≪ 2017 03                                                2017 05 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -

 “ギス子” の醤油漬け ☆ 北の珍味 

トップ
             “ギス子” の醤油漬け

ギス子って「ギスカジカ」の卵のことなんです。
いつもながらマニアックな話題で恐縮です。

本州の方には?の食材ですけど、
北海道、特に海沿いの地方では厳冬期によく食べます。
実家ではお正月には欠かせないアイテム。
大きなボールいっぱいに準備します。

タラコより少し大きくてトビッコよりちょっと小さい卵です。
旨味があって、白いご飯に山盛りよそって~何杯でもイケちゃいます!



カジカの子

マニアックといっても、こうしてスーパでも売られています。

昔は一尾丸ごと買って、身はお汁や煮付け、卵は醤油漬けっていうおウチが
多かったけど、今はなかなかね。

作り方(作られる方がいるかもなので)
・薄い塩水をたっぷり準備します。
・ボールにギス子を入れ、袋を破りバラバラにします。
・そこに塩水を入れ、大きくかき混ぜ、何度も塩水を取り替えながら
 濁りがなくなるまで続けます。
・ザルの上にガーゼを敷いて上記のギス子をあけ、水分をしっかり切ります。
・お好みの醤油味のタレに漬け込んで出来上がり。
・時々かき混ぜて一晩から二晩おいていただきます。



当別カジカ

こちらは秋に紹介した“カジカの子”。
「トウベツカジカ」という種類の卵で、鮭の生筋子が一段落した頃に登場します。
そうしてオオトリがこの“ギス子”ちゃん。

うまい具合に、美味しいものが順に巡ってきます。



醤油と塩漬け

前に「風かおる町から」のKatzさんから ‥こちらから☆
「塩漬けのギス子も美味しいですよ。」と教えて貰ったの。

濃い塩水に20分程度浸けたあと、ザルに引き上げて十分に水を切り、
保存容器に入れ冷蔵庫で熟成。   →写真右
2日目くらいから食べられます。
醤油漬けよりつぶ感があって、あっさりした感じ。
これは日本酒に合うかなあ~♪



ぐい飲み

本州の方には手に入らない食材なのに「美味しい~!」で‥ごめんなさい。
ただ、こちらで親しまれている食材、いろんな方に知ってほしいなあって思って。

お詫び‥と言ってはなんですが。
縁起の良い図柄の「猪口」をひとつ。

打ち出の小槌を持つお姿は大黒様
五穀豊穣・子孫愛育・出世開運・商売繁盛‥頼もしい~!




皆様の“ポチ”っとが励みになります(^^)
4つのポチ、よろしくお願いします~♡



にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

今晩は、はるさんさん。
カジカの子、私もトウベツカジカとギスカジカと、
必ずしも明確に判別していたわけではないんですが、
季節になると心待ちにしていました。
これはなかなか全国区にはなり難いと思いますが、
そういうものこそ貴重だと思います。
アナゴさん こんばんは(^^♪

秋の入口にはイクラの醤油漬け。
これを十分楽しんだあとに大きなツブのカジカの子。
厳冬期の食卓を賑やかにしてくれるギス子ちゃん。
まさに口福です(^^)

地域限定の食材ですが、北海道の味覚をお知らせしたいなあと思って。
貴重と言ってくださってほんとうに嬉しいです。
ありがとうございます。
こんな卵なんですね。
トウベツカジカの卵は食べた事あるけど…。
ギスカジカは釣って味噌汁にしてました。
出汁が凄く美味かった記憶あるなあ。
こんばんは~

いろんな魚の卵を食べれるのは新鮮な魚が豊富な北海道ならではですね。
スーパーでこんなに大量なのに手頃な価格で売られているなんて羨ましいです~
ご飯にドサッとかけて食べたいな~

七福神 なんか幸せを飲み込む感じだね~

はるさんのコメント中にPCが勝手にアップグレード初めてしまって
挙句の果てネットがつながらなくなっちゃった~(ー_ー)!!
(今別のPCに変えました)
8に変えてからストレスだらけなの~
うふふ大好きこういうの( *´◡`)❤
魚卵ってほんと美味しいですね!!
ご飯が何杯もいけちゃいますw

知らないものを見せて頂くのも
楽しいですよ!!
カジカの子う~~ん食べてみたいな!
北海道にやはり食べ物ツアーに行かなきゃ(〃ω〃)

はるさん亭ツアーないかな?(*゚m゚*)

お猪口可愛いですね。
こういう縁起物見るだけでいい福が来てくれそうです♪

日本酒も飲めるように今年は頑張るぞ(*・・*)ポッ
ユキヒロさん こんにちは(^^♪

「ギス子」、旨味の点ではトウベツカジカの卵より
優っているかもです。
機会がありましたらぜひ~♪

カジカ汁、肝の取り合いしませんでしたか。
実家の方では「肝を食べるとハゲるんだぞ。」とか言って
互いを牽制しあってたなあ(^^)
きゃりあさん こんにちは(^^♪

言われてみたら‥そうだよねえ。
季節ごとに色んな種類の卵が楽しめるなんて北海道ならではの
ことだったのね。

生筋子よりお安いけど少し前まではこの半値ほどで手に入ったの。
身の方は「カジカ汁」にすると最高なのよ。

幸せを飲み込む~♪
さすがきゃりあさん、なんて素敵な表現なんでしょ♡
その気になって、グイングイン飲んじゃおうかな(^^)

パソコンが勝手にアップグレード!?
ネットがつながらない‥わたしならパニックだわ。
マルクさん こんにちは(^^♪

北海道の食文化‥たまには良いよね。
魚卵、それぞれに特色があって美味しいんだもの。

いつかこちらに旅行で来られて‥
「ああ、これがそうか‥。」
なんていう出合いがあったら嬉しいなと思って(^^)

はるさん亭ツアー‥いいねえ。
やっぱり北海道らしさを満喫するなら今かなあ。
旬の食材も多いし、珍しい海の幸も!
キリリと冷えた空気も滅多に味わえないよ~♪

縁起物の器、今まで使ったことなかったんだけど
手にとって見るとしみじみいいなあって思って。
‥歳のせい?‥(^_^;)

ワインのような日本酒もあって、お料理と合わせると
楽しいよ~\(^o^)/
こんにちは!
かじか汁が美味しいと言うのは、姉(義兄は北海道釧路出身)からいつも聞かされています。残念ながら私は食べるチャンスがなかった><
そのカジカの卵、綺麗~☆
お酒にピッタリなんだろうな♪
カニの内子?を醤油漬け(自家製)したものを、北海道で食べました。当時小学生の食の細かった息子が、とても気に入って朝ごはんに沢山のせてモリモリ食べていたのを思い出します。
北海道ならでは食材、羨ましいかぎりです。

大黒様を飲み込むなんて~
これ欲しいわw
masakohimeさん こんばんは(^^♪

かじかって別名「なべこわし」とも言うの。
あまりもそのお汁が美味しいので鍋が壊れるほど突くかからから(^^)
特に肝が美味であん肝より美味しいのよ~ゴックン。

蟹の内子の醤油漬け!
それは豪華~♡、地元ならではの貴重なお味だわ。
ご飯が進まないわけがない!

ギス子は庶民のお味って感じだけどこれもご飯がモリモリ
食べられるの。
もちろん、お酒のお供にもピッタリ。
昨年末、三國シェフがヒルナンデスで紹介したんだけど‥
まだまだ全国的知名度は低いなあ(^_^;)

七福神のお猪口、きゃりあさんが
「幸せを飲み込む感じだね~。 」って‥うまいこと言うわあ。
ますます飲み過ぎちゃいそう~\(^o^)/
はるさん こんにちは

おお!これは主夫太郎是非食べたい珍味です。
カジカが凄く美味しいお魚ですからね。
地元独特の食材ってのはいいですねぇ。
こういう記事みると北海道に行きたくなりますよ。
日本は各県で食べるものが大分違いますよね。
こういう食材が流通を通して出回るのではなく、
「食材の地元」に人が集まるようになるといいですよね。
主夫太郎さん こんばんは(^^♪

>「食材の地元」に人が集まるようになるといい~
たしかにそれを目当てにご当地観光っていうのもいいで すね。
これからは“ゴッコ”(ホテイウオ)なんていうユニークな
お魚さんも登場するんで食べに来てもらいたいですね。
 
ただ、中央に美味しいものが集結しているっていうのも
ある意味ありがたくて‥
浅草周辺で九州の馬刺しや下関のふぐが楽しめたりするのは
あちこち行けない身にはラッキーかなって思いました。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード