≪ 2017 03                                                2017 05 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -

 おつまみ♪なイカ飯 ☆ マメイカを使って 

トップー28
           おつまみ♪なイカ飯

ぷっくりふくらんだイカ飯~♪

これ、胴の長さが10センチくらいの小さいイカ‥マメイカで作ったの。
柔らかい身に甘じょっぱいタレがからんで美味しい~!

パクっと食べられるから、おつまみにもピッタリよ~☆



切り分け

作り方はとっても簡単。

一般的なイカ飯は生のお米を詰めて甘い醤油ダレで炊くのだけど、
これは「炊いたご飯」をイカの中に詰めて、タレを煮絡めるだけ。

中のお米が膨らんでイカが破裂する‥なんて心配もないの。



準備

炊いたご飯をイカのサイズに合わせごく小さく丸くイカに詰め楊枝で止めます。

このサイズのイカ10杯に対してご飯の量は茶碗1杯分。




煮込み

煮汁は少し甘めが美味しいと思うの。

基本のタレの分量=麺つゆ(3倍濃縮):1に対し日本酒:3。ザラメ:大さじ3、昆布10センチほど。
・鍋に日本酒と昆布を入れ弱火にかけ、アルコールを飛ばします。
・そこに麺つゆとザラメを入れ煮立たせ、少し煮詰めます。

・フライパンにご飯を詰めたイカを並べ、タレを注いで片面ずつ中火で加熱します。
・あまり長時間煮込むとかたくなるので短時間で仕上げます。



新トップ

お皿に盛り付け、上からタレをかけていただきます。
彩りにほうれん草を添えてみました。

小さいから丸のままカプッとかじりつくのも楽しいの。
プリプリのイカの食感とむっちりご飯、召し上がれ~♪



皆様の“ポチ”っとが励みになります(^^)
キーボードの  Ctrl  を押しながら 4箇所のポチ、よろしくお願いします♡


にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

こんにちは。
イカ飯、私も炊いたご飯を詰める派です!
その方がイカが硬くならずに美味しい♪
イカも小さい方が柔らかくて良いですよね☆
ご飯と言うより、おつまみにもなるし、丁度よい大きさのイカを見つけたら作ってみたいな~^0^
こちら昨日は晴れと曇りが同居したような天気。今日は、冷たい風がとても強くて、寒い~++
昨日のラーメンのような、温かい料理が食べたい日です。
こんにちは(^^♪

こちらは低気圧が荒れまくってます。
雨が降ったかと思うと強風に雪なのよ‥(^_^;)

大きいイカの時は生のお米に餅米を混ぜて使うことが多いけど、
ミニサイズのイカは炊いたご飯~♪
ブログでは見栄えが良いかなって思い切ったけど、
丸のまま食べたほうが美味しいかも(^^)

そろそろヤリイカも子持ちになる頃。
山わさび(ホースラディッシュ)でいただくお刺身は絶品なのよ~\(^o^)/
春さん、こんにちは!!

イカ飯!!美味しそうだあ(^^)v
新鮮でプリプリで、美味しさが伝わってくるよーー。。
こんな可愛いイカ見たことない。。
もし、見つけたら、絶対に作ってみるね。。

ご飯1膳で、10個も食べられるのヽ(^。^)ノ
お腹も心も満足するのにご飯1膳!!嬉しすぎる―――!!
って、一人で、10個も食べちゃダメ??
美味しそうだもの。抱えて食べちゃうよ(笑)

>アハハ、昆布締め、勿論、鯛もお買い得の養殖で十分なんだけど、私の頭のなかでは、昆布=高級=お高い、、なので、、細い安い昆布でも何枚か重ねて使えば十分!!ってのが頭にあったの。。ヽ(^。^)ノ

今日はお天気いい!!と思ったけど寒いよ。。
春さん、暖かくしてお過ごしくださいね。。
はるさんへ
マメイカのイカ飯ですか
ご飯がお茶碗1杯で、イカ10杯 なんて贅沢ですね

デパートの駅弁祭りの時などにイカ飯を食べたり
しますが、違うのでしょうね
きりまりさん こんにちは(^^♪

最近スーパーでこのサイズのマメイカちゃんを見かけるの。
あまりの可愛らしさに遊び心がウズウズ(^^)

多分、誰も止めなかったら10個はあっという間かも。
甘しょっぱいタレとプリッとしたイカの軽い食感で
パクパクいけちゃう~♪
もうすぐ小型のルメイカが出まわると思うの。
それで作っても美味しいと思うんだあ。

ブログを初めて地域差を感じることがいっぱいあるけど
こちらではお安いものが本州では高級品だったりするね。
昆布もだけど百合根も小さいモノだと150円くらい。
逆に柚子やホタルイカは高嶺の花なのよ~!

ただいま爆弾低気圧のまっただ中。
3日間くらい1歩も外に出てませ~ん(^_^;)
なるほど、炊いたご飯を入れるのは
良い考えですね。
しかもイカが柔らかそうで美味しそうです。

森のイカ飯も旨いが、ボリュームありすぎ?

小さいイカの照りがいかにも…。
ヨッシィーさん こんにちは(^^♪

ほんとに小さなイカなんです。
だから10杯に詰めてもご飯1膳~!

もう少しすると若い小さなスルメイカが出まわるので
それで作っても美味しいと思います。

駅弁は生のお米を詰めて醤油ダシの中で炊くのでじっくり味が
染みこんでいますが、これはあっさりなんです。

ひと口で食べられるのでおやつにも~\(^o^)/
ユキヒロさん こんにちは(^^♪

このイカは東北産ですが来月あたりからは石狩でも揚がるので楽しみ~♪

森のイカ飯も美味しいですが、こちらはさっぱり味。
いくらでも口の中に入っちゃいます(^^)

プリッとした食感も良いんです。
こんばんは~

まだまだ突風吹き荒れている庄内です
寒くて、今夜は電気あんかが必要そうです
イカって煮込むと固くなっちゃうものね。お米で炊くと
生米になるか、イカが固くなるかどっちかなので
いかめしは成功しない料理のひとつです(ー_ー)!!
ご飯だってイカの美味しさしみ込んで、美味しそうですね
とっても柔らかそうなイカ
ツヤツヤして美味しそうです~
きゃりあさん こんばんは(^^♪

こちらもひどい天気です。
気温はそう低くないけど風が強くて‥(^_^;)
2月下旬はポカポカ陽気が続いて‥でもそんなに甘くないよなって
思ってたらコレだもの~!

小さいイカ飯、ちょっと手間だけど失敗なしでできるの。
ひと口でパクっと食べられるくらいの大きさなのでお茶請けにも良いかも。
ちょっとお遊び感覚だったけどプリっと美味しかったです。
早く春になあ~れ\(^o^)/
大好き!!

昨日何故か、いかめし作りたいなて思っていて
結局作らなかったのでめちゃワクワクして
読みました( *´艸`)

あのモッチリたまりませんよね~~
こんな小さなイカがあるのですね(〃ω〃)
これなら、丸ごとがぶり~って楽しめそう♪

少し甘めのタレが私も好きです♪
*関西は2日ほど真冬なみ。雪が吹雪いてました(;--)
はるさん こんにちは

いかめし、お米から炊くとイカがどうしても理想より火がとおりますよね。もちろん、長い時間火を通してもイカが美味しいことは美味しいのですが、ちょうど美味しい柔らかいイカとご飯が一緒に食べられるのは素敵だと思います。

イカは甘いタレが僕もいいと思います。
甘くてもこれならお酒にあいますよね~。
僕はお団子と一緒にビールが飲めますがみんなに理解してもらえないのよ(笑)
でもきっとこれならお酒と甘いものが合う!ってみんな言ってくれると思うな。
今晩は。
このイカ飯は、表面のもようがまだ生きているみたいですね。
あまり煮過ぎないように書いていらっしゃいますが、
そのためでしょうかね。

今冬の低気圧は北海道が大好きのようですね。
どうぞお気を付け下さい。
マルクさん こんばんは(^^♪

イカ飯大好き~!
甘~いタレでぷっくり煮込まれて~♡
時々無性に食べたくなっちゃう(^^)

イカ飯に使うイカのシーズンはもう少し先なので
たまたま見つけたマメイカ君で楽しんじゃったの。

ブログ用に切り分けたけど、
ホントはひと口で食べられる大きさなの。
柔らかいイカのプリっとした食感とむっちりしたご飯。
いくらでも食べられるう~~~!

こちら、ようやく爆弾低気圧から開放されつつあります。
でも、まだ積雪は40センチ。春は遠いわあ~!
こんばんは(^^♪

夏の初めに釣れるスリムなイカは麦イカ。
その後、夏イカ、秋イカと進むにつれ身が硬くなってきます。
イカ飯に適してるのは夏イカまでかなあ。

母が作るイカ飯は絶妙の歯応え。
やっぱり回数をこなさないと‥だわねえ。

お団子でビールですかあ。
もちろん「みたらし系」ですよね。餡じゃやないよね。
わたしはオニギリでビールが飲めます。
おデブ街道まっしぐらです!

※「みたらし系ですよね」変換の初めに出てきたのは
 「見たら死刑ですよね」‥怖っ!
こんばんは(^^♪

多分、新鮮なイカだったのと加熱時間が短かかったからだと思います。

生の米を入れて作るイカ飯は加熱時間が短くて20分なので体表の斑点がなくなっちゃうのかも。

今年は道東の荒れようは酷かったみたいです。
臨時休校が多かったため授業日数が足りず卒業式が延期になった学校もあるという‥前代未聞の被害が多い冬です。
この記事へコメントする














はる

Author:はる
釣り、山菜採りなど、楽しいことだ~いすき!
収穫した物でお料理も作ります。
食器も手作りです。

にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
                    
QRコード