≪ 2017 05                                                2017 07 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

 石炭やきそば ☆ 日帰りバスツアー「岩見沢・三笠・美唄」 

9月15日、日帰りバスツアーに参加してきました。
岩見沢(いわみざわ)市、美唄(びばい)市、三笠(みかさ)市をぐるっと巡る旅です。


           ☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

石炭やきそばー15
          美唄名物〈角屋〉の 石炭やきそば

ランチに登場した、美唄名物の「やきそば」。
本当はね、袋に入ったまま、お箸を使わずにいただくの(^^)

これは自宅に持ち帰ったのを冷たくなっちゃったんで温めたものです。
サラっとした味わいなんだけど、しみじみ美味しいのにはびっくり!

注意書きには‥本商品には石炭は入っておりません。
(この黒い色の正体は「植物性炭末色素」なんだそうですよ。)

添えたのは、以前作った「さくらんぼ漬け」‥よろしかったら→こちらから☆



ランチ

この袋を開けて、そのままパクパクいただくの(^^)
炭鉱で栄えていたこの地ならではの食べ物です。
坑夫が仕事の前に空腹を満たすために手軽に食べられるものをと
開発されたのが始まりなのでそうです。

「ケンミンショー」で紹介された時に、あまりの反響にコンビニでも販売されたほど。
角屋さんのホームページは‥→こちらから☆



地図

今回行った場所の地図です。
三笠市は岩見沢と美唄の中間に位置します。



百餅祭り
             岩見沢「百餅祭り」

五穀豊穣、商売繁盛、健康長寿、を祈念して
世界一の大臼(直径2.1メートル)重さ(4トン)と、杵(200キロ)を使って
1俵(60キロ)の餅をつく、ダイナミックなお祭りです。



餅

はじめに百餅若衆が杵で餅をつきます。
それをヘラで高々と持ち上げて上下を返しているとこです。



持ち上げ

祭りのクライマックス!
百餅若衆と呼ばれる人たちと岩見沢市民600人で200キロの杵を
5メートルの高さまで上げ、餅の入った臼に落とす作業を繰り返します。

杵が落ちるたびに‥ドッスン!! 地面が揺れます。
その瞬間、餅しぶき?が~パラ~っと飛び散ります。

すごい迫力だったのになあ、うまくお伝えしきれず恐縮ですm(__)m


           ☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

奔別炭鉱
    (拡大します)    奔別(ぽんべつ)炭鉱跡地      

北海道三笠市にある旧住友奔別 炭鉱・選炭施設を見学してきました。

道内にはかつて多くの炭鉱‥夕張や羽幌炭鉱などがありましたが
ここは今まで存在を知らないできた炭鉱です。
昭和35年からわずか11年しか運用されなかった炭鉱なのだそうです。



奔別炭鉱-2
         選炭施設(石炭積み出しホッパー)

この中を貨車が通り、岩を取り除いた石炭の積み込みが行われたそうです。
全長は100メートルあって、現在は芸術家の作品の展示場になっています。

アートの力で炭鉱遺産の価値と 記憶を甦らせ、炭鉱の記憶と人々を繋ぐ‥が
コンセプトのようです。
展覧会期間/ 2014年8月23日(土)~ 10月13日(月)
         土・日・祝のみ開催  10:00~17:00(入場は16:30まで)



奔別炭鉱-1

裏側から見た「立坑‥採掘した石炭を運び出したり鉱員が出入りしたりする縦穴」。
地上部は高さが約51メートル、深さは750メートルあったのだそうです。
(今日入場者が1億人を超えた東京スカイツリーがすっぽり収まる!)

ガイドの方によると、ここが11年で閉山に追い込まれたのは、
エネルギー政策の転換が大きな原因でもあるが、当時、冬季札幌オリンピックの
会場建設などに人手を奪われたことも一因であると。
今度は東京オリンピックの開催に向けての懸念が‥
同じような理由で福島の復興に携わる作業員が減ってしまうのではと
お話されていたのが心に残りました。

ながながとお付き合いくださってありがとうございます(^^)




皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

こんばんは、はるさん
キノコ狩りに続いてバスツアーですか
アクティブですね 憧れます

イカスミスパゲティかと思うような石炭やきそば
袋から食べるのも豪快ですね 美味しさが増しそうです

「百餅祭り」の迫力は、はるさんの文章から伝わりましたよ

最後のガイドさんのお話
人手の問題 ちょっと考えさせられました
石炭ヤキソバは新商品ですかね?
普通のは食べたことあるけど…。
夕張にも石炭ラーメンありますが、微妙(笑)
百餅祭いったのですね。
夜に岩見沢通りましたが、屋台しか無かったので素通りしちゃいました。
ばんべつ炭鉱は初めて聞きました。
確か、SLが正式にいなくなったのも直後でしたね。
ヨッシィーさん こんばんは(^^♪

いえいえ、今週はまだまだお出かけが~!
今日は完全オフでしたけど‥
明日は洋裁教室という名の“女子会”。
金曜は陶芸教室‥あはは‥元気だ~♪

やきそば、見た目はあまり美味しそうじゃなかったので
期待してなかったんですよ。
良い意味で裏切られた感が‥\(^o^)/

百餅祭りの迫力‥伝わったでしょうか。
100枚近くパシャリ‥デジカメでよかったあ。
炭鉱跡でのガイドさんのお話、本当に考えさせられました。
ユキヒロさん こんばんは(^^♪

このやきそば、見た目はこんな感じですが‥
味わい深い美味しさが‥長年愛される理由かな。
石炭バージョンは新製品かも。
商品の誕生のきっかけが炭鉱ならこんな方法で特加するのも
有りかなあ‥味はレギュラーと変わらない感じです。

百餅祭り‥17時からの餅つきが最終だったようです。
屋台では美唄焼き鳥が美味しそうでした。

奔別炭鉱は採掘期間が短かったことと、落盤等の大事故が
一度もなかったことが知名度が低い理由らしいです。
小学校が2校も作られるほど活況だったとか。
ただ、皮肉なことに閉山の作業中に5名の死者を出す事故が起きたそうです。
SLもこの頃、消えたのですか。
はるさんこんばんはヾ(*´Q`*)ノ

真っ黒な焼き蕎麦~~
イカ墨に見えました!!

イカ墨が大好きで(笑)
歯がお歯黒になっても 食べたいです(笑)
炭なんですね~╰(✿´⌣`✿)╯

めちゃ興味あります。
見たことないですもの。県民ショーで紹介もされてたんですね。

また珍しいものを口にするのも
楽しいですヾ(*´Q`*)ノ

お祭りもやはりみなの力をひとつに合わせて~
って感じで温かい人の輪が見えますよね♪

炭鉱もあんな広く長いのに11年しか
運用されなかったのですね。

何だかバスツアーに一緒にいけた気がしてきました╰(✿´⌣`✿)╯
こんばんは~

味がついてスナック感覚で腹が膨れる食べ物って感じで
作られたんでしょうね。このインパクトのある黒は、食べ物としては強烈な感じですね。凄くいい商品だと思うのに、同じような麺が本土に出回らないのはなぜなんでしょう

お餅つき、しぶきががここまで飛んできそうな勢い、伝わってきます


鉱山で栄えた跡地、山の中なのに妙に賑わった廃墟が残って
独特の雰囲気ですね
歴史の残骸が醸し出す、独特の雰囲気をアートの会場に使われて、回り一体のアートが生きるんだろうな~
祖母の実家が鉱山で栄えた山の奥にあり、妙に病院から学校、長屋迄揃って栄えて、各地から集まって来た集落は話す言葉まで庄内弁では無くて独特の雰囲気があった事を思い出しました。

おはようございます。

石炭焼そばはイカスミパスタと思いました。
力仕事にはしっかり炭水化物が必要だったんでしょう。

廃坑後って「萌え」っと来ちゃいます。
何故か我が家の人間達はみんなそうだ。

銀山・銅山などの廃坑を見に行くんですよ。

今の日本人口が減り出し、高齢者が多くなり労働人口がどんどん減って行く、本当に東京オリンピックは良いけど東北の復興が遅れたら困りますね。



マルクさん こんばんは(^^♪

ムフフ‥イカ墨のパスタぽいよね。
麺の中に竹炭が練りこまれているんだって(^^)
だから食べても歯が真っ黒になったりしないのよ~!

テレビで放送された時はスゴイ反響だったようで
生産が追いつかなかったらしいの。
今はすっかり落ち着いたみたいだけどね。

炭鉱で働く人たちが食べていたのは普通のソース味で
この石炭やきそばは最近になって作られたみたいです。

ただ、袋から直接食べるのって意外と難しいの。
お口の周りが大変なことに‥(-_-;)

百餅祭り‥ダイナミックなお祭りで見応えがありました。
このあと、このお餅で作ったお汁粉が振る舞われたんだけど
バスの時間の都合で食べられなかたのが残念!

炭鉱跡‥北海道の近代化を支えた人たちの思いがまだ残っている、
そんな雰囲気がある場所でした。
いつまでも残しておきたい記憶です。
きゃりあさん こんばんは(^^♪

この麺、話題になるまでその存在を知らなかったの。
炭鉱が無くなったあとは、学生さんたちの小腹を満たすための
格好の食べ物になったみたい。
「石炭やきそば」は最近になって売りだされたみたいなの。
今の子たちって“石炭”自体を知らないから歴史を知るのにも
良いきっかけになるかもね(^^)

百餅祭り、どす~ん!どす~ん!
餅しぶきを浴びるとご利益があるんだって。

炭鉱跡‥所々に繁栄の跡が残されていました。
一時は小学校が二つもあったり、当時はまだ少なかった映画館や
娯楽施設も充実していたらしいの。
今は「炭鉱(やま)の記憶・アートプロジェクト」として
21人の作家さんの作品が展示されていて、独特の雰囲気のなか
味わいがありました。
>集落は話す言葉まで庄内弁では無くて独特の雰囲気があった
それは『渡り友子(ともこ)』と呼ばれる人たちかもしれません。
ガイドの方のお話の中に出てきたの。そのまま紹介しますね。
一山一家、親分・子分・兄弟分の結束のもと、山の神を祀り
生きてきた古の鉱山技術者集団の山の民。
‥難しいけど、なんとなくわかるような気がしない?
素流人さん こんばんは(^^♪

ほんと、イカ墨パスタに見えますね(^^)
急いでいる時に、袋から直接食べて食欲を満たす‥
考えられた食べ物ですね。
でも、慣れないとちょっとむずかしかったです(-_-;)

炭鉱跡‥「萌え」‥ますか(^^)
たしかに、何かのメッセージが伝わってくるような‥
長い時の流れを経て‥そこに在り続ける‥強さは魅力的かも。

ガイドさんのお話、考えさせられました。
震災から復興した日本の姿を世界にアピールするために
開催されるオリンピックなのに‥。
肝心の東北が置き去りにされては困りますね。
はるさん こんにちは

袋から食べる焼きそばは以前にどっかで聞いたことがあって驚いた記憶があります。炭鉱労働というのはきっと過酷でしょうから、炭水化物をさっとたべられるような工夫でしょうか。植物性の炭って竹炭とかですかね。綺麗な黒光りですな。
個人的には石炭は生き残って欲しい燃料で、猟がつらいくらいの年齢になったらライブスチーム(またいで乗るくらい小さな蒸気機関車)で庭に遊ぶという夢があります。もっとも家も庭もないけどね(笑)

一俵のお餅は凄いですね。ん~全部大福にして食べたい。

東京オリンピック、始まれば楽しいのでしょうがいいことばかりではないはずですよね。オリンピック期間中は道路なんかも混雑して鮎釣りに支障がでるのではないかと今から心配(笑)

まぁ、幸せのきっかけになればよいのですけどね。
主夫太郎さん こんにちは(^^♪

以前、ケンミンショウで紹介されたみたいです。
当時はすごい盛り上がりでセブンでも販売されてました。
今は‥騒動も鎮まりひっそりと売られています。

たぶん、この黒は竹炭なんでしょうね。
袋から直接食べる‥手が汚れていても食べられるということもあるようです。
これが慣れないと難しいの、なんたって育ちが良いから~♪

ちょっと衝撃なのが、今の子どもが石炭を知らないこと。
説明してもピンとこ無いみたいなの。

このお餅、お汁粉にして振る舞われたの。
バスの出発時間の都合で食べられなかったのは残念!

炭鉱跡で聞いたお話、華やかに開催された札幌オリンピックの光と影
‥心に残りました。
主夫太郎さん、ジャネット・リンちゃんなんて知らないよね。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード