゃが芋の千切り        50グラム
・アンチョビ             2~3尾
・アスパラ              2~3本
・GABAN
 イタリアンハーブミックス    適宜    
・オリーブオイル          小さじ2杯
・エクストラ・バージン・オイル  仕上げ用に適宜



焼く前
    焼く前にパチリ!

作り方
・玉ねぎ2分の1コはスライスします。
・じゃが芋はスライサーで薄切りにしたものを千切りにします。
 (一度水にさらして、水気をよく切ってください。)
・アンチョビは細かく切っておきます。
・これらをボールに入れ、イタリアンハーブミックスを加えざっくり混ぜます‥☆
・鍋にオリーブオイル小さじ2杯を入れ、☆を広げ土台にします。
・その上にスライスしたトマトを並べ、イタリアンハーブミックスを振りかけます。
・下に敷いたアンチョビの塩加減によって塩を足してください。
・両面焼きの魚焼きグリルで、上・下強火で3分~4分、次に下を弱にして
 さらに3分焼きます。
・焼きあがったところへ、エクストラバージンオイルをお好みでかけてください。
*アスパラは焦げやすいのであとで乗せたほうが良いみたい。 



ラスト

こんがりトマト、酸味が和らいでとても食べやすいの。
スライスした玉ねぎは優しい甘さ。
じゃが芋の千切りは少し歯ごたえが残っていて良いアクセント。
アンチョビを入れることで味の深みがグッとアップ。

イタリアンハーブミックスがみんなのまとめ役。
オレガノ、タイム、スイートバジル、イタリアンパセリがイタリアの風を
運んできてくれました。



スパイス 世界の料理レシピ
世界の料理レシピ  スパイスレシピ検索


           ☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆            

トマト
        えこりん村の“トマトの森”                (拡大します)

昨日、つかの間の晴れ間を縫って息子とお出かけ。
目的のお店はまさかのお休み。
少し足を伸ばして、恵庭(えにわ)市にある『えこりん村』に行ってきました。

これは一粒のタネから水耕栽培されたトマトです。
昨年はこの1株から13,000個のトマトが実りギネス記録に認定!

これを見たら、やっぱりトマト、食べたくなるでしょう!?



    

皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

こんにちは~!(^^)!
こんがりトマト ☆ 欧風の風に吹かれて
美味しそう。名前も素敵ですね~
鮮やかな色のお写真、食欲をそそります。
えこりん村にびっくり~
上からトマトがなっているんですね。
トマトの幹も芸術的!!! すごい~
行って見たくて調べたら、あら
北海道なんですね~
こんばんは。
焼いたトマト、甘味が増して美味しいでしょうね♪
焼いたアスパラも♪
肉食だから(?)チキンなんかも入れたくなりますねー。
我が家のアスパラももうそろそろ終わりで
淋しいですが、隣町のはまだまだ楽しめそうです。

先日、主人がバジルとかハーブ味は嫌い、発言をして
凹んでいるところです(笑)
こうなったら、意地でも食べさせないとね ( *`ω´)

えこりん村のトマト、何かで見ましたよー。
すごいですよね。
パンくい競争みたいに、樹の下に潜り込んで
パクパク食べたくなるけど、
大ヒンシュクだろうな(笑)
はるさん こんにちは

トマトの木、凄いですねぇ。ん~~~トマトの棚というのは初めてみましたよ。こんな風に成長するのさえしりませんでした。たしかにこれみたらトマト食べたくなりますねぇ。

さて、僕らの小さいころというのトマトに火を通すという調理法を見なかったように思いますが、今は火を通すことの方が多くなった気がします、というより僕の母親がお料理を知らなかったのかなぁ。
いずれにしろ、トマトを焼くというのは素敵な調理法ですよね。ハーブとトマトってのも抜群の相性ですから、これは絶対美味しいだろうなぁと思います。
ちょっとした焦げ目もいい香りになるんですよね~。

関東は明日雨だそうですが、いい感じで日が照りながら梅雨が進んでゆくようです。

暑すぎるなつは嫌いだから、僕はこのくらいの天気がいいなぁって思ってます。
はるさん、こんにちは。
トマトの色が、とても鮮やかで綺麗ですね☆
アンチョビ+じゃが芋は、鉄板の美味しさだわ!
イタリアンハーブミックスの香りと一緒に食べたら、絶対に白か泡のワインが欲しくなる♪
暑い夏にピッタリの、一皿ですね。

北海道少し前に、全国で一番暑いところだったのに…
この落差の大きさが、身体に堪えそうです。
美味しいトマトリコピンをしっかり摂って、元気にこの季節を乗り越えましょうね^0^
はるさんへ
イタリアと言えば、トマトですね
写真を見ているだけでヨダレが出てきます
トマトは生も良いけど焼いても良いですね

「えこりん村のトマトの森」ビックリです
ギネス記録ですか 植物の力を感じますね
うちくるくるさん こんばんは(^^♪

ちょっと気取ったタイトルつけちゃった。
トマトにアンチョビにイタリアンハーブミックス。
間違いなく欧風の風~♪ なんちゃってね。
産直で買ったトマト、ビックリするほど真っ赤なの。

えこりん村の“トマトの森”。
たった一粒のタネがこんなに枝を張っていて、
生命力の強さに圧倒されました。
多くの人に見て欲しいけど、北海道は遠いよね(-_-;)

Katzさん こんばんは(^^♪

ホントはこってりチーズなんかも乗せたかったんだけど
今回はアンチョビのコクでガマン。
最大限にハーブミックスのハーモーニーを楽しんでみました。

アスパラは、恵庭の道の駅で買ったの。
Katzさんのトコはウチ採れのが楽しめるんだ。
いいなあ、採りたては甘みが違うもんね。
っていうか、「くるるの杜」を目指したのよ。
休みだった‥ショック!

ご主人、生のバジルとかも苦手なのかな。
わたしも前はそうだったけど友人の畑のバジルをもらって
食べたら美味しくて大丈夫になったよ。
まあ、嫌なものは無理して食べさせなくてもだわよ(^^)

えこりん村のトマト、みんな考えることはおんなじだ~!
パン食い競争みたいにパクっとするには‥
身長が2メートルくらいないとムリだって。

ラムのラーメン、美味しそう\(^o^)/
主夫太郎さん こんばんは(^^♪

このトマト、一見の価値ありです!‥入園料は無料だし(^^)
一粒のタネがこんなに大きくなるなんて命の強さを感じますね。
数年前には18,000個の実がなったそうで、シロップ漬けや
ジュースに加工して園内で売られたそうです。

たしかに。トマトを加熱なんて昔はなかったかも。
ピザが食べられるようになった頃からメジャーになったのかな。
酸味が和らいで食べやすくなるトコが好きだなあ。
コクの有るチーズものせてみようか悩んだけど、ココは
えこりん村のトマトさんに敬意を表してシンプルに。
ハーブミックスの爽やかな香りがより楽しめました。

12日間も1ミリ以上の降雨の日が続いてるの。
被害が出るような豪雨じゃないけど‥気が滅入ります。
たまには夏バテってのを経験してみたい!
masakohimeさん こんばんは(^^♪

ビックリするくらい真っ赤なトマト。
道の駅で買ってきたの。
テッパンの美味しさを鉄のパンで焼いてみました~♪
このアンチョビ、自家製なのよ。

やっぱり白ワインよね。
花の香がほんのりする2011年のボルドーで楽しみました(^^)

気温の差もそうだけど、お日様がないと気が滅入ってくるわ。
健やかな体は元気な野菜から! 頑張らなくっちゃ~!
ヨッシィーさん こんばんは(^^♪

鮮やかな赤いトマトにイタリアンハーブ。
南欧の風がふわりと頬をなでたような‥
スパイスを一振りするだけで本格的な味に変わりました。

えこりん村のトマト。
実際に見たら感動するすることまちがいなしです(^^)
ストレスをかけないように大切に育てられていました。
一粒のタネが大樹のように枝葉を茂らせる姿。
命の強さを感じました。
真っ赤なトマトがほんと
暑い夏に食べたくなりますヾ(*^〇^*)ノ

イタリアンハーブにぴったりな
1品ですね♪
アンチョビがいい味になって大好きです(〃ω〃)

色が鮮やかで光がほんと綺麗ですね ( *´◡`*)❤

え?1粒の種からこんなトマトが?
それは凄いですね。ギネスになるなんてほんと感動です♪

うんトマト食べたくなった(笑)
息子さんとお出かけも嬉しいですね ( *´◡`*)❤

関西は空梅雨で何も降ってないです。
お野菜が高騰するだろうな(;^-^)
琵琶湖の水がマイナスになるかとひやひやです~~
マルクさん こんにちは(^^♪

ね、一粒のタネからこんなにいっぱいのトマトはスゴイ!
この後、熟したものから順にシロップ漬けにして販売されるんだって。

これを見たらやっぱりトマト料理でしょ!?
ソーセージ系やチーズも乗せたかったけど、ここはイタリアンハーブミックスの味を楽しもうかとシンプルに(^^)

こちらは今日で13日連続の雨降り(-_-;)
お日さまの顔を見たのはいつだっけ?的な毎日です。
買い物に行くのも億劫でついついコンビニに足が‥
うちの周りは、コンビニ激戦区で4軒もあるのよ。
こんばんは~

こんな風にトマトを焼いたのっておしゃれ感たっぷり!
子供の頃に憧れた外国のイメージ、今ではこうしてスパイスを振りかけてぐっと近づけますね~
トマトって子供の頃は砂糖どさっとかけるか、マヨか、畑でかぶりつくか、どうでもよい野菜だったけど、赤い色にとてもパワーを貰えますね
これが1本の木なんだ~すごい!!
冬も枯れないのかな~
おはようございます

「こんがりトマト」美味しそうですね。はるさんの名文で一層美味しく感じられました。

 万能野菜でありふれたのタマネギ・ジャガイモ、そして生でも火を通しても美味しいトマト

 トマトは旨味成分のアミノ酸が多く、火を通すと旨味が全体を包み込む。

 味を深めるアンチョビ、そしてハーブ、ワインに合いそうだ。
 またまた、このレシピいただき、、、、。
きゃりあさん こんにちは(^^♪

真っ赤なトマト、元気が出ます(^^)
焼くとまろやかな味になって好きなの。
チーズものせたいところだけどイタリンハーブの香りを
楽しみたいのでガマン。

トマトに砂糖、うわあ懐かしい!
独特の美味しさだよね‥ひとくち食べたら子どもの頃の思い出が溢れてきそう。
ソースを掛けたり、しょう油で食べたりもするし、懐が広いお野菜なんだね。

このトマト、晩秋には枯れちゃうみたい。
特別な品種じゃなくて、普通のトマトの苗が水耕栽培でこんなに大きくなるなんてビックリ(^^)
熟した実はシロップ漬けに加工されて販売されるんだって。
素流人さん こんにちは(^^♪

素流人さんのところは畑で採れた完熟のトマトが楽しめるんでしょうね。
格別に濃い味‥羨ましいな。

そういえば、じゃが芋ってトマトの仲間でしたっけ!?
まえに芋の葉の脇に極々小さいトマトのようなものができてたような
気がするの。

アンチョビは小樽で釣ってきたものを自分で加工したの。
その年によって全く回遊してこないので大切に食べてます。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

レシピブログに参加中♪
                    
QRコード