≪ 2017 06                                                2017 08 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

 はるさんの小部屋 ☆ つくれぽ~♪ 

久しぶりにロクロを回してみました。
出来はともかく、これまでのいろいろを越えて‥頑張れた~\(^o^)/


☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

作陶

6寸(18センチ)の中鉢が2個。
3寸(9センチ)の小鉢が2個。
昨日出来上がったばかり、まだ生乾きです。
十分乾燥させたあと750度で素焼きをし、
釉薬をかけて1250度で本焼きをします。

6寸の耳がついた器、仲良くしていただいているei-recipeさん
“里芋とイカの煮物♪”‥こちらから☆    の器をイメージしてみたの。
あくまでもイメージ‥早くこんな豊な表情を出してみたいなあ。



作陶2

目指したのは片口の小鉢。
作れそう‥と思ったのは大間違い。 とんでもなく難しい(^_^;)
こちら、技術的な力量っていうより豊かな感性が必要なのかも。

使った土は、黒御影土と古陶荒目(ハゼ石)の白土の混合。
焼き上がるとハゼ石がむっくり顔を出しワイルドな表情になります。

焼き上がりは未定なの。
上手くできたら料理を盛りつけてご披露しますね~♪


☆‥‥‥‥‥‥☆       ☆‥‥‥‥‥‥☆

つくれぽ、2つ作らせていただきました(^^)

ナス
     ramamanさんの“塩茄子の大葉肉巻き” ‥‥こちらから☆

一目惚れ~♪ ビビッときたのよ~(^^)
たまたま材料が揃っていたので即、作りました。
しんなりさせた茄子、扱いやすくてアッという間に完成。
回しかけるタレは甘めの味噌だれにしてみたの。



サバー3
      きゃりあさんの“鯖のネギだれ”  ‥‥こちらから☆
これでビールをクイ~! 絶対合うよなあ~♪
この思いに取り憑かれ‥これまた材料が揃ってる~で即、実行。
つけダレの分量に悩まなくても良いのが便利~(^^)
ネギが甘くて美味しい、その旨味をたっぷり吸い込んだ鯖が美味しい~!

ramamanさん、きゃりあさん、美味しいレシピ。
ありがとうございました~♡



皆様の“1ポチ”が励みになります(^^)
応援よろしくお願いします!



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

すごいです。
いまだに陶芸活動しているのですね!
自分も頑張らねばと思ってしまいます。

きゃりあさんの“鯖のネギだれ“これも中々よい感じで私好みです。
それにしても良く良く見ると皆様器に凝ってますね。それと健康に気を使ったお料理に感心です。
ユキヒロさん こんばんは(^^♪

陶芸、この際ライフワークにしようかと(^^)
札幌はレンタル窯があるところも多いのでこれを利用しない手は無いし。

鯖の葱だれ、味が追いがつおつゆ1本で決まるトコが嬉しいの。
あれこれ悩むとだんだんしょっぱくなっちゃうもの。
皆さんお野菜のアレンジも多彩、参考になりますね。
こんばんは~

形が出来上がったばかりの器
なんだかとても深い想いが伝わってくるような気がしてきます
ここまでとこれからと・・・・
最後にどんな風合いになるのか
そしてその器にはどんな料理がのるのかなぁ

茄子の肉巻、大葉がいい仕事してくれますね
葱ダレ、この器も素敵!

>同じ作家さんの器・・・
毎年、春に行われる全国から作家さんが集まるクラフト市
この方の物がすごく手頃な価格で買えるので毎年少しだけ買ってきます。
毎日の器にいくら素敵でも1枚5000円とかはちょっと手が出ないしね~


なんて素敵なの(〃ω〃)
陶芸ってずっと憧れています!!

ネット関係の友達もしている方が
何人かいらしてるけど、難しいと言っていたの。
平らなものとか、まっすぐにするのとか?
そんな苦労があったんだーと聞いて驚いたの。

はるさんのとっても素敵で、これにお料理を盛り付ければ
さらに美味しそうで、高級感もでますね^^

和の器ってなかなか気に入るのがないのですが
ほんと素敵!
作レポまためちゃ美味しそうですね!!
鯖のねぎタレ~お酒進みそう( *´◡`)❤

おナスもこうして食べるとお洒落ですね(*・・*)ポッ

きゃりあさん こんにちは(^^♪

作品を作ってるとどんどん気持ちが内側に向かっていくの。
もうひとりの自分と会話している‥的な。
年賀の欠礼のご挨拶を出し終えてひとつ何がが吹っ切れた
感じ。
せっかく、自由に作品を作って楽しめる環境にあるのにそれを
生かさないなんてもったいないものね。

つくれぽ、楽しかった~♪
葱と追いがつおつゆで美味しい漬け込みだれ、サッと作れて重宝しそう。
茄子を塩でしんなりの技、炒めものの時にもいい感じ。
ちょっとした手間なのいい仕事してるのよ(^^)

毎年、自分の作品を楽しみにしてくれているなんて、作家冥利に
尽きると思うなあ。
つい新しいことをしたくなるけど、この作家さん、作風が
ブレてないところがすごいねえ。
マルクさん こんにちは(^^♪

そうなの、まっすぐとか平らにってすっごく大変なの。
簡単そうに見えるものが一番大変。
そしてその大変さが表に出ないようにさり気なく作るのがまた大変(^^)
今回のは電動ろくろで作ったので“芯”さえ取れたらそれほど難しくはないの。
‥と、語りだすと止まらなくなるのでこのへんで。

こうして“土”のものに囲まれてると、ガラス製の器がとっても新鮮!
デパートで見るたび胸がキュンキュン。
お値段を見て今度は心臓がキュンキュン。

つくれぽ、楽しいね。
葱と麺つゆだけでおいしいつけダレはとっても便利。
鶏の唐揚げも美味しいよね。
お茄子に塩をしてしんなりの技、すっかりハマっちゃって
お昼は炒めものにもそうしてみたの。
簡単に作れて美味しい~は嬉しい~!
はるさん こんにちは

陶芸はやっぱりカッコいいですねぇ。
昔は大名もそんなに沢山持てなかった陶器を今では趣味としてみんなができる時代になったわけですが、そんな現代の恩恵をまだ味わったことがありません。もっともこれ以上趣味を増やすわけにはいかないのだけど。

焼き上がりが楽しみですねぇ。
どんな釉薬つかうのかな。
油滴なんて憧れちゃうけどこれ今は我々も作れるのでしょうか?

ん~いつか自分の釣った魚を盛ってみたいですなぁ。
主夫太郎さん こんばんは(^^♪

う~ん、増やせんませんかねえ。
わたしはピーク時には、釣り、洋裁、陶芸そしてブログと主婦。
意外に、どれも重なる部分があるんでなんとかなってました。

焼き上がり‥そこがちょっと辛いトコ。
この姿が一番カッコ良いの。
たいてい、釉薬でがっくりなことが多くて。
今の釉薬は人工的に作られたのもなので、油滴天目~桃色まで幅が広いです。

自分で作った器に自分で獲ったものを盛り付ける。
ゾクゾクするほどの楽しさですよ~!
はるさん、こんばんは!
わ~きゃりあさんのつくレポ、やっぱり素敵☆お皿も盛り付けも、センスが光っているわ~♪
ナスの大葉肉巻き、大葉が一枚入るだけでランクが一つ上がった感じの仕上がり!

ei-recipeさんのお皿、見てきました!すっごく良いな~
これ売っていたら、絶対に買ってしまう!
はるさん、上手に出来ています!釉薬を塗ってどんな仕上がりになるかが、とても楽しみ♪器は、料理や盛り付けの違いでも、また違った印象になりますよね。う~ん楽しみ^0^
P.S.片口はプロの作家さんでも難しいと聞きました。
masakohimeさん こんにちは(^^♪

盛り付け、そのままきゃりあさんのマネっ子なの。
なんと独創性がないこと‥(^_^;)
しんなりナスは食感が面白いのと巻き巻きする時に
とても作りやすかったの。
最近は炒めものをする時もしんなりナスが大活躍なの~♪

ei-recipeさんのお皿、とても心にしっくり入り込んで‥
益子焼の作家さんだそう、わたしの師も益子で勉強された方
だったので
不思議なご縁を感じます。
片口~(^_^;)
難しいったら、焼きあがると2割ほど縮むから
そこも考えないといけないし‥。
上手く焼き上がったらご披露しますね(^^)
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード